インターン

【サマーインターンとは】種類や参加する企業の選び方など徹底解説

サマーインターンとは

就活を有利に進めるには、早めから準備をしておくことが大切です。就活準備としてできることはさまざまあり、そのひとつとしてサマーインターンがあげられます。サマーインターンは夏に実施されるインターンのことであり、これに参加することで就活の準備をスムーズに進められるでしょう。

サマーインターンへの参加を希望するなら、参加することでどのようなメリットが得られるのかを知っておくことが大切です。インターン自体への理解を深めておくことで、参加すべきかどうか、どのような志望先が自分に合っているかが判断しやすくなります。

自分に合った志望先をみつけてサマーインターンに参加するためにも、基本的な理解を深めていきましょう。

サマーインターンの種類

まずはサマーインターンにはどのような種類があるのか、プログラムごとの内容の違いを知っておきましょう。サマーインターンは実施期間によってプログラムの内容が異なり、経験できることも違ってきます。

最短で1日で終わるものもあれば、数日から1週間程度、さらには1ヶ月程度の長期間実施されるものまであります。それぞれで得られるものは異なるため、種類ごとの違いを知り、自分はどれに参加するとよいのかを見極めましょう。

1day:会社説明型

1日でおこなわれるインターンが、1dayインターンです。1dayインターンは会社説明会の延長であることも多く、企業や業界についての基礎的な知識を身につけたい人におすすめです。会社説明会にすでに参加しているなら、重複する内容が多いこともありますが、企業によってはさらに深堀りしたい内容を話すこともあります。

そのため、会社説明会に参加している人でも、企業についてさらに理解を深めたい場合は、参加がおすすめです。また、志望先の業界や企業が決まっておらず、まずは自分の興味の方向性を絞り込みたいという人にも、1dayインターンは向いています。

どの企業のインターンに参加するか悩む場合や、自分の興味が何に向いているのかを知りたい場合は、1dayインターンに参加するとよいでしょう。

短期インターン:プロジェクト型

数日から1週間程度でおこなわれるものが、短期インターンです。短期インターンはプロジェクト型と呼ばれるものが多く、グループワークなどを通して企業や業界についての理解を深めていきます。

企業によって内容は違いますが、提示された題材に対して学生同士で話し合い、ひとつの結論を導いて最終日に発表するという形式が多いです。例えば「企業が成長するために必要な新事業」という題材なら、それについてグループで話し合いをおこないます。

模造紙にまとめたり、議論した内容を自分たちでメモしたりして、最終的な結論を発表するための準備をおこないます。発表後は企業の担当者からフィードバックを受けることができ、より企業や業界、仕事への理解を深められるでしょう。

長期インターン:就業型

数週間から1ヶ月程度で実施されるものが、長期インターンです。長期インターンは実施期間が長いことから、実際の仕事を経験させてもらえることが多いです。就業型や実務型のインターンと呼ばれることもあり、仕事の経験を通じて企業への理解を深められる点が、大きな魅力でしょう。

企業によってはインターンでの働きに給料を支払うこともあり、インターンで学びながらお金がもらえる場合もあることは、大きなメリットといえます。仕事についての理解を深めるには、実際に働いてみることが大切であり、働くまで自分に合った仕事かどうかを判断することは難しいです。

憧れの仕事でも自分に合うかどうかはわからないため、仕事への適性を見極めたい人におすすめのインターンといえるでしょう。

サマーインターンに参加するメリット

サマーインターンへの参加を考えているなら、どのようなメリットがあるのかを知っておくことも大切です。インターンに参加するメリットを把握しておくことで、モチベーションを高く保つことができ、やる気も出るでしょう。

そもそもインターンに参加することで得られるものは多く、自身の成長につながることも少なくありません。インターンそのものに対するメリットはもちろん、サマーインターンならではのメリットも把握して、理解を深めていきましょう。

早い段階から業界・企業研究に取り組める

サマーインターンに参加するメリットとしては、早いうちから業界・企業研究に取り組めることがあげられます。就活の準備は早い段階から始めておくことが大切であり、時間をかけておこなうことで、より選考を有利に進めやすくなります。

サマーインターンの実施時期は7~9月頃が多いです。つまり、夏の時期から準備を進めることができるため、余裕を持って業界・企業研究にも取り組めるでしょう。準備期間が長いことで、幅広い知識を身につけることができ、業界や企業への理解度は深まります。理解度の高さはそのまま志望度や就職意欲の高さと判断されることが多いため、早くから準備をすることで、就活の選考でも高評価を得やすいでしょう。

面接など選考の予行練習になる

サマーインターンに参加するには、事前に応募して選考を受けなければなりません。選考を突破した人のみ参加が可能となるため、スムーズに参加を決めるには選考への対策が必要といえるでしょう。

サマーインターンの選考は企業によって内容が異なり、面接だけではなくグループワークなどが実施されることもあります。これらの予行練習をしておくことで、本選考の面接でも緊張せずに取り組みやすくなり、より自分の実力を発揮できるようになるでしょう。就活前に選考を経験できることは大きなメリットであり、事前に選考の練習をしておきたい人にもおすすめです。

本選考で有利になるインターンも存在する

企業によってサマーインターンの位置づけは異なりますが、場合によっては就活の選考で有利に働くこともあります。サマーインターンで活躍したり、実力を評価されたりすると、それが本選考での評価材料になることもあります。

つまり、サマーインターンで好印象を残せると、本選考での評価がプラスの状態から始まり、より就活が有利に進められるでしょう。また、サマーインターン参加者に別枠で選考を設ける企業もあり、少ない選考回数で内定がもらえたり、通常よりも早い時期から選考に参加できたりすることもあります。

就業型のインターンだと、仕事ができると認められることで、そのまま直接採用となる可能性も0ではありません。就活の選考で有利に働くことが多いため、サマーインターンには積極的に参加しておくのがおすすめです。

サマーインターンの選び方

インターンを実施する期間は企業によって違いますが、サマーインターンなど夏の時期に固まっておこなわれることが多いです。そのため、同時に複数社がインターンを実施していることも多いため、どの企業に参加するのか悩んでしまうこともあるでしょう。

サマーインターンの経験を就活に役立てるには、参加先の選び方も重要です。どの企業のサマーインターンに参加するかを上手に決めるためにも、選び方のポイントを把握しておきましょう。

日程の都合が合えば1社だけでなく2~3社応募する

サマーインターンは複数社に参加することが可能であり、参加数の決まりはありません。そのため、日程さえ合うなら1社だけに限定せず、2~3社と複数の企業への参加を目指したほうがよいでしょう。複数社のサマーインターンに参加することで、より自分に合った企業をみつけやすくなり、幅広い企業への理解を深められます。

また、参加先の業界を複数にしておくことで、さまざまな業界についての知識を身につけることができ、就職先を決める際にも役立つことが多いです。夏休みの期間に実施されるサマーインターンは、自由に時間を使いやすいため、複数社への参加もそれほど難しくなりません。時間が許す限り多くの企業に参加することで、就活にも役立てやすくなるでしょう。

実際の業務に近い体験ができるような内容を選ぶ

志望する業界や企業が明確に決まっているなら、実際の業務に近い体験ができるインターンに参加するのがおすすめです。実際の業務に近いプログラムに参加することで、仕事への理解を深めやすくなります。どのような仕事をしているかが明確になると、それが自分に合っているか、その企業で活躍できそうかどうかなどの判断もしやすいでしょう。

業務への理解をもっとも深めやすいのは、就業型の長期インターンです。実際に仕事を経験することで、仕事への理解は深まり、自分に合うかどうかも見極めやすいです。時間の余裕がない場合は、グループワークなどで仕事を模擬体験できるプロジェクト型のものが向いているでしょう。短期インターンなら数日から1週間程度であるため、長期インターンよりも時間の都合をつけやすいです。

志望業界が決まっていない場合は興味を持った企業に応募する

まだ志望先の業界が決まっていない場合は、興味を持った企業への参加がおすすめです。インターンの実施内容や実施期間、企業の特徴などを調べてみて、興味のある企業があるなら、それに参加してみましょう。

また、それほど興味が持てない、どの企業がよいのかわからない場合は、まずは1dayインターンに参加してみるのがおすすめです。夏の時期に1dayインターンに参加してみて、興味が持てたなら秋や冬に短期や長期のインターンに参加してみてもよいでしょう。

まずは企業についての理解を深め、その業界や企業、仕事に興味を持てるかどうかを判断することが大切です。志望先が決まっていないなら情報収拾から始めたほうがよいため、少しでも興味のある企業の1dayインターンに参加してみるとよいでしょう。

サマーインターンの選考時に効果的な逆質問

サマーインターンの選考では、履歴書やESを送付する書類選考だけではなく、面接が実施されることも多いです。面接の際に聞かれる質問はさまざまありますが、「最後に何か質問はありますか」と、逆質問をされることも少なくありません。

逆質問も選考での評価に含まれているため、ここでどのような質問をするかは重要です。最後の逆質問で高評価を獲得するためにも、どのような質問をすると印象がよくなりやすいのかを知っておきましょう。

参加への意欲が伝わる質問

インターンでは参加への意欲が重要視されており、これが伝わる内容で逆質問をすることが大切です。参加への意欲を伝えるためには、「インターンを通じて○○についての理解を深めたいと思うのですが、○○に関する業務は体験できるでしょうか」などがおすすめです。

また、これまでどのような人が参加しているか、いかに成長してスキルを身につけたのかなども、聞いておくとよいでしょう。インターンが自身の成長にいかにつながるのかを聞くことで、参加への意欲の高さは伝わりやすいです。

ただし、インターンで実施される内容を漠然と聞くだけでは、事前の下調べができていないと判断されることもあります。場合によっては印象が悪くなるため、最低限プログラムの内容は把握して質問しましょう。

業務の経験にまつわる質問

業務の経験についての質問でも、好印象を与えやすいです。業務について深堀りした質問をすることで、仕事や企業への興味の強さがわかり、これが就職意欲の高さと判断されることもあるでしょう。

どのような社員が活躍しているのか、仕事で活躍するために必要なスキルはなにかなどを聞くことで、業務への意欲の高さは伝えやすいです。また、インターンでの経験が実際に仕事をするうえでどのように役立つのかも、聞いておくのがおすすめです。

インターンで経験できることと、実際の業務にどのような関係性があるのかを把握していると、そこから得られるものも理解しやすくなります。意欲の高さを示すことはもちろん、インターンで実施される内容についての理解も深められる質問をするとよいでしょう。

サマーインターンに参加して充実した就活にしよう

夏の時期に実施されるサマーインターンは、夏休みと重なっているため参加しやすいことが魅力です。時間的な余裕が作りやすいため、複数社に参加できる場合もあるでしょう。サマーインターンに参加することで、業界や企業への理解が深められます。

また、場合によっては本選考での評価につながることもあり、就活を有利に進められるケースも多いです。実際にどのような業務をするのか知ることができ、仕事そのものへの理解も深められます。

早い時期から就活の準備ができる点も、サマーインターンならではの魅力です。サマーインターンで早めに準備をおこない、余裕を持って業界や企業についての理解を深めることで、就活をスムーズに進めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ