志望動機

【志望動機を聞く意味とは】書き方・伝え方のポイントと例文

志望動機は選考においてよく聞かれる質問

選考ではさまざまな質問をされますが、業界や企業に関係なく聞かれやすいものも多数あります。選考での頻出の質問は、スムーズに答えられるように事前にアピール内容を考えておくことが大切です。

よく聞かれる質問の中でも志望動機は特に問われることが多いため、どのような内容でアピールするかを頭に入れておかなければなりません。評価される回答を考えるためには、そもそもなぜ企業が志望動機を聞くのか知っておくことが大切です

企業が就活生に志望動機を聞く意味を知ることで、どのような内容を伝えるべきかが理解しやすくなります。志望動機を聞かれる意味や考え方、上手なアピールの方法を知り、選考を有利に進めていきましょう。

以下の記事では、志望動機の構成のコツについて解説しています。

企業が志望動機を聞く意味

志望動機は、選考において必ずといっていいほど聞かれる質問のひとつです。まずはなぜ企業が志望動機を聞くのか、基本的な理由から知っておきましょう。

企業が就活生に志望動機を聞く意味を知っておくことで、評価されるポイントはどこなのか把握しやすくなります。志望動機を聞く意味と評価の基準を知ることで、選考に対する企業の考えを知っていきましょう。

入社意欲の高さをチェックするため

企業が選考で志望動機を聞く意味としては、入社意欲の高さをチェックすることがあげられます。企業は自社に本当に就職したいと考えている意欲の高い就活生を求めており、これを判断する目的で志望動機を聞いていると考えましょう。

志望動機では企業に対する熱意をアピールしないと、内容次第で入社意欲が低いとみなされることもあります。入社意欲が低いと判断されると、内定を出したとしても辞退されるだろうと企業に思われてしまうでしょう

入社意欲が高い人は企業での活躍も期待できるため、合否を決める上での重要なポイントとなります。志望動機の内容は、評価に直結することを覚えておきましょう。

以下の記事では、志望動機の作成のポイントについて解説しています。

企業研究ができているかをみるため

企業研究ができているかどうかをみるという意味でも、企業は志望動機を確認しています。志望動機では、「なぜその企業を志望するのか」「自社でなければならない理由は何か」という点が企業にチェックされます。

つまり、企業研究ができていないと説得力がなくなりやすく、その企業に就職したいという気持ちを強くアピールすることが難しいです。企業研究ができていないと、企業への興味関心が薄く、入社意欲も低いと判断されることは理解しておきましょう。

そのため、高評価を受けるには念入りな企業研究が必須であり、志望動機を作成するには、まずは企業を知ることが重要といえます。企業研究は選考をスムーズに進めるための基本であり、志望動機を作成する上でも大切であるため忘れずにおこないましょう。

以下の記事では、企業研究する際の項目と効果的な方法について解説しています。

社風に合う人材か知るため

企業はただ意欲の高い人を採用したいだけではなく、自社の社風に合った人材を採用したいと考えています。能力が高いとしても、社風に合わないと社員とのチームワークが取れず、実力を発揮できない場合があります。

また、社風に合わないと居心地が悪くなり、早期退職してしまうリスクもあるでしょう。現在仕事をしている社員と連携が取れるか、社風に合わず退職するリスクがないかを確認する意味でも、志望動機が問われていることは理解しておく必要があります

いわば企業との相性を判断されており、相性が悪いと思われると評価が下がると考えましょう。志望動機では自分の気持を伝えるだけではなく、いかに企業に適しているかを述べることも重要です。

以下の記事では、社風を盛り込んだ志望動機の作成方法について解説しています。

企業に貢献してくれる人材を採用するため

自社で活躍し、利益に貢献できる人材かどうかを見極めるためにも、企業は就活生に志望動機を聞いています。企業の採用活動では、ただ労働力として人材を確保するだけではなく、自社の利益となる人材をみつけようとしています。そのため、単に意欲が高く企業との相性がよいだけでは、採用には至らない可能性があることは理解しておきましょう

仕事で活躍するには高い能力が必要ですが、スキルさえあればどのような企業でも活躍し利益に貢献できるというわけではありません。つまり、就活生の持っている能力や個性が、企業の利益に貢献できるものであるかどうかが志望動機ではチェックされていると考えましょう。志望動機では自分の気持ちを伝えるだけではなく、企業に採用するメリットがあることをアピールしなければなりません。

志望動機と自己PRの違い

選考でよく聞かれる質問として、自己PRがあります。志望動機と同様に評価を決める上での重要な質問ですが、聞かれている意味が異なることは理解しておかなければなりません。

志望動機では入社意欲の高さや企業への興味関心の強さ、企業との相性のよさなどがみられています。一方で自己PRは、就活生にどのような強みがあるか、それを自社でいかに発揮できているかなどがチェックされています。

志望動機では「就職に向ける思いや仕事への意欲があるか」、自己PRでは「仕事で活躍するための能力や個性があるか」がみられているといえるでしょう。それぞれ聞かれる意味が違うことから、アピール内容が異なると理解しておく必要があります。

以下の記事では、志望動機と自己PRの違いについて解説しています。

志望動機の書き方

選考を有利に進めるには、志望動機の書き方を知っておくことが大切です。志望動機は面接だけではなく、履歴書やESなど書類選考の段階から問われます。この時点で上手にアピールができていないと、面接まで進めないため注意しなければなりません。

志望動機では入社に向けた自身の気持ちを伝えますが、ただ就職したいと述べるだけではアピールとして不十分です。そのため、どのような内容なら企業に評価されやすいのか、ポイントを把握して作成のコツを知っておきましょう。

結論から述べる

志望動機は冒頭で結論を述べることが大切です。なぜその業界や企業で働きたいのか、理由を明確にしておきましょう。結論を後回しにしてしまうと、なぜ就職したいのかがわかりづらくなってしまい、高評価につながらないケースが多いです

特に履歴書やESの場合は最初に結論が来ていないと、就職したい理由が最後までわかりません。冒頭の時点でなにをアピールしたいのかがわからないと、説得力のない志望動機だと思われてしまうことも多いため注意が必要です。

以下の記事では、志望動機の書き出しを魅力的にする方法について解説しています。

その企業でなければならない理由を伝える

志望動機で評価されるには、他社と差別化することが大切です。例えば「営業の仕事をしたい」という志望動機だと、あまりにも漠然としており本当にその企業に就職したいのかがわかりません。営業職なら他の業界や企業でもよいのではないかと思われてしまうでしょう。

なぜその業界を目指すのか、業界の中でも他社ではなくその企業を志望したのは何故なのか、理由を明確にするようにしましょう。他の企業と差別化するためには、志望企業ならではの強みや魅力を踏まえて志望動機を考えることが大切です。

他の企業にはない特徴を盛り込むことで、他社と差別化した志望動機が作成しやすくなります。

以下の記事では、志望動機を書きやすくする方法について解説しています。

志望動機の例文

志望動機を考えるには、作成時のポイントを正しく理解しておくことが大切です。しかし、ポイントを把握しているだけでは、実際にどのような構成、内容で書いてよいのかがわからず、スムーズに作成できないこともあります。

そのため、より具体的なイメージを持つためにも、志望動機の例文を参考にしておくのがおすすめです。例文の内容をチェックしながら、どのようなアピールをすると評価されやすいのかを知っていきましょう。

例文①

おもちゃの販売を通じて、お子様と家族が一緒になって楽しめる時間を提供したいと思い、貴社を志望しました。貴社は0歳時から10歳まで、幅広い年齢層を対象とした商品を持っており、安全性の高さが魅力だと考えます。お子様が楽しむことはもちろん、親御様も安心して使って頂ける商品を提供することで、多くのご家庭にかけがえのない時間を届けたいと考えています。貴社では営業職として精力的に働き、多くの販売店に貴社の商品を充実させることで利益に貢献したいです。

なぜその業界を志望するのか、冒頭で示すことが大切です。また、その業界の中でもなぜその企業なのか、他社と差別化した内容を提示することも、評価されるポイントといえます。他の企業にはない特徴を提示し、どこに魅力を感じたのかを伝えることで、他社と差別化した志望動機としてアピールできています。

例文②

多くの人の生活を支える建築業界をサポートすることで、社会全体の発展や住みやすさの実現にかかわりたいと考えています。貴社は建築素材の開発に強みがあり、特に安全性や耐久性の高い素材の開発、提供が強みです。私の父は建築業界で働いており、貴社製品は品質がとてもよいという話を聞きました。
私もプロから認められる素材づくりの企業で働きたいと考え、貴社を志望しました。さらに安全性や耐久性に考慮した素材の開発に携わることで、建築業界の発展とともに貴社の利益にも貢献したいと考えています。

企業とどのようなつながりがあるのかを提示することも、志望動機ではおすすめのポイントです。志望企業の商品やサービスを利用したことがあるなど、関わりがあることを示すと志望度の高さもアピールしやすくなるでしょう。

志望動機を聞く意味を理解して文章を作成しよう

志望動機は選考での評価を決める重要なポイントです。志望動機を作成する際には、なぜその業界や企業なのかを冒頭で明確にし、その上で他の企業ではなく志望先でなければならない理由を伝えましょう。

他の企業と差別化した志望動機を作成することが大切です。企業は志望動機から入社意欲や自社との相性などを確認しています

企業がなぜ選考の中で志望動機を聞くのか、その意味を正しく理解することで評価されるアピールを考えて選考を有利に進めましょう。

以下の記事では、面接における志望動機の長さについて解説しています。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ