インターン

【長期インターンシップのメリット】就活で活かせるポイント紹介

長期インターンシップを就活で活かそう

就活を有利に進めていくためには、積極的にインターンシップに参加しましょう。中でも長期インターンシップでは、そこでしか学ぶことのできない貴重な経験をすることができます。

しかし、参加しただけで就活に活かせるとは限りません。長期インターンでは何を経験し、どんなことを学ぶことができるのでしょうか。これらを予め理解しておくことで、事前準備や参加目的を明確にして収穫の多い充実したインターンシップにすることができます。

ここでは長期インターンシップのメリットや、就活で活かせるポイントをまとめてご紹介しています。就活を勝ち抜くために、一緒に確認していきましょう。

そもそもインターンシップとは?

インターンシップとは、学生が興味のある企業を訪問したり、実際に働いたりする「職業体験」のことを指します。略称して「インターン」ともよく言われています。

インターンシップは実際に業務を行い、働く環境や会社の雰囲気に触れることで、説明会では分からなかった企業の理解を深めることができます。
仕事を経験するという観点では、アルバイトでも一緒じゃないの?と考える人もいるかもしれません。アルバイトでも仕事は経験できるかもしれませんが、募集がある業種や職種は限られています。

対して、企業が学生に対して会社を紹介するために開催するのが、インターンシップです。普段あまり触れることのない仕事にも挑戦できる機会があるため、より企業理解を深めることができるでしょう。

長期インターンシップの内容

インターンには長期インターンシップと短期インターンシップの二つに分けられます。長期インターンシップは約1か月~数年の期間で行われ、短期インターンシップは1日~一週間程度で開催されるのが一般的です。昨今、「1dayインターンシップ」と呼ばれる一日のみで行われるインターンは、十分な時間が確保できないため廃止されるとの情報もあります。

長期インターンシップでは、期間が長い分仕事への理解も深まるため、商品や売り上げに貢献することができるような業務に挑戦する機会も多くあります。学生という立場ではなく、一人の社員として働くことで、社会人レベルのスキルと知識を得ることができるのです。

短期インターンシップとの違い

長期インターンシップと短期インターンシップとの大きな違いは、期間だけではありません。先ほど伝えた通り一人の社員として働くため、業務内容も職業体験といったお試し感覚ではなく、実務の対価として時給や日給などお給料も発生します。実際に働きながら、様々な仕事に必要な社会人スキルを身に付けて成長できる環境があるのが、この長期インターです。

また、短期インターンは就活生向けに開催されますが、この長期インターンシップは学年が問われないことがほとんどです。そのため、早いうちから興味のある業界に携わることができるという利点があり、就活のスタートとして参加する学生も多いのです。

長期インターンシップ3つのメリット

それでは、長期インターンシップに参加することで得られるメリットとはどんなものがあるのでしょうか。インターンシップは参加しなければならないものではありません。参加しなくても内定を獲得した就活生も多く存在します。

しかし、参加することでしか得られないメリットもあるのです。そのメリットが、今後のあなたの就活で役立つことであれば、遠慮せず積極的に参加してみましょう。大切なのは参加したという「事実」ではなく、参加する「目的」なのです。

そこで、ここでは参加することのメリットを3つにまとめて紹介します。

1.ビジネススキルを養える

まず一つ目のメリットは「ビジネススキルを養えること」です。ビジネススキルとは、社会人が仕事をする上で、高いパフォーマンスを発揮するために必要とされるスキルのことです。このビジネススキルは、業界職種問わず、どの社会人にも共通するスキルです。
例としては、コミュニケーションスキル、ロジカルシンキング、タスク管理、セールススキルなど、その他にも社会人に必要とされるビジネススキルはたくさんあります。

それらのスキルは書籍や大学のキャリアの授業から学ぶことで、知識として身に付けることはできます。しかし、それをいざ社会人となり、実践的にスキルとして力を発揮するのは難しいでしょう。

長期インターンでは、社会人に囲まれた環境で、社員と一緒に働きます。その中で志望先の専門的なスキルを身に付けることはもちろん、社会人として共通のビジネススキルを磨くことも可能なのです。

実践的に学びながら、高いスキルを持ち合わせた社員の方を目標にして、よりスキルを高めていくことができます。
ビジネススキルを学生の内から身に付けていくことで、社会人になった時には当たり前に力を発揮できるので、新卒の中でも即戦力として働くことができるでしょう。

2.業界・企業理解に役立つ

そして二つ目は、「業界・企業理解に役立つこと」です。就職する前に、志望している業界や企業で職場体験ができるのは長期インターンとしてのメリットの一つです。志望している業界も、本当に自分に合っているかどうかは働いてみるまで分かりません。働く中で、その仕事の業務内容はもちろん、どんな環境で誰と働くのかも非常に重要なポイントになるからです。

今までは見えていなかった業界の要素や、企業で実際に働いたからわかる情報に触れることで、業界と企業の深い理解ができます。業界や企業について詳しくなれるため、情報を集める場としてインターンシップに参加する人もいるでしょう。

それだけではなく、実際に仕事をする中でのやりがいや求められる能力、今までは知らなかったその企業の魅力を肌で実感できるのも長期インターンシップです。ますますその業界に対する想いが増して就活のモチベーションになります。
また、自分にはあっていないかもしれないと気が付き、新しい業界の発見にも繋がるかもしれません。

3.人脈が広げられる

最後に「人脈が広げられること」です。長期インターンに参加する中で、たくさんの社員の方や同じくインターンに参加している学生に出会うことができます。年齢や世代の枠を超えて交流することは、普段なかなか味わえない貴重な体験になります。数日ではなく、ある程度の長い期間共に過ごす中で、親交を深めることができるので、就活の悩みや仕事に関しての課題を一緒に解決することもできます。

こうしてできた人脈は、インターン中のみならず、社会人になった後でも新しい気付きを与えてくれます。例えば、面倒を見てくれた社員の方から知り合いのOBを紹介してもらい、別の企業の情報を集めることができます。また、インターンで仲良くなった学生とは、将来的に働く場所は違えど、仕事のこと相談できる仲間になったり、一緒にビジネスをする仲間になったりするかもしれません。

人脈はできて損するものではありません。人生を豊かにしてくれる大切なものです。新しく人と出会い、関係を構築し、そして新しい世界を見ることができることも、長期インターンならではのメリットなのです。

長期インターンシップ3つのデメリット

ここまで長期インターンシップの様々なメリットについて紹介してきましたが、デメリットも存在します。デメリットを把握しておくことで、見落としがちなミスを未然に防ぎ、リスクを最小限に抑えることができます。メリットとデメリットは紙一重です。捉え方によってはどちらも逆になり得るのがメリットとデメリットです。

ここでは長期インターンシップの新たな一面であるデメリットをご紹介します。

1.一人の社員としての責任感が必要

一つ目のデメリットは「一人の社員としての責任感が必要」ということです。学生といっても、インターン生は一人の社員としての姿勢を求められます。長期インターンシップは、メリットでも述べたように実務を任せてもらえるような機会をが多くあります。

これはメリットとも捉えることも出来ますが、失敗してはいけないプレッシャーのある業務を任せられたと捉えればデメリットにもなり得ます。任される仕事やそのレベルは企業によって異なりますが、与えられた仕事はしっかりと責任をもってやり抜く覚悟は必要になってきます。
生半可な気持ちでインターンシップに参加するのではなく、参加する目的を持ち続けていけば、必ず成長できます。

2.学業との両立が難しい

二つ目は「学業との両立が難しい」という点です。企業によっては週の出勤日数が決まっていたり、企業から出勤日を指定されたりする場合があります。その場合は授業との兼ね合いを考えなければなりません。自分で出勤日を決められる場合だとしても、テスト期間と被ってしまったらどうでしょう。締め切りのある長期インターンの業務と、同じく締め切りのある大学のレポート。

もちろん学生にとっては授業が本業ですが、その場合は満足にインターンに参加できないかもしれません。
また、自宅、大学、企業の立地によっては時間の使い方を考える必要があります。必ずしもこれら全てが近いとは限らないので、移動時間も考慮しましょう。
長期インターンシップと学業を両立するためにはスケジュール管理がとても大切です。

3.稼ぐには不向き

長期インターンシップではお給料をもらえる場合が多いため、アルバイトとしてインターンをする学生も少なくありません。しかしインターンは「稼ぐには不向き」というデメリットがあります。それはアルバイトと比べて勤務が可能な時間帯が少ないからです。

大学生がよく行う飲食店、塾講師、アパレル関係のアルバイトは、土日祝日、夜間の時間帯でも働けることが多いです。しかし、長期インターンシップでは平日のみで日中の勤務を求められるケースがほとんどです。
企業によっては、土日や夜間勤務があるインターン先ももちろんありますが、少数派といえるでしょう。世の中の働く社会人を想像してみると、朝出勤して日中働き、夜帰宅する。そのリズムに合わせてインターンをするわけですから、その時間に合わせることができないと、実務の対価としてのお給料もなかなかもらえないわけです。

働くことを経験し様々なことを学びながら、お給料がもらえるのはメリットのようにも思えますが、お金を稼ぐことを目的に長期インターンシップに参加すると満足できないかもしれません。

アルバイトと長期インターンシップの月収趣味レーションによる比較の画像
月収シミュレーション

就活での活かし方

長期インターンシップのメリットとデメリットが分かったところで、就活ではどのように活用できるのかをご紹介します。
せっかく時間を割いてインターンに参加するのであれば、そこで学んだことを就活に活かさないわけにはいきません。またどのように就活で活用できるかを知っておくことで、長期インターンに参加する際の目的もさらに明確になり、より充実したインターンシップになることでしょう。就活でどのように長期インターンシップを活用できるか、ここでは二つご紹介します。

企業とのミスマッチを防げる

就活の失敗の原因ともなる「企業とのミスマッチ」これは長期インターンシップの参加で防ぐことができます。内定をもらい、いざ入社してみたら、自分のしたいことと違った、こんなはずじゃなかったとギャップを感じることをミスマッチと言います。志望している企業に入社するために一所懸命に努力をし、ようやくつかみ取った内定であるはずなのに、入社後やっぱり違ったと思い辞めてしまうのは、その就活生にとっても企業側にとっても残念なことです。

長期インターンシップでは、実際に職場で働くことで業務内容のみならず、どんな社員がいて、どのような雰囲気、文化があるのかをイメージではなく、実際に感じることができます。長期インターンシップのメリットの二つ目でご紹介したように、このインターンに参加することで業界・企業研究ができるので、結果的に企業とのミスマッチを防ぐことができます。

長期インターンシップに参加する際は、実際に自分が将来働くことをイメージして参加すると新しい発見があるかもしれません。

自己PRや志望動機に活用しよう

自己PRや志望動機に長期インターンシップを活用しましょう。これは短期ではなく、長期インターンシップに参加したからこそアピールできることです。
実際に社員として業務を任せられ、それを遂行した経験は、企業にとっては「即戦力」として活躍できる人材だと評価してもらえるかもしれません。 実務経験に基づいた経験は説得力があり、納得感のある自己PRになります。
また、志望動機としても実際に働いた経験があるため、その時の感情や自分の成長も実体験に基づいているため、「だからこの企業を志望する」ということがリアルに伝わるのです。

そのような自己PRや志望動機を作成するためには、「なぜ」インターンに参加し、「何を」経験し、「どんなスキルを」身に付け、これからどう活かしていけるのかを話せるようにしておく必要があります。

長期インターンシップに参加する際は、今後その経験をどう活かしていくかを見据えておくと、より効果的に就活に役立てることができるでしょう。

長期インターン参加方法

長期インターンシップに参加するにはいくつかの方法があります。その中でも今回は二つに絞ってご紹介します。

1.ナビサイトを利用して参加したい企業を見つける
2.大学のキャリアセンターから情報を集める

長期インターンシップは、参加したい人全員が参加できるわけではありません。会社の仲間として迎え入れ共に働くわけですから、それなりに選考や面談などもあります。だからこそ、どんな企業でインターンをしてみたいのか、インターンシップで何を得たいのかなどしっかりと考えながら、二つの参加方法を試してみてください。

ナビサイトを活用する

一番取りかかりやすいのはナビサイトを活用する方法です。今ではマイナビ、リクナビをはじめ多くのナビサイトが存在します。長期インターンシップ限定のナビサイトから、地方に特化したナビサイト、理系体育会系に特化したナビサイトなど様々なものが存在します。ナビサイトでは、自分が指定した条件から探すことができたり、以前参加したことのある学生の口コミや、企業からのメッセージをみたりして決めることができます。

多くの情報の中から、一つの企業を見つけることで、その企業でインターンをしたいという想いは明確になっているため、選考や面談でも「なぜこの企業を選んだのか」という想いを伝えることができるでしょう。

大学のキャリアセンターから情報を集める

そして二つ目は大学のキャリアセンターから情報を集める方法です。キャリアセンターとは、大学が学生の就活支援を目的に設置している施設のことです。その大学に所属している学生であれば、誰でも利用することができ、就活情報を掲示したりやキャリア相談を行っています。

インターンシップ情報もこのキャリアセンターでよく紹介されています。大学という機関を通していることもあるため信頼性があり、「ナビサイトでは情報が多すぎて無理」という方にはおすすめできます。過去の自分の大学の先輩が参加していた企業、また現在先輩が働いている企業からの求人もあるため、参加できれば交流も深めやすいでしょう。

まだキャリアセンターを利用したことがない方はぜひ行ってみてください。

長期インターンで踏み出す社会人の第一歩

長期インターシップに参加するうえで一番重要なのは、参加する目的です。なんとなく参加してみようという気持ちだと、インターンは苦しいものになってしまいます。何を得たいのか、どんな成長をしたいのか、まずはざっくりしていてもいいので考えてみましょう。

そして「参加してみたい」という思いを大切にしてください。インターンシップを含め就活は自分から行動に移さないと始めることはできません。そのインターンに興味を持ったということはこれから未来を作る大切な「きっかけ」になります。

長期インターンシップでは、まだ見たことのない新しい社会を経験することになるでしょう。大学生はよく、学生でも社会人でもないちょうど真ん中の存在だと言われています。まずは長期インターンに参加して、社会人としての第一歩を踏み出してみましょう。必ずあなたの成長になるはずです。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ