履歴書

【履歴書は手書きとパソコンどちらがいいか】判断の仕方を紹介

履歴書を手書きではなくパソコンで作成する人も増えている

就活に必須の履歴書は、手書きで作成することはもちろん、パソコン作成したものを提出することも可能です。それぞれで特徴が異なり、使用や作成時のメリット・デメリットは異なります。

そのため、作成方法による違いを把握し、状況に応じて使いわけることが大切です。履歴書は内容はもちろん、作成方法も含めて評価の対象となることがあるため、この点を理解しておきましょう。手書きがよいのはどのような場合か、パソコン作成が適しているのはいかなるシーンなのかを把握しておくことは大切です。

作成方法による違いを知ることで、履歴書はスムーズに作成しやすくなります。それぞれの特徴の違いを知り、手書きとパソコン作成の履歴書を正しく使いわけましょう。

手書きの履歴書のメリット

まずは手書きで履歴書を作成した場合には、どのようなメリットがあるのかを知っておきましょう。手書きならではのメリットを知っておくことで、どのような点が企業に評価されやすいのか、好印象を与えやすいのかがわかります。

履歴書は手書き作成が主流であり、多くの人がパソコンではなく、履歴書を手書きしています。手書きならではのメリットを把握して、この履歴書が企業にどのような印象を与えるのかを知っておきましょう。

手書きの文字で人となりや熱意をアピールできる

文字にはその人なりの個性や特徴が表れており、これがアピールできることは手書きの履歴書ならではのメリットです。文字には人柄が表れやすく、記載した内容以外の部分でも、個性をアピールできる点が魅力です。

また、履歴書を手書きで作成すると時間がかかりますが、これによって企業への就職意欲の高さ、熱意を伝えられる点もメリットです。履歴書の作成に時間をかけるという点から、企業は自社への入社意欲が高い、仕事への熱意があると判断する場合があります。

興味関心が強いからこそ、時間をかけてでも手書きで履歴書を作成すると考える企業は少なくありません。人柄や熱意を伝えることは就活では重要であり、履歴書からこれらをアピールできる点は、手書きならではのメリットでしょう。

字がきれいでなくても丁寧に書かれた履歴書は好印象

履歴書を手書きする際には、きれいな字がかけるかどうかを心配する人は少なくありません。もちろん、きれいな字のほうが印象はよいですが、たとえきれいな字が書けなくても、丁寧に作成していることで好印象は与えられます。

丁寧に書かれた履歴書は好印象を与えやすく、就職意欲の高さのアピールにつながることも少なくありません。就活では履歴書は何枚も作成しなければならず、すべて手書きするのは手間がかかります。

時間や手間を惜しまず丁寧に作成していることで、就職意欲の高さが伝えられ、評価につながることもあるでしょう。文字を書くことが苦手な人でも、丁寧に作成することで印象はよくなるため、履歴書で少しでも評価を受けたい人にはおすすめの方法といえます。

パソコンで作成した履歴書のメリット

手書きではなく、パソコンで履歴書を作成した際にもメリットはあります。そのため、パソコン作成ならではのメリットを知り、手書きとどのように異なるのかを知っておくことは大切です。

履歴書をパソコン作成するメリットを知っておくことで、シーンに合わせた作成方法の使いわけがしやすくなります。どのようなメリットがあるのかを把握しておき、手書きした場合との違いを、詳細まで理解していきましょう。

字に癖がないため読みやすい

パソコン作成した履歴書は、字の上手い下手に関係なく文字が統一されているため、読みやすいです。手書きの文字は個性がアピールできる反面、その人の癖が出てしまい、場合によっては読みづらいと思われてしまうことも少なくありません。履歴書は読みやすさも重要であり、これも評価の対象に含まれています。

履歴書をみた際に読みづらいと思われてしまうと、それだけで評価が下がることも少なくありません。また、場合によっては目を通してもらえないこともあり、履歴書を読まれずに不採用となってしまうこともあります。履歴書はまず読んでもらうこと、ストレスなく内容を確認してもらうことが重要なため、癖がなくて読みやすくなる点は、パソコン作成ならではのメリットでしょう。

パソコンスキルをアピールできる

パソコンスキルをアピールできることも、履歴書をパソコン作成するメリットです。ネット上には履歴書のフォーマットもありますが、ゼロから自分で作成することもできます。最初から自分で作成することで、ワードスキルの高さをアピールでき、これが評価につながることもあるでしょう。

志望先によって求められる能力は異なりますが、業界や企業に関係なく、パソコンスキルが必要となることは多いです。そのため、能力があることをアピールできると、履歴書に記載した内容にプラスアルファして評価を受けられる可能性があります。

もちろん、フォーマットから作成した場合でも、基本的なパソコンスキルがあることはアピールでき、これが評価の対象となることも多いです。

手書きとパソコンで作成した履歴書のデメリット

履歴書は作成方法によって異なるメリットがありますが、それだけではなくデメリットもあります。デメリットを把握せずに履歴書を作成すると、就活をスムーズに進められなくなったり、選考で失敗したりする可能性があるため、注意が必要です。

手書きとパソコン作成のそれぞれで、どのようなデメリットがあるのかは知っておくことが大切です。作成方法ごとのデメリットを知り、失敗なくスムーズに履歴書を作成しましょう。

手書きの履歴書は作成に時間と手間がかかる

履歴書を手書きするデメリットとしては、作成に時間と手間がかかりやすい点があげられます。履歴書は記載する内容も多く、忙しい就活の中で時間を作って書かなければなりません。就活では選考だけではなく、エントリーする企業を探したり、企業説明会に参加したりと、やらなければならないことは多いです。

また、学業との両立も必要であり、過密したスケジュールで、時間の余裕が持てないこともあるでしょう。就活で何枚履歴書を作成するかは人によって異なりますが、数十枚単位になることは少なくありません。

何十枚もの履歴書を手書きで作成するには時間と手間がかかり、これが負担になることもあります。人柄や熱意などはアピールしやすいものの、作成時の負担が大きいことは理解しておきましょう。

パソコン作成の履歴書は文章を使い回した際にミスが発生しやすい

履歴書をパソコン作成する場合は、フォーマットや内容を残しておけるため、手書きよりもスムーズに作成できます。しかし、保存したデータを使い回すことで、記載した内容によるミスが起きやすい点はデメリットです。

例えば、志望動機や自己PRなどは企業に合わせて内容を変える必要がありますが、履歴書を使い回した際に以前応募した内容がそのままになってしまう可能性があります。使い回しが発覚すると、企業への興味関心が低いと判断され、印象が悪くなってしまうことも少なくありません。

また、使い回しができる基本情報の部分に誤字脱字などがあると、気づかずにそのまま提出してしまう可能性があります。毎回基本情報の間違いで評価を下げられる可能性があり、ミスが起きやすいことは理解しておかなければなりません。

自分はどんな仕事に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、どんな仕事に向いているのか気になりませんか?
そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。
My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に向いているタイプか、診断してみましょう。

手書きとパソコンで作成した履歴書のどちらがいいかは企業による

履歴書は手書きとパソコンのどちらでも作成できますが、どの方法がよいかは志望先の企業によって異なります。そのため、手書きのほうがよい、パソコン作成のほうが確実に好印象を与えられるなど、決まっているわけではないことは理解しておきましょう。

企業によって評価が違うからこそ、志望先に合わせて作成方法を変えることが大切です。作成方法ごとにどのような評価を受けるのかを把握しておき、志望先に合った内容で履歴書を完成させましょう。

履歴書の内容や能力を重視する場合どちらでも評価は変わらない

企業によっては履歴書の作成方法によって評価が変わらないこともあり、この場合は手書きとパソコンのどちらでも、与える印象は変わりません。作成方法を気にしない企業は、履歴書の内容やそこでアピールされている能力などを重視しています。

そのため、履歴書になにを書くか、どのような能力や個性をアピールするかが、重要なポイントになると考えましょう。たとえきれいな文字で丁寧に手書きした履歴書でも、アピールが不十分だと判断されると、不採用になる可能性は高いです。

反対に人柄を伝えづらいパソコン作成でも、内容さえきちんと記せているなら、高評価になる場合はあります。履歴書はアピール内容が重要であるため、作成方法に関係なく何を記載するかは念入りに考えておきましょう。

老舗の企業は手書きが当たり前と考えている場合が多い

設立してからの歴史が長く、いわゆる老舗と呼ばれている企業の場合は、手書きのほうが好印象を与えられる可能性は高いです。老舗企業は履歴書は手書きで作成することが当たり前と考えていること多く、パソコンで作成するとそれだけで印象が悪くなってしまう場合があります。

長く手書きの履歴書をみてきた企業では、パソコン作成だとどうしても熱意が感じられない、人柄を判断しづらいと思うケースがあることは理解しておきましょう。歴史が長く、礼儀や伝統を重んじる企業なら、履歴書は手書きで作成する方が無難です。

もちろん、手書きだからといってそれだけで評価されるわけではなく、あくまで内容が評価の中心となっていることは頭に入れておきましょう。

外資系やITベンチャー企業はパソコンでの作成が好印象なこともある

志望先が外資系やIT系のベンチャー企業などの場合は、手書きよりもパソコン作成のほうが好印象を与えられる可能性があります。これらの企業では、履歴書はパソコン作成が当たり前と考えていることも多いです。

また、IT系の企業ならパソコンスキルをアピールすることは重要であり、パソコン作成の履歴書のほうが基礎的な能力が備わっていることが伝えやすいです。近年では、履歴書をパソコンで作成する風潮が高まっているため、ベンチャー系など時代の先端をいく企業では、手書きでなくてもよいでしょう。

企業としての歴史が浅いなら、外資系やベンチャー以外でも、パソコン作成の履歴書が評価される場合は多いです。

履歴書の書き方に悩む場合は手書きが無難

履歴書は手書きだけではなくパソコンでも作成できます。パソコン作成ならではのメリットとして、文字の癖が出ないために読みやすく、保存したデータを元に素早く何枚も履歴書を作成できることが挙げられるでしょう。

就活中は複数の履歴書を用意しなければならないことも多いため、時間短縮ができるパソコンでの作成は便利です。しかし、企業によっては手書きのほうが好ましいと考えている場合もあります。どちらの方法で作成するかは、志望先に合わせて決めるようにしなければなりません。

もしどちらがよいのかで悩んだなら、手書きで作成するのが無難です。手書き作成は手間がかかりますが、企業に余計な印象を与える心配がないため、迷ったときはこちらの方法を選ぶとよいでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ