インターン

【海外インターンに学生が参加する前に】注意点と就活への活かし方

海外インターンが気になっている学生は多くいる

就活の準備としてインターンに参加する学生は多いですが、実はインターンは国内だけではなく、海外で実施されているものにも参加できます。海外インターンに興味を持つ学生は多いですが、どのようなものなのかがわからず、参加を躊躇してしまう人は少なくありません。

また、参加の方法がわからずに、申し込みの段階で諦めてしまう人もいるでしょう。海外インターンも国内のものと同じであり、インターンを募集している企業に応募し、選考を受けることで参加できます。

海外インターンに参加することで得られるものは多く、就活で役立つことも少なくありません。海外インターンに興味があるなら、これがどのようなものかを知り、積極的に挑戦していきましょう。

海外インターンとは

まずは海外インターンがどのようなものなのか、基本的な理解から深めておきましょう。海外インターンの概要や実施される期間などを知っておくことで、内容を正確に把握することができます。

海外インターンについては漠然とした興味やイメージを持っているだけで、実際の内容はあまり知らないという人も少なくありません。内容を把握せずに参加を決めると、求めていた結果が得られずに失敗することも多いため、基本部分を理解しておくことは大切です。

海外インターンとは外国の企業で働くこと

海外インターンとは、簡単にいえば外国の企業で働くことです。働くといっても、あくまでインターン生としての採用となり、期間は限定されています。つまり、就職とは別であり、インターン生として期間限定で働き、実際の仕事を経験することでスキルを身につけたり、企業への理解を深めたりすることが目的です。

日本のインターンでは実務を経験せずに、企業説明や仕事を模擬体験できるグループワークなどが実施されることも多いです。そのため、実際に仕事に取り組めるケースは少ないですが、海外インターンでは実務を担当することが基本となります。

海外企業ではインターンは採用活動の一環と考えられており、そこでの活躍によって合否を決めることが多いです。日本とはインターンの捉え方が違うため、この点は理解しておきましょう。

期間は2週間から半年まで企業によって異なる

海外インターンの実施期間は企業によって異なり、短いと2週間程度、長いと半年程度が一般的です。日本のインターンも企業ごとに実施期間は違いますが、最短で1日、長くても1ヶ月以上となっていることが多いでしょう。

また、数日から1週間程度で終了するものも多く、日本と比較すると海外インターンは実施期間が長い傾向にあります。これはインターンでの働きぶりによって採用を決めるケースが多いことが関係しています。

つまり、ある程度の期間働いてもらわなければ、企業で活躍できるかどうかが判断できないため、海外インターンでは実施期間が長めに設定されていることが多いです。場合によっては長期滞在となることもあり、日本のインターンよりもスケジュール管理が難しくなりやすいことは覚えておきましょう。

経験値を上げるには3ヶ月以上の海外インターンがおすすめ

海外インターンでも短いものだと2週間程度で参加できるため、短期間ならスケジュールも組みやすいです。しかし、自身の成長をインターンに求めており、経験値を高めたいなら、3ヶ月以上の期間を目安に参加するのがおすすめです。

短期間でも海外の企業で働いてみることで、得られるものは多くあります。期間が長いほどより仕事への理解も深まり、身につくスキルも多くなりやすいです。

海外という慣れない土地で働くと、最初の数日から1週間程度は勝手がわからず戸惑ってしまうことも少なくありません。2週間程度の短いものだと、慣れてきた頃に終了を迎えることも多いです。そのため、意識的に仕事に取り組み、自身の成長を目指すためには、3ヶ月以上を目安にしておくとよいでしょう。

インターンをする国は内容や目的によって選ぶ

海外インターンはさまざまな国で実施されていて、内容や特徴は国によって異なります。そのため、どのインターンに参加するか決める際には、まずは地域ごとの特徴の違いを知り、そこから参加先の企業を絞り込んでいくとよいでしょう。

どのような内容のインターンが実施されているのか、そこで得られるものは何かを把握しておくことが、海外インターンを成功させるためのポイントです。国ごとの特徴の違いを知り、自分に合ったインターン先を見つけましょう。

東南アジアは自身のスキルを活かしたい人におすすめ

新興国の多い東南アジアは、自分のスキルを活かして活躍したい人におすすめです。東南アジアでインターンを実施している企業はまだまだ発展途上であることも多く、企業と一緒に成長できる環境が整っています。

ベンチャーに近い状態の企業が多いため、自分のスキルがどこまで通用するのかを試したい人にもおすすめでしょう。もちろん、東南アジアでも成熟した企業はあり、そこでインターンとして働くことも可能です。成熟した企業でも、インターンにおいて仕事での活躍が求められることは変わりません。

企業と一緒に成長するか、仕事を円滑に進めるために活躍するかといった違いであり、どちらにしてもスキルを活かしたい人、挑戦したい人におすすめの環境といえます。

英語圏のインターンは高い英語力が求められる

アメリカやイギリスなど、英語圏の国は海外からのインターンを受け付けていることが多いです。英語圏の国では高い英語力が求められるため、語学力に自信がある人にはおすすめの環境といえるでしょう。

英語圏では、自社公用語から日常会話まですべて英語です。場合によっては部署の全員が日本語を理解できないということもあります。つまり、英語ができないとまともにコミュニケーションを取ることができず、仕事にならないというケースもあるため注意が必要です。

また、求められる英語のレベルは日常会話ができることは絶対であり、プラスアルファでビジネス英語を理解していることも求められます。ただ英語で会話ができるだけではなく、英語を使ってビジネスシーンに対応できることが、最低限の条件といえるでしょう。

学生が海外インターンに参加する際の注意点

海外インターンを魅力に感じる学生は多く、積極的に参加してみたいと思う人は少なくありません。しかし、海外インターンに参加したからといって、それだけで自動的に成長できたり、必ずしも就活に役立てられたりするとは限らないことは理解しておきましょう。

海外インターンにはいくつか注意点があり、これを把握していないと失敗する可能性があります。注意点は正しく把握しておき、海外インターンに参加する前の準備に役立てましょう。

英語力不問のインターンはアルバイトのような内容の場合がある

海外インターンだからといって、必ずしも英語や現地の言葉を使うとは限りません。企業によっては語学力が不要な仕事をインターン生に振り分けていることもあります。

しかし、英語力不問または語学力不問で募集している企業は、アルバイトのような内容の仕事を振られる可能性があるため、注意しなければなりません。海外でも日本支社があれば、その部門で仕事を任されたり、そもそもコミュニケーションが不要な肉体労働を命じられたりすることもあります。

日本語を使って働ける、あるいはそもそも言語力が必要ない仕事では、日本でのインターンとそれほど変わりません。わざわざ海外にいってまで経験する内容とはいえないため、語学力不問の募集には注意が必要です。

英語力に自信がないなら語学研修の含まれたインターンに参加する

英語力や語学力に不安がある人にとって、英語力不問の募集は魅力的にみえることもあります。しかし、アルバイトのような内容で働くことになり、自身の成長につながらないケースも多いため、このインターンは避けたほうが無難です。

英語力に不安がある場合は、語学研修が含まれたインターンに参加するのがおすすめでしょう。企業によっては国外からの人材を獲得するために、語学研修も採用プログラムに含めて、インターンを実施していることがあります。

研修ありのインターンなら、海外での仕事が経験できることに加えて、語学力の向上も目指せます。英語力に自信があるなら問題ありませんが、不安がある人は語学研修の有無をチェックしてインターン先を選びましょう。

海外インターンにいっただけでは就活において評価されない

海外インターンに参加したからといって、それだけで就活で評価されるわけではありません。就活では学生時代の経験について問われることが多いですが、これは経験そのものが評価対象ではないことは理解しておきましょう。

つまり、ただ貴重な経験をしているなら、それだけで高評価になるわけではなく、重要なのはその経験の中で何をしたかのか、得たのかです。評価の対象となるのは経験そのものではなく、過程とそこから生まれた結果であることは頭に入れておきましょう。

海外インターンに参加すること自体は意味のあることですが、選考で評価されるには、プラスアルファでアピールを考えておく必要があります。インターンに参加したからといって安心せず、自分を魅力的にアピールできるように準備をしておくことが大切です。

自ら学ぶ姿勢や積極的に行動したことが評価される

海外インターンに参加することで、自ら学ぼうとする姿勢や積極的に行動を起こせるという点が評価されます。あくまで学習意欲や成長意欲の高さと行動力が評価されているのであり、それだけで採用が決まるほど就活は簡単ではありません。

そのため、これらに加えてインターンを通じて得たスキルをアピールすることが大切です。意欲や行動力が評価されるのはプラスポイントですが、ただ参加しただけではそこで評価が止まってしまうことは覚えておきましょう。

より高評価を得るには、インターンでどのような取り組みをしたのか、どのように考えて仕事を進めたのかなどを説明することが大切です。自ら考え行動したことを伝えて、インターンで得た経験を上手にアピールしましょう。

学生が海外インターンを就活に活かすには目的を明確にすることが大切

海外インターンに憧れる学生は多く、実際に参加することでさまざまなメリットが得られます。しかし、ただ参加するだけで就活が有利になるわけではありません。なぜ参加するのか、目的を明確にしておくことが大切です。

仕事での経験を通じて自分のスキル向上を目指したい、語学力を高めたいなど、明確な目的を持って臨むことが海外インターンを成功させるポイントです。海外インターンはさまざまな国で実施されていますが、参加先によって経験できる内容は異なります。

そのため、自分の目的に合わせて参加先の企業を選ぶことも重要です。海外インターンから何を得たいのか、それを就活や今後の社会人生活にどのように活かすのかを考えて、自分に合った参加先をみつけましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ