インターン

【夏のインターンシップとは】参加するメリットと服装のポイント

インターンシップは開催する時期をわけている企業が多い

インターンシップの実施時期をわけている企業は多く、1年のうちでも特定の期間におこなわれるということは少なくありません。企業によっていつ実施するかは異なりますが、特に集中しておこなわれやすいのは夏の期間です。

夏のインターンシップはサマーインターンシップと呼ばれることもあり、夏休みの自由な時間を使って参加できる点が特徴です。学生も時間が取りやすく、企業も参加者を集めやすいことから、夏の期間にインターンシップをおこなう企業は多いでしょう。

インターンシップへの参加を考えているなら、これがどのような特徴を持ったものなのかを知っておく必要があります。夏のインターンシップならではのポイントを把握して、就活準備を進めていきましょう。

サマーインターンシップの期間

まずは夏のインターンシップがどのような期間で実施されているのかを知っておきましょう。企業によって詳細な実施期間は異なりますが、基本的には7~9月の間におこなわれるものがサマーインターンシップと呼ばれています。夏休みの期間に実施されるものが、サマーインターンシップと考えてもよいでしょう。

どれくらいの日程でおこなわれるかも、企業によって異なります。1日で終わるものもあれば、数日から数週間程度でおこなうもの、場合によっては1ヶ月程度の期間でおこなわれることもあります。また、インターンシップの申し込みはさらに数ヶ月前から始まるため、サマーインターンシップに参加するなら4~6月ごろから準備しておかなければなりません。

サマーインターンシップの内容

実際にサマーインターンシップでどのようなプログラムを実施するかは、企業によって異なります。プログラムの違いは、実施期間によって変わると考えてよいでしょう。1日でおこなわれるものを1dayインターンシップと呼び、これの場合は企業説明など簡単な内容であることが多いです。

ただし、企業によってはグループワークをおこなうこともあります。数日から1週間程度のものを短期インターンシップと呼び、この場合はグループワークが中心になるでしょう。グループワークを通じて仕事を模擬的に体験できることが、短期の特徴です。数週間から1ヶ月程度のものが、長期インターンシップです。長期インターンシップでは、実務を経験できることが多く、実際に仕事を任せてもらえることもあります。

サマーインターンシップに参加するメリット

サマーインターンシップに参加するなら、どのようなメリットがあるのかを知っておくことが大切です。インターンシップに参加することには、さまざまなメリットがあります。

これは期間を問わずにいえることですが、夏だからこそのメリットがあることも覚えておきましょう。サマーインターンシップならではの魅力とはなにかを把握しておくことで、参加する重要性がわかり、よりモチベーションを高く維持することができます。

業界・企業研究に役立つ

サマーインターンシップに参加することで、業界・企業研究が徹底しておこなえます。業界や企業についての理解を深めることは、就活を進めるうえでは非常に重要です。志望先についての理解が深められていないと、選考で不利になったり、就職できても仕事を始めてから理想と現実のギャップを感じてしまったりすることがあります。

サマーインターンシップでは、プログラムを通じて業界や企業についての深い知識を身につけることができ、ネットでは得られない情報が手に入ることもあるでしょう。早い時期から業界・企業理解を深めておくことで、就活の選考にも役立てられます。

業界・企業研究は就活を有利に進めるための重要なポイントであり、これが早い段階から実施できるのは大きなメリットです。

プログラムの内容や実施期間の選択肢が多い

サマーインターンシップは実施されている期間が長いため、企業もさまざまなプログラムを用意しています。簡単な企業説明から実務を疑似的に体験できるワークショップやグループワーク、さらには実際の仕事を経験させてもらえることもあるでしょう。

これは夏の期間は学生も自由に時間を使いやすいことが関係しており、インターンシップ自体の実施期間の選択肢も多いことが理由です。1日で終了する1dayのインターンシップに始まり、複数日程度の短期インターンシップ、さらには1ヶ月程度の長期インターンシップまで実施されています。

企業によってプログラムや実施期間は異なり、それぞれを比較検討しながら、より自分に合った内容で参加しやすいのはメリットといえるでしょう。

長期休暇と被っているため日程の都合がつきやすい

サマーインターンシップは実施期間が夏休みと重なっているため、日程の都合をつけやすいことも大きなメリットです。インターンシップの実施期間は夏だけに限らず、年間を通じておこなわれています。

特に集中しやすいのは夏と冬の2つであり、冬のインターンシップはウインターインターンシップといわれています。冬休みの期間も参加はしやすいですが、より長期間自由に活動できるのは、休みの期間が長い夏休みでしょう。インターンシップは数週間程度から、長いと1ヶ月程度実施されるものまであります。

普段授業のある期間では、あまりに長期のものは学業との両立が難しく、参加のハードルは高いです。夏休み期間なら授業がないため、長期でも参加しやすく、普段では経験できないプログラムにも挑戦できるでしょう。

インターンシップの選考に向けて準備しておくべきこと

夏に実施されるサマーインターンシップに限らず、インターンに参加するには企業に応募し、選考を受けなければなりません。応募者全員が参加できるわけではなく、選考で合格した人のみ参加できることは理解しておきましょう。

そのため、インターンシップへの参加を希望するなら、志望先の企業をみつけるだけではなく、選考の準備をしておくことも大切です。対策なしでは不合格になる可能性があるため、選考の準備は念入りにしておきましょう。

志望動機を明確にしておく

インターンシップは就活の選考とは採用基準が異なります。特に重要視されているのは、やる気があるか、インターンシップで成長しようとする意欲があるかという点です。そのため、志望動機でこれらの点がチェックされており、やる気があり、かつ成長意欲の高い人が選考では高評価を得やすいです。

志望動機ではなぜインターンシップに参加しようと思ったのか、根本的な理由と目的を述べるようにしましょう。インターンシップへの参加理由と目的を伝えることで、意欲の高さや成長へのモチベーションなどをアピールできます。また、他社ではなく、その企業だからこそ志望した理由を明確にすることも大切です。企業に興味を持った理由や、プログラムに期待することなどを提示すると、志望度の高さを伝えやすくなります。

グループディスカッションや面接の練習をする

インターンシップの選考は書類選考だけではなく、グループワークや面接などが実施されることも多いです。そのため、これらの対策も必要であり、事前の準備は徹底しておこないましょう。グループワークの事前対策としては、どのような流れで進むのか、評価されているポイントはなにかなどを把握しておくことが大切です。

また、グループワークでのマナーも、頭に入れておきましょう。面接の対策としては、グループワークと同様に全体の流れを知ったり、面接特有のマナーを把握しておいたりすることが大切です。

また、よく聞かれる質問を知り、それらの回答を考えておくことも重要です。志望動機以外にも、自己PRや学生時代に頑張ったことなどは聞かれやすいため、これらはスムーズに答えられるようにしておきましょう。

夏のインターンシップに参加する際の服装

サマーインターンシップに参加する際には、服装にも注意しなければなりません。企業によって服装の指定は異なり、スーツでの参加を求める企業だけではなく、私服でも可とされる場合があることは理解しておきましょう。

スーツか私服かによっても注意点は異なりますが、それぞれフォーマルさを意識して身だしなみを整えるという点は共通しています。身だしなみは企業からの印象を左右する重要な部分であるため、注意点は細部まで把握しておきましょう。

ジャケットは着用せず手に持っておく

インターンシップも就活の一環であるため、基本的にはジャケットの着用が求められます。そのため、私服の場合も男性はジャケットを着用するようにし、カジュアルになりすぎないように注意しましょう。

ただし、夏場は暑いことも多いため、私服での参加の場合はジャケットは手に持っておいて、必要なシーンで着用するのがおすすめです。企業に到着するまでの移動中はジャケットを脱いでおき、企業に到着してから着るようにするとよいでしょう。

スーツの場合はジャケットを着用した状態で選考などに臨む必要がありますが、私服ではジャケットなしでも可とされる場合があります。しかし、企業ごとにジャケットの必要性は異なるため、少なくとも手に持っておき、いつでも着られる状態にしておくことが大切です。

半袖シャツはカジュアルな印象になるためなるべく避ける

夏のインターンシップでは暑いことから、半袖のシャツを着用したいと考える人も少なくありません。確かに半袖なら多少は涼しいですが、カジュアルな印象を与えてしまうため、避けたほうが無難です。

同じ服装でも、中に着ているシャツが半袖であると、それだけで悪印象を与えてしまう可能性があるため、注意しなければなりません。上からジャケットを着用していたとしても、脱いだ際に半袖であることがわかってしまい、印象が悪くなることもあります。

また、ジャケットを着た状態でも、角度によっては半袖とわかってしまうことがあるため、注意しなければなりません。企業から半袖シャツでもよいといわれていない場合は、長袖シャツを着用するのが無難です。

男性はノーネクタイでも念のため鞄にはいれておく

男性でスーツ着用が求められた場合は、ジャケットを着用するだけではなく、ネクタイも身に着けておかなければなりません。しかし、クールビズの場合はノーネクタイでもよい場合があり、企業から指定があるならネクタイをしていなくても問題はないでしょう。

ただし、ノーネクタイで可といわれていても、念のためにネクタイは持参しておき、いつでも着けられるようにしておくことが大切です。他の就活生がネクタイをしていたり、企業の人がネクタイを着用しているようなら、ノーネクタイの指定でもネクタイを着けておいたほうがよいでしょう。

ネクタイ1本程度なら邪魔にはならないため、いつでも着用できるように鞄に入れておくのがおすすめです。

女性はカーディガンを羽織って露出を少なめにする

女性で私服指定の場合、オフィスカジュアルの範囲内ならジャケットを着用していなくても構いません。ブラウスやカットソーなど、ある程度フォーマルにみえるもので構いませんが、露出が多くならないように注意が必要です。

シンプルなデザインのものなら、オフィスカジュアルとして使えますが、露出が多いとそれだけカジュアルな印象を与えてしまうことは理解しておきましょう。もしノースリーブのカットソーなどを着用するなら、露出が多くみえないようにカーディガンなどを羽織っておくのがおすすめです。

みえている肌の面積が狭いなら、カジュアルな印象を与える心配はありません。冷房対策としてもカーディガンなどの軽めの羽織は持っておくとよいでしょう。

夏のインターンシップを利用して有利に就活を進めよう

就活の準備は早めに始めることがおすすめであり、2回生や3回生の夏のうちからできることはやっておきましょう。就活対策としておすすめなのはインターンシップであり、これは夏休みの期間にも実施されています。

夏の時期におこなわれているサマーインターンシップは、夏休みで自由に時間を使いやすいことから、参加しやすい点が大きなメリットです。また、実施期間がさまざまであり、幅広いプログラムを経験できることも魅力です。

自分に合った日程やプログラムのサマーインターンシップに参加することで、業界や企業への理解度を深められます。サマーインターンシップで業界や企業についての知識を身につけ、早めから対策を始めることで就活を有利に進めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ