面接対策

【面接での長所の答え方】注意点や好印象な回答方法を例文付きで紹介

就活の面接で長所を聞かれることは多い

就活の面接ではさまざまなことを聞かれますが、定番化している頻出質問もあります。定番となっている質問のひとつに「長所」があります。頻出質問だからこそ、自分を上手にアピールするには、長所に対する回答内容を事前に考えておかなければなりません。

長所はただ伝えるだけで評価されるわけではなく、どのような内容でいかにして伝えるかを工夫する必要があります。伝え方や内容次第では、長所のアピールが評価されないばかりではなく、マイナスの印象を与えてしまうこともあるため注意しましょう。

長所を魅力的にアピールするために、面接で心がけるべきことがいくつかあります。長所は面接で聞かれやすいからこそ、どのような内容でアピールするかを念入りに考えておきましょう。

面接官が長所を問う意図

まずは、なぜ面接官が就活生の長所を問うのか、その意図を知っておきましょう。面接では長所以外にも聞かれることはさまざまあり、評価を決めるうえでの重要な質問は多数あります。

幅広い質問をされる面接において、なぜ長所が重要視されているのか、これを聞く面接官の意図は何かを把握しておくことが大切です。質問の意図を知ることで、長所から何がみられているのか、評価されているポイントは何かなどが判断できるでしょう。

自己分析ができているかをチェックするため

面接官は、就活生の自己分析が正しくできているかを判断するために、長所について質問します。自分の長所をアピールするには、まずは自分自身のことを正しく理解しておかなければなりません。つまり、長所を上手くアピールできない人は、自己分析もできていない人、と面接官は考えています。

自己分析は、就活の基本です。そのため、自己分析ができていないと判断されると、就活に臨む意欲が低いと評価されてしまいます。

また、自分を客観的に分析する能力は、仕事をするうえでも必要です。自己分析ができない人は、仕事で自身の力を発揮できなかったり、ミスをしたときに反省し改善することができなかったりします。面接では長所をしっかりと回答し、自己分析ができていることをアピールしましょう。

企業にマッチした人材であるかをチェックするため

企業は、自社に合った人材を確保したいと考えています。企業とマッチした人材でなければ、せっかく採用しても、すぐに辞められてしまう可能性があるためです。そのため、長所を聞くことで、企業に合った能力を持っているかを評価していると考えましょう。

どれだけ魅力的な長所を持っていても、それが企業に合わない、仕事で活かせない場合は、高評価を得られないことが多いです。長所は仕事で活かせてこそ真価を発揮するものであるため、企業が求める人材像と合っているかどうかは重要といえるでしょう。

優れた能力でも、選考の前に、企業の求める人材にマッチしているかを確認しておくことが大切です。しっかりと企業研究をして、企業に合った長所をアピールしましょう。

自分の長所の探し方

面接で上手にアピールするには、まずはどのような長所が自分にあるのかを把握しておかなければなりません。長所を探すにはさまざまな方法があるため、これを駆使して自分のよい点をみつけておきましょう。

題材となる長所をみつけておくことで、アピール内容も考えやすくなります。反対に、題材がみつかっていないと、どのような内容、方向性でアピールをするのかが考えづらくなります。まずは、長所をみつけることから始めていきましょう。

過去の経験を振り返る

自分の長所を探すには、過去の経験を振り返ってみることがおすすめです。経験の中で自分が発揮した能力や担った役割を思い出すことで、自分の長所がみつけられる場合があります。

過去の経験を振り返る際には、自分が活躍できたことや、とくに印象に残っていることから考えていきましょう。また、その経験において自分がどのように感じたのか、何をしたのかなど具体的な部分まで思い出しておくことが大切です。

例えば部活動の経験が印象的なら、部活動の中でも、どのシーンが頭に残っているか、そのシーンで自分はいかなる役割を担ったのかなどを考えましょう。過去の印象的な経験の中で自分が何をしていたかを考えると、そのときに発揮できた能力から長所を発見することができます。

周囲の人に自分の長所を聞く

自分で長所をみつけることが難しい場合は、周囲の人に聞いてみることもおすすめです。長所が自分の中では当たり前のことになっており、すごいと思えない人も少なくありません。

しかし、自分にとっては当たり前でも、周囲の人からみると優れた能力であるということも多いです。そのため、周囲の人に聞いてみることで、当たり前になっていてみつけられなかった長所が、発見できることもあるでしょう。

親や友人はもちろん、バイト先の先輩や後輩、教授などにも聞いてみることをおすすめします。さまざまな関係性の人に聞くことで、幅広い長所がみつけられることもあります。長所はできる限り多くの人に聞き、複数の人からいってもらえたものを題材として採用するとよいでしょう。

短所から長所を探すのもひとつの方法

・臆病        ⇔ 慎重
・せっかち      ⇔ 素早く行動できる
・優柔不断      ⇔ 思慮深い
・心配性       ⇔ リスクヘッジが上手い
・協調性がない    ⇔ 芯がある
・周囲に流されやすい ⇔ 協調性がある

就活生の中には、短所はたくさんあるのに長所がない、と感じている人もいるでしょう。しかし、短所を言い換えることで、長所をみつけることが可能です。

長所と短所は表裏一体の関係にあるため、考え方を変えることで短所から長所を導き出せるでしょう。言い換え表現で使うメリットとしては、どちらか一方を把握できているなら、もう一方もみつけられてるという点です。

面接では長所と短所をセットで聞かれることも多いです。長所がみつけられている場合は、同じ方法で短所を導き出すこともできるでしょう。短所は考え方次第で長所となるため、柔軟な思考を持つことで長所を発見することができます。

就活で使える長所一覧

・協調性がある
・リーダーシップがある
・柔軟性がある
・ポジティブシンキングができる
・向上心がある
・継続力がある
・遂行力がある
・問題解決能力が高い
・行動力がある
・コミュニケーション能力が高い

就活ではどのような長所がアピールできるのか、一覧を参考に考えてみることもおすすめです。長所としてアピールできる題材はさまざまありますが、重要なのは志望先の企業に合っているかどうかです。

そのため、一概にどの長所なら評価される、あるいは評価されないというものではないことは理解しておきましょう。一覧にあるもの以外でも、ポジティブな能力やスキルなら、長所としてアピールできます。

一覧を参考にしながら自分の長所は何かを考え、志望先の企業ではどのような人材が求められているかを把握して、アピールの題材を決めましょう。

面接での長所の伝え方

面接ではいかにして長所を伝えるのか、その方法を知っておくことが大切です。長所はただアピールするだけで高評価になるわけではありません。重要なのは、長所をいかに魅力的に伝えるかです。

上手な伝え方を知っておくことで、長所を魅力的に伝えることができ、より高評価を受けやすくなります。アピールの際にはどのような点を意識すべきかを知り、自分の長所を上手に伝えて高評価の獲得を目指しましょう。

最初に結論を述べる

面接で長所を伝える際には、最初に結論を伝えるようにしましょう。冒頭で「私の長所は○○です」と伝えることで、よりスムーズに自分の魅力を伝えることができます。

最初にどのような内容でアピールしたいのかを明確にしておかないと、スムーズに長所が伝わりません。最初に長所を提示することで、これからどのような内容でアピールをするのかが明確になり、面接官にも自分の魅力を伝えやすくなります。

長所の提示を後回しにしてしまうと、最後まで何が言いたいのかが面接官に伝わらず、マイナスな印象を与えてしまう可能性があります。内容がよくても構成次第ではアピール力が下がってしまうことを念頭に置き、長所は冒頭に述べることを意識しましょう。

長所を裏付けるエピソードを述べる

提示する長所が、自身に本当に備わっていると証明することも大切です。面接で伝える長所は、言ってしまえば嘘であってもアピールできます。

面接官は、就活生が嘘をついている可能性もあることを考慮しています。そのため、根拠のないアピールをすると、最悪の場合は嘘と判断されて、大幅に印象が悪くなるでしょう。長所をアピールする場合は、その長所をいかなるシーンで発揮したのか、どのような経緯で身につけたのかなどの根拠を説明することが大切です。

長所を身につけた、あるいは発揮したエピソードを踏まえて説明することで、説得力のあるアピールになるだけではなく、自分らしさも伝えることができるでしょう。

面接で長所を伝えるときのポイント

面接で長所を伝える際に、いくつかのポイントがあります。ポイントを守ってアピールすることで、より高評価を獲得しやすくなるでしょう。長所はいかに魅力的に伝えるかが重要であり、同じ内容でも伝え方次第で評価は変動すると考えなければなりません。

ポイントを把握しておくことで、スムーズに長所を伝えることができます。また、高評価にもなりやすくなるため、上手に伝えるにはどのような点を意識すべきかを知っておきましょう。

長所はひとつに絞る

面接で伝える長所は、ひとつに絞ってアピールすることが大切です。提示する長所の数が多いと、どのような個性、魅力を持っているのかが伝わりづらくなり、かえって評価されないこともあります。

長所は多く持っているほどよいですが、面接では情報量が多すぎると、マイナス評価になる可能性があることは理解しておきましょう。アピールする題材はひとつに絞り、それを詳細まで説明することが大切です。

複数の長所を提示してしまうと、ひとつひとつに対するアピールが弱くなってしまい、評価が得られないことも少なくありません。自分の長所は何か、その中で企業が求める人材像に適するものは何かを考え、ピンポイントでアピールすることを心がけましょう。

大きな声ではきはきと話す

面接で長所を伝える際には、大きな声ではきはき話すことも重要です。小さな声でぼそぼそと話してしまうと、自信がないように思われてしまい、マイナスの印象を与えてしまいます。

自信がない様子だと、アピール自体の信用性もなくなってしまい、場合によっては嘘をついていると思われることもあるため注意が必要です。また、明るい話題でも声のトーン次第では、暗く聞こえてしまうこともある点は覚えておきましょう。

例えば、ポジティブな個性をアピールしたとしても、小さく暗い声で自信がなさそうに話すと、その長所が本当に備わっているのかを疑問視されることもあります。長所のアピールは、大きな声で元気よく伝えることを意識しておきましょう。

面接で長所を伝えるときの注意点

面接で長所をアピールする際に、いくつか注意点があります。注意点を守れていないと高評価が得られないだけではなく、マイナス評価となってしまうこともあるため、気をつけなければなりません。

長所のアピールでは、いかに高評価を獲得するかだけではなく、マイナスの印象を与えないことも重要です。せっかくの長所のアピールで評価を下げてしまわないためにも、注意点は正しく把握しておきましょう。

仕事に活かせない長所は避ける

長所のアピールではさまざまな題材を用いることができますが、仕事に活かせないものを提示することはよくありません。例えば「サッカーが得意」「水泳で記録を持っている」などは、個性は伝えられても、仕事には直結しないため、評価の対象とならない可能性が高いです。

長所は仕事につなげてアピールすることが重要であるため、その長所が仕事でどのように活かされるか、再現性を意識して伝えなければなりません。例えば、「サッカーを通じて身につけた粘り強さを活かして、困難な仕事も諦めずに取り組むことができる」といった内容なら、長所としてアピールができます。

長所は仕事に活かせるものが重要であるという認識を持ち、仕事への再現度を意識して伝える内容を決めていきましょう。

企業とミスマッチな長所は避ける

面接でアピールする長所は、企業とミスマッチなものは避けなければなりません。例えば、リーダーシップがあるという長所は、題材としては魅力的であり、上手に伝えることで高評価を得られます。

しかし、志望先の企業が協調性を求める場合は、リーダーシップをアピールしても評価されない場合があります。企業ごとにどのような長所を求めるかは異なるため、志望先ごとに何が求められているかはチェックしておくことが大切です。

ミスマッチな長所をあげてしまうと、高評価を得ることが難しいだけではなく、企業研究ができていないと思われる可能性があります。このことから志望度が低いと判断されることもあるため、ミスマッチな長所の提示には注意しましょう。

面接で長所を答える際の例文3選

実際にどのような長所が面接で伝えられるのか、例文を参考に理解を深めておくことも大切です。例文をチェックすることで、面接でアピールできる題材はもちろん、どのような構成で伝えるとよいのかがわかります。

長所は何を題材にするかだけではなく、それをいかにして伝えるかが重要です。上手にアピールするためにも、例文と自分が作成した長所のアピール文を比較して、さらなるブラッシュアップをおこないましょう。

例文①

私の長所は臨機応変な対応ができることです。優先順位を考えて行動することで、その場に合った最適なことを実行できます。
大学時代は居酒屋のキッチンでアルバイトをしており、一度に多数の注文を受けることが多々ありました。本来はオーダー順に料理を作りますが、まとめて作れるものは後から来たオーダーと一緒に作ることで、効率的にキッチンを回し、お客様を待たせず料理を提供しました。
御社でも、今何をすべきかを常に考えて行動することで、臨機応変な対応をし、円滑に業務を進めて活躍したいと考えています。

長所を伝える際には、最初にどのようなスキルがあるのかを伝えることが大切です。例文では冒頭で臨機応変な対応ができることを示しており、面接官にこれから何をアピールしたいのかを、明確に伝えることができています。

例文②

協調性があることが私の長所であり、すれ違う意見をお互いに納得させてまとめることができます。
大学では文化祭の実行委員をしており、委員会で文化祭の案について意見が割れたことがありました。そこで、私は両者の案を採用する折衷案を考えて提示しました。その結果、委員会の人達も文化祭に参加した人にも楽しんでもらえ、多くの人から喜びの声を頂けたことが誇りです。
御社でも協調性を活かして仕事に取り組み、チーム全員が納得できる方向性を示すことで、チームの力を存分に発揮して活躍したいと考えています。

どのような長所があるのか、明確に説明して伝えることも重要です。ただ協調性があるとするだけではなく、それがどのような協調性なのかを示すことで、より効果的なアピールができます。

例文③

継続力があり、一度始めた事を最後までやり切れることが、私の長所です。
大学時代はサッカー部に所属しており、ポジションはキーパーでした。練習では俊敏性を高めるために反復横跳びをしており、私は練習後も自主練習でこれをおこないました。練習後の反復横跳び300回を4年間続けようと決心し、どれだけ辛い時でもやり抜くことができたのは、貴重な財産になっていると思います。
御社でも、継続力を活かして仕事に取り組みます。一度決めた目標に諦めずに取り組むことで、成果を出して活躍したいと考えています。

説得力のあるアピールをするには、提示した根拠をどのように身につけたか、あるいは発揮したかといったエピソードを提示することが大切です。例文では長所を身につけたエピソードが語られており、説得力のあるアピールができているでしょう。

面接では自信をもって長所を伝えよう

面接では長所を聞かれることが多いため、どのような内容でアピールするかはきちんと考えておかなければなりません。長所は企業に合ったものを答えるだけではなく、仕事でいかに再現できるのかを示すことも重要です。

仕事で活かせない長所は、評価の対象とならないこともあるため、注意しなければなりません。また、魅力的な長所でも、伝え方次第では与えられる印象が悪くなってしまうこともあります。長所を上手に伝えるには、自信を持って大きな声で、はきはきアピールすることも大切です。

同じ内容でも、声の大きさやトーン次第では、暗い印象を与えてしまうこともあります。面接では自信を持ってアピールすることを心がけ、企業に採用メリットを提示しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ