履歴書

【履歴書は手書きとパソコンどちら?】それぞれのメリットデメリット

履歴書の作成方法で迷う人は多い

履歴書は手書きでもパソコンでも作成できるため、どちらにすべきかで迷う人は多いです。履歴書の作成方法は、どちらを選んでも問題ありません。ただし、作成方法ごとに注意点があるため、これは理解しておきましょう。

履歴書はどのような内容でアピールするかだけではなく、正しい方法で作成できているかも重要です。作成のルールを守れていないと、それだけで印象が悪くなってしまい、場合によっては評価を下げられてしまうこともあります。

アピール内容がよかったとしても、作成方法の部分で失敗すると、選考では不利になってしまいます。手書きとパソコンそれぞれのポイントを把握し、正しいやり方で履歴書を作成して、選考を有利に進めましょう。

下記の記事では、手書きの履歴書が好まれる場合の理由について解説しております。

指定が無い場合は手書きかパソコンどちらでもよい

最初に知っておきたいのは、企業からの指定がない限り、履歴書は手書きとパソコンのどちらで作成してもよいということです。作成方法次第で履歴書を受け付けてもらえないということはないため、自分がやりやすい方法を選ぶとよいでしょう。

ただし、企業によって手書きとパソコン作成のどちらが好まれるかは異なります。そのため、志望先の企業に合わせて履歴書の作成方法を変えたほうが、より高評価は得やすくなるでしょう。

個性が伝わるため手書きを好む企業はある

パソコン作成での履歴書を指定する企業も増えましたが、手書きで作成された履歴書を好む企業はまだまだ多いです。とくに歴史の長い企業など、昔ながらの風習を大切にしている企業では、手書きのほうが好印象になることもあります。

手書きの履歴書が好まれるのは、就活生の個性が伝わりやすいという点にあります。手書きの文字からは人柄が伝わりやすいと考える企業は多いです。就活生の個性をできる限り詳細に知りたいと考える企業ほど、手書きの履歴書が評価されやすい傾向にあります。

そのため、人柄重視で採用を決める企業では、パソコン作成よりも、手書きの履歴書のほうが印象がよくなりやすいです。もちろん、パソコン作成だからといって、それだけで評価が下がるわけではないことも覚えておきましょう。

下記の記事では、履歴書の種類について解説しております。

効率性を重視する企業からはパソコン作成が好まれる

人柄をよりも効率性を重視する企業では、手書きよりもパソコンで作成した履歴書のほうが、好まれやすい傾向にあります。IT業界の企業やベンチャー企業などでは、とくにパソコン作成した履歴書を好むことが多いため、この点は頭に入れておきましょう。

業務の効率性を重視する企業では、手書きの履歴書だと採用担当者が読みづらいと感じ、マイナスの印象を与えてしまうこともあります。もちろん、手書きの履歴書だからといって、それだけで不採用になるわけではありません。

しかし、企業の特徴に合わせて作成方法を変えたほうが、高評価にはなりやすいです。IT関係の企業や、効率性を重要視する企業を志望する場合は、履歴書はパソコン作成したほうが無難でしょう。

下記の記事では、履歴書の使い回しがNGな理由を解説しております。

作成方法を指定されるケースもある

企業によっては履歴書の作成方法を指定されることもあります。指定がある場合は、それに従わなければなりません。手書きと指定されているのにパソコン作成したり、パソコンと指定されているのに手書きで作成したりすると、大幅に評価を下げられてしまいます。

これは、ルールが守れていないと判断されるためであり、場合によっては応募規定を満たしていないとされ、その時点で不合格になることもあります。指定方法を守ることは、応募の大前提であるため、この点は理解しておきましょう。

指定がない場合はどちらの方法を選んでも構いませんが、指定があるならそれに従うことは必須です。募集要項に小さく記載されていることもあるため、指定の有無は見落とさないようにしなければなりません。

下記の記事では、履歴書の書き方について解説しております。

履歴書を手書きで作成するメリット・デメリット

履歴書を手書きで作成しようと考えているなら、このメリットとデメリットを知っておくことが大切です。手書きでの作成にはメリットがありますが、反対にデメリットもあるため、注意しなければなりません。

デメリットを知らずに手書きで作成してしまうと、就活で失敗する可能性もあります。履歴書の作成は選考の中でも最初の段階であり、ここでつまづくと就活はスムーズに進められません。履歴書作成の段階で失敗しないためにも、メリットとデメリットは両方正しく理解しておきましょう。

人柄や熱意が伝わりやすい

履歴書を手書きで作成するメリットとしては、人柄や熱意が伝わりやすい点があげられます。手書きの履歴書は、文字から人柄が伝わりやすく、自分の魅力や特徴などをより細かくアピールできます

また、手書きでの作成には時間がかかり、パソコン作成よりも労力を必要とするため、熱意がアピールできる点も魅力です。履歴書は1枚作成するだけでも時間がかかり、とくに手書きだと1時間程度かかることも多いです。

それだけ時間をかけて手書きで作成するということは、志望度も高いと企業が判断するため、好印象を与えやすくなります。人柄や熱意を強く押し出してアピールしたい場合は、労力のかかる手書き作成のほうが、評価につながりやすいでしょう。

下記の記事では、履歴書の内容の書き方を紹介しております。

作成に時間がかかる

人柄や熱意をアピールしやすいことは、履歴書を手書き作成するメリットです。一方で、作成に時間がかかる点はデメリットです。就活では同時に複数社に応募することも多く、履歴書の作成だけでも多くの時間がかかってしまいます。

履歴書の提出期限が複数社で重なってしまうと、作成に時間を取られてしまい、プライベートの時間がなくなったり、選考の対策ができなくなったりする可能性があります。アピールはしやすいものの、反面作成時に負担が多くなってしまいやすいことは、理解しておかなければなりません。

人によって応募する数は異なりますが、10社以上になることは多いです。30社以上応募するという人もいるため、すべて手書きで作成するとなると、膨大な労力がかかってしまうでしょう。

下記の記事では、履歴書を手書きにする理由について解説しております。

履歴書をパソコンで作成するメリット・デメリット

手書きで作成する場合と同様に、パソコン作成する場合もメリットとデメリットの両方があります。企業によってはパソコン作成したほうが印象がよくなることもあるため、メリットとデメリットはそれぞれ知っておくことが大切です。

とくにデメリットには注意が必要であり、これを把握していないと、書類選考で不利になってしまう可能性があります。パソコン作成ならではの特徴を理解して、手書きとはどのような違いがあるのか、さらに理解を深めていきましょう。

読みやすいものを短時間で作成できる

履歴書をパソコン作成する場合は、読みやすいものを短時間で作成できるという点がメリットです。就活では履歴書を何枚、あるいは何十枚と作成しなければならず、時間がかかってしまいます。

しかし、パソコンで作成する場合は、フォーマットを用意しておくと、スムーズに量産できる点は魅力です。また、手書きの場合はミスがあると書き直しとなりますが、パソコン作成の場合はミスがあってもその場で修正できます。素早い修正が可能な点も、効率的に履歴書を作成できる理由のひとつです。

同じ内容の使いまわしはできないものの、フォーマットを作っておくことで、履歴書はスムーズに作成できます。就活では面接対策など、履歴書の作成以外にも時間がかかることが多いため、スムーズに作成できることは大きなメリットです。

下記の記事では、履歴書をパソコンで作成する際のポイントについて解説しております。

熱意を伝えづらい

作成の手間はそれほどかからないものの、パソコン作成の履歴書だと採用担当者に熱意を伝えづらい点はデメリットです。パソコン作成した場合は、仕上がりが均一となるため読みやすいものの、誰が書いたのかがわからなくなります。

手書きと違って文字から人柄を読み取ることができず、どのような人材なのかが判断しづらい点はデメリットといえるでしょう。また、手書きよりも簡単に作成できることで、企業によっては熱意が足りないと判断することもあります。

時間をかけて手書き作成したほうが、志望度が高いとみなす企業もあり、この場合はパソコン作成というだけで、マイナスの印象を与えてしまいます。作成の手間を省けるものの、場合によっては印象が悪くなる可能性があることは、理解しておきましょう。

下記の記事では、履歴書の文字の大きさとフォントについて解説しております。

履歴書を手書きで作成する際の2つの注意点

①読みやすさを意識して丁寧に書く
②修正テープや修正液は使用しない

手書きで履歴書を作成しようと考えているなら、注意点も知っておく必要があります。注意点を把握しておかないと、作成時に失敗してしまうだけではなく、マイナス評価につながってしまう可能性もあります。

手書きならではのメリットを活かすためにも、注意点は正しく理解しておかなければなりません。履歴書を手書きで作成する場合の注意点は、大きく2つです。それぞれ正しく理解して、手書き作成ならではのポイントを頭に入れておきましょう。

①読みやすさを意識して丁寧に書く

文字の書き方によって読みづらくなってしまうこともある手書きの履歴書は、読みやすさを意識しながら、丁寧に作成することが大切です。雑に書いてしまうと、せっかく手書きで作成しても、熱意が足りないと判断され、評価を下げられてしまう可能性があります。

また、雑な文字だとアピール内容が読めなくなってしまい、場合によっては評価されないこともあるため、注意しなければなりません。字の上手い下手は人によって違いますが、丁寧に書くことは意識すればできます。

そのため、雑であると、ガサツな人とも思われかねません。履歴書は失敗のないように書くだけではなく、ゆっくり丁寧に書くことも意識しておきましょう

下記の記事では、履歴書で枠からはみ出す場合の対処法について解説しております。

②修正テープや修正液は使用しない

手書きの履歴書でもし書き間違いがあった場合でも、修正テープや修正液を使用して訂正してはいけません。修正テープなどを使うのは履歴書作成においてはNGであり、マナーが守れていないと判断されます。

マイナス評価にもつながってしまうため、間違えてしまった場合は最初から書き直しましょう。間違った部分は二重線を引き、訂正印を押すという方法でも訂正できますが、このやり方もおすすめできません。訂正印を押す方法で訂正してしまうと、書き直しをしなかったということで、熱意が足りないと思われてしまう場合があります。

書き直しの手間を増やさないためにも、履歴書はゆっくり丁寧に書き、ミスのないよう慎重に作成することを心がけましょう。

下記の記事では、履歴書の誤字への対処法について解説しております。

履歴書をパソコンで作成する際の3つの注意点

①フォーマットを活用する
②読みやすさに気を配る
③データで提出する際はPDFファイルに変換する

履歴書をパソコン作成する場合にも、手書きと同じでいくつか注意点があります。注意点が守れていないと、採用担当者からの評価が下がってしまうこともあるため、注意しなければなりません。

パソコン作成ならではのメリットを得るためには、注意点を正しく把握し、ポイントを守って履歴書を作成することが大切です。パソコン作成における注意点は、大きく3つあげられます。それぞれの注意点を頭に入れ、評価される履歴書の作成を目指しましょう。

①フォーマットを活用する

履歴書をパソコン作成する場合は、一から作成せずにすでに完成しているフォーマットを使用することがおすすめです。自分で一から作成して履歴書を完成させても問題はありませんが、最初の1枚を書き上げるまでに時間がかかってしまいます。

また、必要な項目が不足してしまい十分にアピールができない可能性もあるため、この点にも注意しなければなりません。履歴書のフォーマットはネット上に多数公開されているため、これを利用しましょう。

ただし、フォーマットを使用する場合は、新卒用かどうかをチェックしておかなければなりません。履歴書にはさまざまな種類があり、記載できる項目が異なります。自己PRや志望動機などの欄が大きいものが新卒用であるため、フォーマットはこれを選びましょう。

下記の記事では、履歴書のテンプレートを紹介しております。

②読みやすさに気を配る

人によって文字の上手い下手が出ないことがパソコン作成する魅力ですが、フォントや文字の大きさによって、読みやすさは違ってきます。そのため、少しでも読みやすくするために、使用するフォントや文字の大きさは意識しておきましょう。

文字はできる限り大きくしておき、フォントも明朝体など、フォーマルなシーンでも使用できるものを選ぶことが大切です。ゴシック体やポップなフォントを使用してしまうと、フォーマルなシーンに即さないと判断され、マイナス評価になってしまうため注意しなければなりません。

また、履歴書では余計な装飾は不要です。絵文字をつけたり、枠に色をつけたりする必要はないため、シンプルに作成することを意識しましょう。

下記の記事では、就活用履歴書のサイズ選びについて解説しております。

③データで提出する際はPDFファイルに変換する

企業によっては履歴書を書類ではなく、データで提出することもあります。データで提出する場合は、拡張子をPDFにして送信しましょう。PDFは編集できないファイル形式であり、他の人が内容を改ざんする心配がありません。

また、別のファイル形式だと、企業が使用しているパソコンによっては開けないこともあります。PDFならこの心配がないため、提出したものが開けないというミスも発生しません。

ただし、企業によってはPDFではなく、ワードなど別のファイル形式での提出を求めることもあります。この場合は、指定されたデータ形式にしてから、提出しなければなりません。企業ごとにどの形式で履歴書を受け付けているかは異なるため、使用できるデータ形式は確認しておきましょう。

下記の記事では、履歴書をPDFで提出する時の作り方について解説しております。

履歴書は手書きでもパソコンでも丁寧に作成しよう

履歴書は手書きとパソコンのどちらで作成しても構いません。企業からの指定がないなら、自分がやりやすい方法で作成しましょう。

ただし、どちらの方法を取る場合でも、丁寧に作成することは心がけなければなりません。手書きの場合は誤字脱字がないようにするだけではなく、字を丁寧に書くことを意識しましょう。熱意や人柄が伝わりやすい手書きの履歴書は、文字を雑に書いているとアピール力が下がり、マイナスの印象を与えやすいです。

また、パソコン作成でもミスがあると、評価を下げられてしまうため、注意しなければなりません。手書きとパソコンのどちらの方法でも丁寧に作成することを心がけ、書き間違いなどのミスがないか確認しておきましょう。

下記の記事では、大学指定の履歴書を使うメリットについて解説しております。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ