グループディスカッション

【ディスカッション対策ガイド完全版】その目的〜進め方のコツや役割についてまで徹底解説!

就活でディスカッションを行なう目的とは

近年、多くの企業の選考でグループディスカッションが行なわれますが、そもそも何のために実施されるものでしょうか。それは、採用側が、学生が実際に働いている時の状況を具体的にイメージしたいからです。グループディスカッションを通じて、会社のミーティングの場などで、どのように動くのかなどが想像しやすくなります。
ですが、グループディスカッションでは、正直なところ、たった30分程度のディスカッションであるため、一定以上の能力の人は優劣があまりつきません。ですので、企業にとっては面接に向けての足切りにしか過ぎないケースが多いです。つまり、グループディスカッションにおける最低限の役割をすることができれば、通過できます。今回はその役割を中心に、お伝えします。

関連記事

グループディスカッションを行う企業の目的と評価のポイント

ディスカッションで扱われやすいテーマ(題材)

ディスカッションのテーマには、「コンビニで売れる新商品の開発」や「企業にふさわしいキャッチコピー」「社会人が活躍するための条件」などさまざまなものがありますが、いずれも意図があっての設問となるケースが多いです。今回は、扱われやすいディスカッションのタイプをご紹介していきます。

タイプ①Yes・Noのどちらか決定する

例:東京オリンピックの開催の是非について

賛成派と反対派に分かれて、とあるテーマの是非を検討するタイプがあります。この場合、個人の信条としてどちらを支持するかどうかということではなく、出すべき答えに対して、どのように論理的な説明を組み立てていくか、という点がポイントとなってきます。

回答例:結論、私◯◯は東京オリンピックの開催について賛成です。理由は大きく二つあります。一つは~で、具体的には…ということ。二つめは、~で、具体的には…ということがあるからです。以上、賛成であると主張します。

結論→理由→根拠、という順で、情報を整理して伝えていくということと、その際に、その理由や根拠につじつまがあっているかどうか、という点は面接官が見るポイントとなります。理由が複数ある場合は、はじめに「大きく◯つです」など、その個数を表明することで、わかりやすく伝えることができます。

タイプ②抽象度の高い設問を解決するケース

例:200年後の人類にとって、スマートフォンに替わる必需デバイスはどのようなものになっているか答えよ

「200年後の人類」というテーマ設定自体、面接官も知っていることではないので、限られた情報をもとに、推論をしていく必要があります。

回答例:結論、私◯◯は「200年後の人類にとってスマートフォンにかわる必需デバイス」は◯◯である、と考えました。理由は大きく二つあります。一つは~で、具体的には…ということ。二つめは、~で、具体的には…ということがあるからです。以上、賛成であると主張します。

こちらも回答の手順としては、上述のケースと同様ですが、いかに現状の社会に存在する情報から、精度の高い仮説を組み立てていくかという点がポイントになります。ソフトバンクの孫正義さんは、300年後の日本を想定したうえで、自社をどのような企業にしていくかということでも知られていますが、経営者やそれに近しい人は「抽象度の高い思考」が求められる機会が多くあります。のちの経営層に入れてもいいような人材かどうか、といった点が見られる質問例、とも言えるでしょう。

そのほかのタイプについて

企業よっては、業界に関係する時事問題を題材とするケースも多いです。例えば、金融系だと「ATM手数料の価格改正をするならいくらか」や、不動産の場合は「デベロッパーとして必要な条件」などがテーマとしてあげられます。テーマの意味が理解できないとディスカッションが成り立たないため、その業界・企業に関する知識を事前におさえておきましょう。

関連記事
https://shukatsu-mirai.com/archives/19568

ディスカッションの上手な進め方とコツについて

ディスカッションには役割があるため、上手く立ち回るには自分に合うものを選びましょう。ディスカッションの役割は、司会者、書記、監視者、タイムキーパーの4つです。

①司会者の役割とコツ

司会は、議論を活性化させるためにメンバーの意見を引き出す役割があります。全体を見渡して、発言が一部のメンバーに偏らないようにしなければいけません。議論をスタートする時に決めた目的やゴールに対して、それたディスカッションとならないように、進行していくことが期待されます。コツとしては、ディスカッションを始める最初の数分で、参加するメンバー全員から不信感をもたれないよう、笑顔で、公平さを意識することが重要です。

②書記の役割とコツ

書記は、メンバーの意見を板書していく役割です。意見の内容ごとにまとめて書くなど、分かりやすさを重視しましょう。議事録を書くということは、一見して簡単であるように思われがちですが、実はかなり難易度の高い役割です。コツとしては、情報を極力簡潔に書いていくということと、できるだけ箇条書きにして、内容が端的に伝わりやすいようにメモをとっていくことが期待されます。

③監視者の役割とコツ

監視者は、ディスカッションが正しく進行するように監視する役割です。メンバーから出る意見が、本来の目的から、議論がそれていないかを気に掛けましょう。状況に応じては、司会者がこの役割を担うこともありますが、課題解決に対して、ブレがないかどうかということをしっかり意識することが期待されます。

④タイムキーパーの役割とコツ

タイムキーパーは、ディスカッションの時間を管理する役割です。結論を出す時間を考慮して、まとめに入るタイミングを呼び掛ける必要があります。こまめな確認と報告が、期待される役割です。

関連記事
https://shukatsu-mirai.com/archives/19568

ディスカッションをさらに理解するためのおすすめ書籍

①東大生が書いた 議論する力を鍛えるディスカッションノート

まず一番最初に、分厚い理論書などを読むのではなく、本書がおすすめです。理由は、語り口調の文体で書かれているため、無理なく読むことができるという点と、かなり具体的に、ディスカッションにおいて担うべき役割が記述されているため、この一冊から始めるのが良いでしょう。

https://store.toyokeizai.net/books/9784492557525/

②ファシリテーションの教科書

グロービスから出ている分厚い解説書。主に、司会者(ファシリテイター)としてその場をどのように回していくかについて、詳細が記述されています。思考のプロセスについてていねいに書かれていることと、用語の解説もていねいなので、辞書としても利用することをおすすめしたいです。

https://store.toyokeizai.net/books/9784492533482/

関連記事
https://shukatsu-mirai.com/archives/19608

ディスカッションでは自らの役割を徹底しよう

上述してきましたように、ディスカッションとは自らの役割をしっかりと理解して、その役割に徹することが重要です。自分だけがいい意見を言えばいいというわけではなく、あくまでも目的は、議論する際のゴールに必ずたどり着くということが大切です。
時には上手くいかないこともあるか思いますが、毎回自分がどんな価値をチームにもたらせたのか、真摯に向き合うことで必ず突破できます。ここに書かれたポイントを守って、グループディスカッションを突破しましょうね。