グループディスカッション

4つの練習方法でグループディスカッションを完全攻略|実践で使えるテクニックを身につけよう

グループディスカッションの練習方法①知らない人に話しかける

グループディスカッションで一番見られているのは、積極性とコミュニケーション能力です。そのため、積極的に話かけるだけのコミュニケーション能力が必要になります。

グループディスカッションでいきなり初対面の人達の中で議論をするというのは、想像しているよりも難しいものです。人見知りをしないという人ならまったく問題ないでしょうが、そういう人もなかなかいないでしょう。言いないことが言えないという場合もよくあることなのです。

日常生活や説明会を利用して場数を踏む

「グループディスカッションで自分の意見が言えない」とならないために、知らない人にも積極的に話しかける練習をしていきましょう。例えば、コンビニの店員さんに挨拶してみたり、説明会で隣になった人に積極的に話しかけてみたり、知らない人と話す練習をしてみてください。そういったことでも十分に場数を踏んでいることになります。

グループディスカッションの練習方法②過去のお題を参考に考える

つぎはグループディスカッションで意見を言うために、自分の意見を作る練習をする必要があります。話す練習をして遠慮なく発言できるようになっても、自分の意見がなければ何の意味もありません。確かに積極性や協調性は評価されるかもしれませんが、それだけではやはり評価の対象にはなりません。一人で議題を解決策まで持っていけるだけの思考力を身につけましょう。

結論と理由を考える力を身に着ける

グループディスカッションの過去にでたお題を調べて、それについて日々一つづつ自分の中で答えを出してみるのもいいですし、突拍子もない問題を頭の中で作り、それに対して答えを出していくという練習も効果的でしょう。たとえば、「全国に信号機はいくつあるかという問題などです。自分の中で結論と、なぜそう思うかという論理を考える力を身に着けられるよう、日々練習してみてください。

グループディスカッションの練習方法③練習会に参加する

最近では、グループディスカッションの練習会というものも、探せば多数あります。そういった会に参加して、実際のグループディスカッションの雰囲気を体験してみるというのもありでしょう。実践での経験を積むのはなかなか難しいかもしれませんが、こうして知らない人たちの中にまじり、知らない場所でグループディスカッションをできれば、もはや本番と大差ないですよね。

練習会でのフィードバックをつぎに活かす

また、練習会ではフィードバックもしてくれるケースが多いです。フィードバックの内容をその後に活かすことで自然とクオリティも高くなっていくことでしょう。もちろん、最初は友達同士でグループディスカッションの練習をしてみるのでもいいです。そして、だんだんとステップアップしていくのでもいいでしょう。

グループディスカッションが苦手という方もたくさんますが、本番のように練習を積み重ねていけば、グループディスカッションが得意にすらなっていくでしょう。

グループディスカッションの練習方法④セミナーに参加する

グループディスカッションの対策として最も効果的なのは、セミナーに参加することです。実際にグループディスカッションを経験したことのある講師が担当し、その攻略法を教えてくれます。今では実践型のセミナーも多くあり、本番に近い形でグループディスカッションの練習ができるでしょう。また、練習会と同じように知らない人たちと練習をおこないます。ですので、本番さながらの緊張感をもって練習することができます。

また、その場で直接フィードバックしてもらえることもセミナーの特徴です。自分ができていないこと、自分が足りないものを知れるきっかけになるでしょう。

グループディスカッションは慣れが重要なので練習をして苦手意識をなくそう

グループディスカッションに苦手意識を抱いている学生の多くは、それに慣れていない場合がほとんどです。今回は、グループディスカッションの練習方法を4つご紹介しました。それぞれのステップをきちんと練習していけば、苦手に思うことは少なくなっていきます。自分の始めやすい練習法から実践し、グループディスカッション攻略してください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。