面接対策

【ディスカッションの進め方】選考で評価されるためのコツを解説

選考にグループディスカッションを導入している企業は多い

グループディスカッションという言葉を、就活の中で聞いたことのある学生も多いでしょう。グループディスカッションを選考に導入している企業は多いため、しっかりと対策しておく必要があります。

とくに一次選考でグループディスカッションをおこなう企業が多いです。また、インターンシップなどでグループワークの一環として実施されることもあります。グループディスカッションについて理解し、対策や準備を進めておきましょう。

そんなグループディスカッションの基本的な進め方や、選考で評価されるためのコツについて解説していきます。

下記の記事では、グループディスカッションを行う企業の目的と評価のポイントについて解説しております。

グループディスカッションとは

グループディスカッションとは、3~10名のメンバーでひとつのグループとなり、議論をおこなう方法をいいます。就活では主に学生のみのメンバーでおこなわれ、30分~1時間程度で結論を導き出す形が一般的です。場合によっては、導き出された結論を代表者が発表する場合もあります。

グループディスカッションではチーム内での役割分担や、メンバー同士のやり取りなどから、参加者の持つ協調性や性格を読み解くことができます。個性や性格は一般的な面接だけでは理解しにくい部分のため、補完として企業が選考にグループディスカッションを取り入れることが多いです。

下記の記事では、グループディスカッションの目的から進め方のコツまで紹介しております。

グループディスカッションで評価されるポイント

グループディスカッションに参加した際、企業はどういった点を評価するのか気になる人も多いでしょう。

グループで議論するということもあり、一般的にチェックされるのは協調性や積極性、また問題を解決するための論理的思考力です。発言内容よりも、グループディスカッションにおける行動や取り組み方を重視しているといえます。

ここでは具体的に、グループディスカッションの中でどういったポイントが評価に繋がるのかについて、解説をしていきます。

協調性

グループディスカッションは、ひとりが意見を述べるだけでは成立しません。自分だけでなく周りの意見を聞けるか、また人に意見を促せるかが重要になってきます。

こういった点から、採用担当者は協調性の高さなどを確かめています。また周囲の参加者の表情を読み取れるか、参加者と会話ができているかどうかも、協調性の評価につながっていきます

議論において自分の意見を押し通そうとする人は、協調性があるとは評価されません。そのような人は、我が強く扱いづらい人と判断されてしまう可能性があるため、注意が必要がです。議論が円滑に進むように努めましょう。

下記の記事では、グループディスカッションの評価基準について解説しております。

論理的思考力

論理的思考力というのは、社会活動をするうえで重要な能力です。論理的思考力がある人は、物事を組み立てて考えることができ、理路整然と要点を説明することが得意です。また自分の意見について、具体的な根拠を示すこともできるでしょう。

アイデアを述べるだけではなく、自分の意見の裏付けや理由を分かりやすく説明できると、論理的思考力があると評価されます。論理的思考力は、どのような仕事でも求められる能力です。グループディスカッションに向けて、人に分かりやすく説明する練習をしておきましょう。例えばゼミ内の議論などで、意見を論理的に説明できるようにしておきたいところです。

下記の記事では、グループディスカッションのコツについて解説しております。

積極性

積極性ももちろん重要です。進んで発言することだけでなく、自ら行動を起こす力があるかどうかは大事なことでしょう。発言するのが苦手だからといって、議論の中で何も話さずリアクションもしないのでは、グループの空気を悪くしてしまいます。議論で積極的に意見を述べるというのは、空気をよくするためにも必要なことです

グループディスカッションでは、突拍子もないテーマが設定されることも多いです。そのようなテーマのときは、正解がみえない中でも積極的に動き出す力があるかどうかを評価されています。与えられたテーマに対して積極的に意見を述べ、解決に導こうとする姿勢をみせましょう。

下記の記事では、グループディスカッションの要点を紹介しております。

グループディスカッションの進め方

①前提条件の確認
②時間配分の決定
③アイディアの発散
④アイディアの収集とまとめ
⑤結論の発表

グループディスカッションでは、大きく分けて5つの手順があると考えておきましょう。これらの手順ごとにしっかりとメンバーと関わることで、よりスムーズな議論を進めることができます。

役割の有無に限らず、メンバーそれぞれがグループディスカッションの進め方を一通り頭に入れたうえで参加することが大切です。ここでは、具体的なグループディスカッションの進め方と、その手順について解説します。

①前提条件の確認

議題は企業から提示されます。まずは、議題について全員で定義や状況設定の確認をおこなうとよいです。

まず、議題に対してグループ内での目的や条件を設定し、話し合うべきテーマを具体的に決めます。示された課題に対してグループ内で状況を整理し、その上で適切な目的を設定する必要があると覚えておきましょう。その条件などはメモしておき、皆がいつでも確認できるようにしておくよいです。

まずは議論をおこなうまでに、各々で議題内容についての理解を深めておきましょう。話す前から自分の意見をある程度頭の中で考えておくと、後々の議論にスムーズに入ることができるでしょう

下記の記事では、グループディスカッションの進め方について解説しております。

②時間配分の決定

グループディスカッションは制限時間内で議論をしなくてはならないため、時間配分をどのように決めるかが重要になってきます。制限時間いっぱいまで話し合いをしていては、結論をまとめるための時間をとれないでしょう。

議論のための時間をできる限り長くとりたいでしょうが、最終的に結論をまとめるための時間も設定しておくようにします。議論の際も、それぞれ設定された時間を意識して話すといいでしょう

ここでとくに重要になってくるのが、時間配分について管理するタイムキーパーの存在です。議論の中でタイムキーパーになった際は、定められた時間が経過しないように、議論の進捗や流れを管理するよう心がけておきましょう。

下記の記事では、グループディスカッションのタイムキーパーについて解説しております。

③アイディアの発散

最初に前提条件を設定した時に、自分の頭の中で結論を考えているでしょう。各々の頭の中にあるものをここで発表し、アイディアとして提案しましょう。

それぞれのアイディアを発表する際は、何故そのアイディアが正しいと思うかという説明もしなくてはいけません。説明する際はなるべく具体的な数字や事実を並べ、独りよがりな意見ではないということを伝えるようにしましょう

また、誰が聞いても理解しやすいよう、簡潔に説明することを心がけるといいでしょう。自分の主観のみで考えた根拠のない意見では、問題解決のアイディアとして好ましくありません。主観やひらめきがきっかけであっても、客観的な理由をもって説明できることが重要です。

下記の記事では、グループディスカッションのテーマの例を紹介しております。

④アイディアの収集とまとめ

ここではそれぞれが出したアイディアを元にして、皆が納得できる結論を導き出すことが求められます。その際自分の意見のみを通すのではなく他人の意見にも耳を傾け、それぞれの意見をうまく活かす方法をみつけるようにしていきましょう。

この際、最初に定めた目的や条件から大きく外れた結論にならないよう、注意をするのも大事です。議論が目的からずれてきていると感じた時は、軌道修正するように促しましょう

アイディアがある程度まとまったら、結論として発表できる形にしておくことも重要です。後々発表の機会を設けられることもグループディスカッションでは多いため、他人に説明して理解されるような結論のまとめ方を心がけましょう。

下記の記事では、グループディスカッションを上手に進めるポイントを紹介しております。

⑤結論の発表

それぞれのグループごとに議論の結果を発表していくことになります。この時、発表のための時間制限が設けられていることもあるため、とくに伝えたいことを中心にしっかりと結論について話せるよう、発表者をひとり決めて話すといいでしょう。

もちろん結論は発表者だけではなく、メンバー全員の総意に沿うような内容にしなくてはいけません。発表者はグループ以外の人に結論を伝えることを意識して、発表しましょう。グループ内だけで通じるような話題は簡単に説明を入れるなど、誰が聞いても理解しやすいように話すことが重要です。

この結論の発表までできて、初めてグループディスカッションは一通り終了したということになります。最後まで気を抜かずに、自分たちの話し合った内容を正しく発表できるようにしましょう。

下記の記事では、グループディスカッション対策について解説しております。

役割を決める必要はない

グループディスカッションにおいて、役割を決めてその通りにグループを導いていくのが大事であると考える就活生もいるようです。しかしグループディスカッションで役割を決めるのは、あまりいい方法とはいえません。

とくに選考におけるグループディスカッションでは、こだわりすぎない方がいいでしょう。グループディスカッションでの役割分担は、メンバー内で自然と作られていく場合が多いです。採用担当者は参加者の人となりをみたり、合理的な自分たちの答えを出せるかどうかをみます。

そのため、まずは自分の意見を正しく伝えることを重視しましょう。もちろんある程度タイムキーパーなどの役割を設定するのは必要ですが、役割に徹しすぎて主体性をみせられないのはもったいないことです。

下記の記事では、グループディスカッションの自己紹介のポイントを紹介しております。

グループディスカッションを突破するコツ

グループディスカッションを突破するためには、役割を果たすことよりも進んで生産的な発言ができることの方が重要になってきます。

それに加えて、以下に挙げるコツを押さえておくと採用担当者はしっかりとそのポイントをチェックしてくれるでしょう。まずは以下のコツを頭にいれて議論するようにしていきましょう。

積極的に議論に参加する

まずは積極的に議論に参加するようにしましょう。具体的には、思いついたアイディアがあれば、どんどん発言していくというところから始めるとよいです。

グループディスカッションでは議論の時間が限られています。それも踏まえると、ひとりで考え込んでよりよいアイデアをひとつ挙げるより、結論につながるさまざまなアイディアを挙げていく方が議論を活発に動かすことにつながります

また、自分だけが意見を多く挙げればいいというものでもありません。自分だけ発言するのではなく、周りにも意見を促していけるとより協調性が評価されることになるでしょう。たくさんの意見が出てくることで、議論がより活発に進みます。

下記の記事では、グループディスカッションの練習方法を紹介しております。

人の意見を否定しない

議論である以上、グループディスカッションでは反対の意見が出てくることもあります。この際、頭ごなしに相手の意見を否定するのは評価を下げることになってしまいます。場合によっては、空気が読めない人と判断されてしまうこともあるでしょう。

反対意見が出た場合は、相手の意見を深く掘り下げるような質問をしましょう条件をつけて、意見に賛成するという方法もあります。相手の意見を認めて、その意見を持ち上げつつ自分の考えも述べていけるのが理想です。

あくまでも目的は全員で協力して結論にたどり着くことであり、自分の意見を押し通すことではないと覚えておきましょう。自分の意見だけを話の中で押し通すのは、議論とはいえません。

下記の記事では、グループディスカッションが苦手な人の対策の仕方について解説しております。

グループディスカッションでは積極的に議論に参加しよう

グループディスカッションと聞くと、議論ということで身構えてしまう人もいるでしょう。しかし、進め方やポイントを知っておくことで、より高い評価を得ることが可能になります。

選考ではありますが、周りと協力することがグループディスカッションでは大事であると知っておきましょう。

グループディスカッションで高評価を得るには、積極的な議論への参加が重要です。役割を持つと議論への参加が難しくなることもあります。役割を持つことにはこだわらず、議論の中で自分の意見を論理的に話せるように心がけるのが一番でしょう。

下記の記事では、グループディスカッションのテーマの例を紹介しております。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ