OB・OG訪問

【必修】OB訪問にエントリーシートを持っていくべき3つの理由とは?

OB訪問にはESを持っていくべきだといいます。しかし、なぜESを持っていった方が良いのでしょうか。理由もわからずESを用意しても、適当なものになったりするものですから、きちんと理由を理解して、いいものを用意していきたいですね。そこでOB訪問にESを持っていった方が良い3つの理由を紹介します。

OB訪問にESを持っていくべき理由1.クオリティがあがる

OB訪問にESをもっていくことで、そうしてESのクオリティが格段に高くなるというのが、ESをOB訪問に持っていった方が良いというひとつめのの理由です。

  • 受かった人も目線から学べる

なかなか現役の社会人の先輩にESを見てもらう機会はありません。ましてやOB訪問ではそこの会社にいる人で、そこの会社に受かった人に見てもらえるわけですから、ためになる添削アドバイスを頂けることでしょう。受かった人の目線から、何が足りないか、どういう点をアピールしていったらよいのかを学んでいきましょう。

ESがしっかりしていないとそもそも面接までもいけませんから、クオリティを高くしておくというのはすごく良いことです。せっかくOB訪問に行くのですから、そのように活かさないのはもったいないです。

OB訪問にESを持っていくべき理由2.話が聞きだしやすくなる

ESがあるだけで、OB訪問での話自体も盛り上がりやすくなるでしょう。相手にしてみても、そのESを見てこちらがどういう人物であるのかわかりやすくなりますし、そのESを軸に会話を広げていくこともできるようになるのです。

いくらOB訪問を受けてくれたからといって、何もヒントなしに話をしていくというのは難しいものです。そのためESを見せることで話をしやすい状況をつくってあげるというのは非常に大切なことなのです。

  • 盛り上がればより多くの情報を得られるかも

せっかくのOB訪問の時間がなんとなく無言で気まずい時間が増えるだけで終わってしまったらもったいないですよね。話が盛り上がれば、本来OB訪問では聞けないはずだったような情報まで教えてくれるようになるかもしれません。ESを用意して話が盛り上がりやすい状況を作ることは非常に良いことです。

OB訪問にESを持っていくべき理由3.熱意が伝わりやすい

ESを用意してOB訪問に行くことで、受けてくれたOBに対して熱意が伝わりやすくなるというのも、ESを用意して行った方が良い理由の一つです。ESを用意するめんどくささは、就活を突破してきたそのOBの方もご存知でしょうから、OB訪問にESを用意してきたあなたをみて、その熱意がよく伝わることでしょう。

  • 印象は少なからず選考に影響する

OB訪問での印象はそのまま会社に伝えられ、少なからず選考に影響すると思った方が良いです。ですから、こうして熱意が伝わりやすくなるというのは、すごく重要なことなのです。

どうしても行動などの、目に見えるものさしがないと熱意は伝わりにくいです。逆にいえば、しっかり書かれたESを見せる事で、すごく簡単に熱意が伝わるので実に効果的なのです。

OB訪問をする機会があればESを持っていきましょう

OB訪問にESを持っていくことのメリットはたくさんあります。そのため、OB訪問をする機会があるのであれば、めんどくさがらずにESを用意して、忘れずに持っていくようにして下さい。せっかくのOB訪問の機会なのですからその後の就活がうまくいくように効果的に使いましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ