面接対策

【就活の面接時間はどのくらい?】到着は何分前がいいかも解説

面接時間は企業によって異なる

就活の選考で実施される面接は、制限時間が設けられていることが多いです。しかし、明確に何分という決まりがあるわけではなく、どれくらいの時間でおこなうかは企業によって異なることを理解しておきましょう。

そのため、極端に短いケースもあれば長時間使って面接をおこなうこともあります。これは業界や企業によって異なるだけではなく、選考の段階によっても違ってくることがあります。

面接時間についての理解を深めておくことは、選考を有利に進めるためには重要です。また、面接の時間に関することで知っておくべきなのは、いつ企業に到着するかということもあげられます。面接そのものの実施時間から、何分前に企業に到着するべきかなどを知り、選考に役立てましょう。

以下の記事では、面接にかかる時間について詳しく解説しています。

就活の面接時間の違い

まずは面接の時間にはどのような違いがあるのか、基本的な部分から理解を深めていきましょう。業界や企業によってどれくらいの時間で面接をおこなうかは異なりますが、選考の段階によっても違いがあります。

一次や二次、最終面接で、面接時間が異なる場合が多いことは理解しておきましょう。面接段階ごとに時間がどのように変化するのか、理由も含めて把握しておくことが大切です。

一次面接は短い時間でおこなわれることが多い

最初の面接である一次面接は、比較的短時間でおこなわれることが多いです。企業によっても違いがありますが、基本的に30分以内であることが多く、場合によっては15分程度ということもあるでしょう。

企業によっては5分程度で終了することもあり、短時間で自分の魅力をアピールしなければなりません。一次面接が短時間で終了しやすいのは、応募者の絞り込みをおこなうという側面があるからです。

書類選考では大まかな絞り込みしかしておらず、気になった人は面接を通過させるという企業は少なくありません。そのため、一次面接の時点ではまだまだ応募者が多く、ふるい落としという意味で短時間で判断される傾向にあると考えましょう。

一次面接は時間が短い傾向にあるからこそ、短時間で魅力を伝えられるように簡潔なアピールを考えておくことが大切です。

以下の記事では、面接時間が短い要因について解説しています。

二次面接は30分~1時間程度かかる

ある程度人数が絞られてきた二次面接以降になると、長時間かけて面接をおこなう企業は少なくありません。二次面接では30分以上の時間をかけることもあり、場合によっては1時間程度に上ることもあるでしょう。

長い時間をかけて面接をおこなうのは、就活生の個性や強み、持っている能力などをより正確に判断したいと考えているからです。また、自社に合うか、仕事で活躍し利益を出せるかなどがシビアに判断されているといえるでしょう。

二次面接以降は十分に時間が用意されていることも多いため、いかに自分の魅力を伝えられるかが重要です。自分らしさを伝え、人間性を知ってもらうと同時に採用メリットもアピールしておかなければなりません。

以下の記事では、面接時間の長さと合否の関係について解説しています。

最終面接は1時間程度で長くなりやすい

内定が目前に迫った最終面接は、1時間程度と長時間実施されることも少なくありません。最終面接に合格すると内定が出され、企業への就職が決まります。

そのため、企業としても採用者を選ぶ重要な面接であり、誰に内定を出すのかを慎重に決めるためにも、長時間かけて面接をおこなうことが多いです。また、最終面接の時点では、応募者が少人数に絞り込まれており、ひとりに時間をかけやすいことも面接が長時間化しやすい理由といえます

最終面接は社長や役員など、経営層が面接官を担当する人が多いです。これまでの面接での評価をみながら、自社にふさわしいか利益に貢献できる人材かの最終判断が下されています。

企業にとって有益かみるために、面接には特に時間をかけているといえるでしょう。

以下の記事では、最終面接を通過するためのポイントについて解説しています。

面接時間の長さで合否を判断することはできない

企業によって面接時間の長さは異なりますが、これによって合否が決まるわけではありません。短時間だから不合格になる、あるいは長い時間面接をしてもらえたから合格するというわけではないことは理解しておきましょう。

面接にどれくらい時間を取るかは、企業の採用の方針や人事社員の体制などによって異なります。例えば、個人にじっくり目を向けて採用するという方針なら、面接にかける時間は長くなりやすいです。

もし人事社員が少なく、応募者が多い場合は効率的に選考をおこなうために、面接時間が短くなることもあるでしょう。企業の方針や社員体制など、さまざまな要因によって面接の時間は変動するため、面接時間だけで合否が左右されないということは理解しておく必要があります

以下の記事では、面接時間が短い理由について解説しています。

面接会場に到着する最適な時間

面接を有利に進めるには、いつ会場に到着するのか、その時間も考えておくことが大切です。面接に限らず、就活で遅刻は絶対にNGです。そのため、指定された時間に遅れないことは、大前提として重要であることは理解しておきましょう。

その上で、実際に何分前に到着することが望ましいのかを知っておくことが大切です。到着時間次第でも面接の評価が違ってくることは多いため、指定された時間のどれくらい前に着くべきか、到着後の対応も含めて頭に入れておきましょう

10分前に面接会場へ到着するのがベスト

面接会場への到着は、指定されている時間の10分前に着くのがベストです。企業に到着してからも、やることはあります。5分前に到着すると、実際の集合時間に間に合わないこともあるため注意しなければなりません。

面接に限らず説明会や内定後の集まりなど、10分前行動は社会人の基本的なマナーです。そのため、就活のうちから10分前行動の意識を持っておくことが大切であり、遅刻しないよう余裕を持って行動できるようにしておきましょう。

10分前行動を心がけることで気持ちにも余裕ができ、面接までに心を落ち着けることができます。

以下の記事では、面接の到着時間について解説しています。

準備中のこともあるため早すぎる到着はNG

遅刻しないように早めに企業に到着していることは大切ですが、あまりにも早いとかえって失礼になったり、企業に迷惑がかかったりすることもあります。

面接の際には企業でも会場の準備があり、到着時間が早すぎると企業側での受け入れ体制が整っていないことも少なくありません。早く着きすぎると、準備をしている間の就活生の対応に困ってしまい、企業に迷惑をかけてしまうことは理解しておきましょう。

また、到着時間が早すぎることで、時間を守れないと思われてしまうことがあります。到着時間は早すぎても、遅すぎてもよくありません。ちょうどよい時間が10分前であることを頭に入れておき、これより前に企業に着かないようにしましょう。

以下の記事では、面接の適切な訪問時間について解説しています。

入口で迷うなどのトラブルを見越した行動をする

指定された時間の10分前に企業に到着しておくことが望ましいのは、企業に到着してからのトラブルを見越して、時間に間に合うようにするためです。

例えば企業に到着したものの、入り口がどこかわからず周辺をぐるりと一周するという事態も考えられます。最寄り駅についてから道に迷ってしまうこともあるため、このようなトラブルがあっても遅刻しないように早めに行動することが大切です。

また、同日に面接を受ける人が多い、あるいは社員の多い企業では、エレベーターで時間がかかることもあります。特にオフィスビルに入っている企業の場合は、1階から企業のある階に移動するまでに時間がかかることも少なくありません

トラブルを見越して行動し、時間に間に合うためにも10分前に企業に到着しておくことは、必須であると考えましょう。

以下の記事では、面接の到着時間やマナーについて解説しています。

受付での対応方法

「おはようございます。○○大学○○学部から参りました、○○と申します。本日〇時より、面接のお約束を頂いております」

企業によっては受付に人がおらず、内線電話だけが置かれていることもあります。電話のみの場合は、企業につながる内線番号を押して面接に来た旨を伝えましょう。その後、電話の指示に従い面接会場へと移動します。

受付に人がいる場合は、受付であいさつをし同様に面接に来たことを伝えましょう。この場合でもまずは待合室に通されることが多いため、指示に従って移動し面接に呼ばれるまで静かに待機します。

以下の記事では、面接の受付マナーと好印象を残すためのポイントについて解説しています。

自分はどんな仕事に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、どんな仕事に向いているのか気になりませんか?
そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。
My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に向いているタイプか、診断してみましょう。

面接時間に遅れそうな場合の対応方法

面接には遅刻しないように余裕を持って出発する必要がありますが、電車の遅延などのトラブルで遅れてしまいそうになることもあります。もし遅れてしまいそうな場合は、素早い対処が必要です

対処せずにそのまま遅刻してしまう、あるいはぎりぎりに到着してしまうと面接官からの印象が悪くなってしまう可能性があるため、注意しなければなりません。

面接を受ける時点から悪印象を与えてしまわないためにも、遅刻しそうな場合の対処法は知っておきましょう。

早めに担当者へ電話連絡をおこなう

もし面接の時間に遅れてしまいそうな場合は、早めに担当者に電話で連絡を入れることが大切です。遅刻してしまってから連絡するのと、早めに連絡を入れる場合では相手に与える印象が大きく違ってきます。

仮に遅刻したとしても早めに連絡を入れているほうが印象はよいため、遅刻するかもしれないと思った時点で電話をしておきましょう。遅れそうだと電話をして、時間に間に合ったなら印象が悪くなることはありません。

遅れるかもしれない場合の連絡は電話が必須であり、メールでの連絡はNGであることも覚えておきましょう。メールで連絡してしまうと、担当者が確認していない可能性があります。

メールだと無断で遅刻したと思われる危険性があるため、遅れそうな場合は電話で連絡しましょう。

以下の記事では、面接に遅刻した場合の対処法について解説しています。

遅刻する際の電話例文

いつもお世話になっております。○○大学○○学部の○○と申します。人事部の○○様はいらっしゃいますでしょうか?

お電話代わりました。人事部の○○です。

お世話になっております。○○大学○○学部の○○と申します。本日〇時より面接のお約束を頂いておりましたが、電車が遅延しておりまして時間に間に合わないかもしれません。大変申し訳ございませんが、できるだけ早く到着できるように致しますので、何卒よろしくお願いします。

遅刻する場合は、起業に電話をかけ担当者につないでもらいましょう。その後何時からの面接なのかと、遅刻する理由を伝えます。

遅れても行く旨を伝えますが、場合によっては次の面接時間に繰り上げにしてもらえることもあります。そのため、まずは遅れることの謝罪と、少しでも早く到着するよう努力する姿勢をみせましょう。

以下の記事では、面接時間を間違えてしまったときの対処法について解説しています。

就活の面接時間を理解して選考に臨もう

就活の面接は、企業によって時間が異なります。選考の段階によっても面接の時間は異なるため、面接時間が長かった、あるいは短かったからといって、一喜一憂することはありません。

面接時間が短くても合格することはあり、反対に長時間面接をしてもらったとしても、不合格になることはあります。

そのため、面接時間に関係なく、与えられた時間の中で自分を最大限にアピールすることが大切です。また、面接の際には到着時間にも注意しなければなりません。

遅刻しないことはもちろん、早く到着しすぎることもNGであるため注意が必要です。面接時間についての理解を深め、事前の準備を徹底することで選考を有利に進めていきましょう。

以下の記事では、面接マナーについて詳しく解説しています。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ