志望動機

【志望動機の面接における回答例】NG例とよくある質問も解説

面接では志望動機の答え方に注意が必要

面接での定番質問のひとつに、志望動機があげられます。志望動機は内容はもちろん、伝え方も重要であり、アピールの方法次第で評価が違ってくることも少なくありません。

また、業界や企業を問わずに聞かれやすい質問であることから、就活生の評価を決めるうえで、企業がいかに重要視しているかもわかります。聞かれやすい質問は、それだけ評価を左右しやすいものといえるため、上手にアピールするためにも念入りに対策をしておくことが大切です

志望動機は面接でどのように答えるのか、事前にアピールの内容を考えておく必要があります。例も参考にしながらアピール内容を考え、評価される志望動機とはどのようなものかを知っていきましょう。

以下の記事では、面接でよく聞かれる質問について解説しています。

企業が志望動機を面接で聞く理由

そもそもなぜ企業が面接において志望動機を聞くのか、この理由を知っておくことが大切です。面接での質問には必ず意図があり、志望動機も例外ではありません。

特に業界や企業に関係なく聞かれやすい質問は、評価を決めるうえでの重要なポイントとなることが多いです。企業が志望動機を問う意図から、どのような点が評価の対象となっているのかを知っていきましょう。

以下の記事では、面接の質問対策について解説しています。

志望度の高さを知るため

就活生の志望度の高さをチェックするという意味で、志望動機が求められています。志望動機はいかにその企業に就職したいのか、その気持ちや理由を述べるものです。

志望度はそのまま仕事へのやる気や熱意につながるため、できるだけ志望度が高い人を採用したいと企業が考えるのは自然なことです。やる気のない人よりも、積極的に仕事に取り組める人を採用したほうが、企業の利益につながりやすいことから、志望度の高さは重要視されています。

企業への理解を深めていないと志望動機の作成は難しいことから、志望動機で十分にアピールできている=企業への興味関心があり、志望度が高いと評価されやすいです。

以下の記事では、面接で採用担当者が見ているポイントについて解説しています。

企業とマッチする人材か判断するため

志望動機は、企業と就活生の相性を確認するために聞くという意図もあります。就活生が提示する志望動機からは、企業に対して何を望むのか、どのような仕事がしたいのかがわかります。

つまり、就活生が求めることと、企業が考えることが一致しているかどうかがみられており、これがかけ離れていると採用メリットは低いと思われるため注意が必要です。企業はただ能力がある人や性格がよい人を採用したいわけではなく、自社に適した人材や、自社の環境で活躍できる人を採用したいと考えています。

そのため、相性が悪いと十分に活躍できない可能性が高いため、企業は採用をためらうことが多いです。志望動機は相性をみるためのものでもあるため、いかに企業の考えと一致しているかを伝えるかが大切です。

以下の記事では、面接と面談の違いについて解説しています。

面接で志望動機を回答する際のコツ

志望動機のアピールで高評価を得るには、面接でどのように伝えるかが重要です。志望動機の内容はもちろん、どのような方法でアピールするかによって評価が変動することは少なくありません。

そのため、同じ内容でも答え方次第で評価が違ってくるケースもあるため、この点には注意しましょう。少しでも高評価を得るためには、伝え方の詳細なポイントまで把握したうえで、アピールに臨むことが大切です。

以下の記事では、面接でよくある質問の例と逆質問について解説しています。

結論から述べる

志望動機を答える際には、まずは結論から述べるようにしましょう。結論ファーストで回答することは面接の基本であり、これは志望動機以外の内容にも通じます。

最初に結論を述べておくことで、これからどのようなことをアピールしたいのかが面接官に伝わり、内容を理解してもらいやすくなります。なぜその業界や企業を選んだのか、根本となる理由は冒頭で伝えておくことが大切です。

最初に結論を伝え、その後に志望する理由の詳細を述べて、根拠の部分を説明していくという構成が、志望動機を回答するうえでの基本となります。

以下の記事では、面接をする意味と担当者が見ているポイントについて解説しています。

なぜ他社ではなくその企業を選んだのか伝える

その企業への志望度の高さをアピールするには、なぜ他社ではなく志望企業を選んだのか、理由を明確にすることが大切です。例えば、アパレル業界を志望する理由が「服を売る仕事がしたいから」というだけでは、その他の多くの企業にも当てはまる志望動機になってしまいます。

多数の企業に該当する内容では、他の企業でもよいのではないかと思われてしまい、志望度は低いと判断されやすいため注意しましょう。その業界でもなぜその企業なのか、別の企業ではだめな理由は何かを明確に伝えることが大切です。

志望先の企業ならではの特徴や魅力を提示し、それをもとに志望動機を考えると、他社と差別化した内容でアピールしやすくなります。

以下の記事では、面接でのマナーや話し方について解説しています。

企業にどう貢献できるかをアピールする

志望動機では企業への志望度の高さを伝えるだけではなく、就職後に仕事でどのように活躍し貢献できるかを伝えることも大切です。志望度が高く、やる気のある人を採用したいと企業は考えますが、これは最終的に企業での活躍を見越してのことです。

採用メリットがないと判断されると、やる気があっても不採用となることは多いです。自分の強みや個性などを提示しながら、それがいかに仕事で役立てられるのか、利益につながるのかをアピールすることが評価されるポイントです。

以下の記事では、面接でNGな行動について解説しています。

志望動機について面接で回答する際の例文

実際に面接で志望動機をアピールする際には、どのような内容を伝えるとよいのかを知っていきましょう。志望動機の内容について理解を深めるには、例文を参考にすることがおすすめです。

例文をチェックすることで、いかなる構成や内容で伝えると評価されやすいのかがわかり、自身の志望動機も作成しやすくなります。5つの例文を見ながら、評価される志望動機がどのようなものなのか、詳細部分まで理解を深めていきましょう。

以下の記事では、面接で気を付けるポイントについて解説しています。

例文①

エアコンの提供を通じて、多くの人の快適な生活を実現したいと思い、御社を志望しました。御社は他社にない機能を搭載したエアコンの販売に強みがあり、実家でも御社の製品を利用していました。特に○○機能は革新的で、新しい機能が追加されることでこんなにも生活環境が快適になるのかと驚いたことを覚えています。御社では営業として働き、居酒屋のアルバイトで培ったコミュニケーション能力を活かしてクライアントとの商談に臨むことで、契約を勝ち取って活躍したいです。

例文の①では、志望先企業の製品を利用したことがあるとアピールしており、これによって企業との関連性が伝えられています。自分と企業との関連性を伝えることで、志望する根幹の理由を説明でき、志望度の高さがアピールできているでしょう。

以下の記事では、面接前の準備について解説しています。

例文②

新しいアプリの開発によって、日々の暮らしの小さなストレスを解消してもらいたいと考え、御社を志望しました。御社のアプリは日常の細かいところに目を光らせたものであり、他社とは違った着眼点を持っていることが魅力です。私もエンジニアとして働き、多くの人の日々のストレスを解消することで、利用者に喜んでもらいたいと考えています。大学時代はプログラミングの講座を受けていましたので、そこで培った知識を活かしてアプリ開発で活躍します。

他の企業にはない、志望先ならではの魅力を述べることも、志望動機では重要です。例文②では同業他社とは異なるポイントを提示することで、他の企業を志望する理由との差別化ができており、好印象が与えられる内容となっています

以下の記事では、志望動機の作成方法について解説します。

例文③

物作りにかかわる仕事の中でも、自分の興味が強い車の仕事に就きたいと思い、御社を志望しました。私は車の中でも新しい技術のものに興味があり、電気自動車の開発に強みがある御社で働きたいと強く感じております。大学時代は自動車工学についてのゼミを受講し、ガソリン自動車から電気自動車まで、さまざまな車の構造や性質について学びました。研究によって得た知識を活かしながら御社でエンジニアとして活躍し、まだ見たことのない新しい車を作って、多くの人に利用してもらいたいと考えています。

企業への興味関心の高さを伝えることも重要です。自分の興味をのある分野と志望先の事業内容が一致しているとアピールしましょう。興味と企業の特徴が一致していることで、相性のよさをアピールできます。

以下の記事では、志望動機の書き出しについて解説しています。

例文④

子どもの教育を通じて日本の将来をよりよくしたいと思い、御園を志望しました。御園は、できるだけ子どもたちが自由に過ごせる環境を作っていることが魅力だと感じています。教えるのではなく子どもの自発的な行動によって、のびのびとした成長を目指す方針に深く共感し、個性を尊重する教育に私も取り組みたいと考えました。子ども一人ひとりの特徴をよく観察し、どのような見守りが必要なのかを考えて行動することで、個性を伸ばすお手伝いをして御園に貢献したいです。

例文の④では、志望先の方針に共感したことが、志望する理由として述べられています。ただ共感するだけではなく、どのような点を魅力に思うのか詳細に説明し、自分がどのように活躍するのかを具体的に示すことで、志望度のアピールができています。

以下の記事では、志望動機と自己PRの違いについて解説しています。

例文⑤

介護サービスの提供によって、高齢者の方々が暮らしやすい社会を実現したいと思い、御社を志望しました。御社の運営する介護施設は豊富な種類があり、個人の要介護度に合わせたサービスを提供していることが魅力です。画一的なサービスではなく、個人に目を向けたケアによって高齢者の方々を支え、高齢化社会の世の中を明るくしていきたいと考えています。御社では施設管理として働き入居者に合わせた介護方針を打ち出すことで、よりよい介護サービスを提供し利用者の方々が快適に過ごせる環境を作りたいです。

例文⑤では、どのように働きたいのかが、具体的にアピールできています。どの部署や職種で働くのか、そこでどう仕事を進めるのかを詳細に伝えることで、熱意が上手く伝えられているでしょう。

以下の記事では、志望動機の構成について解説しています。

志望動機について面接で回答する際のNG例文

面接で志望動機の回答をする際には、いかに悪印象を与えずにアピールするかも重要です。NGポイントが少しでもあると、志望度の高さが十分にアピールできなかったり、採用メリットが提示できなかったりするため、注意しなければなりません。

高評価を狙うだけではなく、評価を下げられないように工夫することも大切です。NG例文を参考にしながら、どのような点で失敗しやすいのかも理解しておきましょう。

以下の記事では、面接における志望動機の適切な長さについて解説しています。

NG例文①

大学時代はバスケットボール部に所属しており、ポジションはシューターでした。チーム一の得点率を目指して毎日シュートの自主練習を自分に課しており、これによって継続力を身につけました。部活動を通して培った継続力を活かして、御社でもひとつの仕事に集中して打ち込み、目標に向かって継続的な努力をすることで成果を発揮します。目標をひとつずつ達成することで、営業利益に貢献して、御社に認められる存在へと成長していきたいと考えています。

例文①では、冒頭で企業を志望する理由が提示されていません。また、どのように活躍したいかは伝えられているものの、志望する理由には一切触れられていない点がNGポイントといえます。

以下の記事では、志望動機を聞かれた時の答え方について解説しています。

NG例文②

世の中に貢献できる仕事がしたいと思い、御社を志望しました。食品の提供を通じて多くの人に幸せを運ぶことで、社会貢献を目指したいと考えています。大学時代はレストランでアルバイトをしており、食の知識については自信があります。アルバイトで培った知識を活かし、食品の魅力を卸先に伝えることで、多くの契約を勝ち取りたいです。御社の商品を多く流通させることで、より多くの人に喜びを届け、かつ利益にも貢献したいと考えています。

例文②では、志望する理由が述べられているものの、あまりにも漠然としている点がNGポイントです。また、同業他社と差別化した内容になっておらず、他社でも通用する志望動機になっている点も、評価されづらい部分といえるでしょう。

以下の記事では、志望動機の文字数の目安について解説しています。

志望動機とともに面接でよく聞かれる質問

面接を突破するには、頻出の質問について対策をしておくことが大切です。志望動機も頻出の質問のひとつですが、他にも聞かれやすいものは多数あります。そのため、志望動機以外の質問もチェックしておき、その回答内容も考えておきましょう

よく聞かれる質問は、面接での評価を左右しやすい重要なものです。志望動機以外の面接でよく聞かれる質問の例を参考にして、事前の対策を念入りにおこないましょう。

以下の記事では、面接での合格サインについて解説しています。

他に受けている企業はありますか?

はい。御社以外では2社の選考を受けており、1社からは内定を頂いております。もう1社は最終選考の結果待ちです。第一志望は御社ですので、内定を頂ければ御社に就職したいと考えています。

他社の選考状況を聞かれた場合は、正直に答えて構いません。企業名までは伝えなくてもよいため、内定の有無やどの段階まで選考が進んでいるのかなどを伝えましょう。

また、他社の選考状況を伝える際には、第一志望はあくまで面接を受けている企業だと、強くアピールしておくことが大切です。第一志望が別にあるといってしまうと、志望度が低いと思われ、マイナス評価になりやすいです。面接を受けている最中は、その企業が第一志望と考え、就職への意欲を示しましょう。

以下の記事では、面接で戦況状況を聞かれた時の答え方について解説しています。

今後この業界はどうなっていくと考えますか?

ネットの普及から個人の消費者が参入しやすい業界構造になったため、今後は個人の消費が売り上げの鍵を握るのではないかと思います。実際に御社の営業実績でも個人消費は前年比の+3%となっており、今後はさらに増える見込みと考えます。そのため、個人消費を支えるサポートが、利益を獲得する重要なポイントではないでしょうか。

今後の業界について問われた場合は、現状を踏まえたうえで自分の見解を話しましょう。業界の現状はどのようなものであり、そこからいかなる変化が考えられるかを伝えることが大切です。また、業界の変化を踏まえて、どのような方法での事業展開が求められているのかも提示できると、より評価されやすくなります。

以下の記事では、企業から意思確認をされたときの答え方について解説しています。

当社のサービスや商品を使用したことはありますか?

はい、昔から御社の製品は愛用させて頂いております。特に御社の○○は小さい頃から実家でよく利用しており、大学に入って一人暮らしをする際にも持ってきました。○○のおかげで自宅で快適に過ごしやすく、家での楽しみが増え、毎日幸せに過ごすことができています。

志望先のサービスや商品を利用したことがあるかも、面接で聞かれやすい質問のひとつです。利用したことがある場合は、どのようなシーンで使ったのか、その感想などを述べましょう。もし利用したことがない場合は、今後使っていきたいと伝えることが大切です。基本的には商品やサービスには一度触れておいたほうがよいため、志望先が消費者向けの事業を展開しているなら、一度は利用しておきましょう。

以下の記事では、面接での逆質問について解説しています。

面接でよく聞かれる志望動機は事前に回答を用意しておこう

面接の対策は念入りにおこなうことが大切であり、特によく聞かれる質問は事前に回答を考えておきましょう。面接で聞かれやすい質問は多数ありますが、特に志望動機は頻出といえます。

志望動機では、企業への就職を希望する理由はもちろん、どのような点で企業に魅力を感じているのか、他社とは差別化した理由を伝えることが大切です。また、就職してどのように仕事に取り組むのか、企業の利益に貢献できるのかもアピールしましょう。

志望度の高さだけではなく、企業との相性や採用メリットを伝えることが、高評価を得るポイントです。例文なども参考にしながら志望動機は念入りに考えておき、面接で上手にアピールして、高評価の獲得を目指しましょう。

以下の記事では逆質問の例について解説しています。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ