OB・OG訪問

【OB訪問のやり方】相手探しの方法から終了後のお礼メールまでご紹介

OB訪問のやり方を知っておこう

OB訪問とは、実際に企業で働いているOBから企業のことについて聞くことを指しています。OB訪問をおこなうことによって、実際に働いている人の目線から企業を知ることができるため、より深く企業研究を進めることが可能です。

OBは、企業のホームページや就職サイトには載っていない情報も知っています。特に、内定と深く関わる「自己PR」や「志望動機」は、OB訪問をするのとしないのとでは、その内容の深さに大きな違いが表れるでしょう。それでは、どうすればOB訪問をすることができるのでしょうか。そのやり方について詳しく見ていきましょう。

OB訪問相手を探す

まずは、自分の志望する業界や企業に勤めているOBを探すところから始めましょう。OBを探す方法は多くあります。例えば、友人や知人から紹介してもらうことも可能でしょう。また、企業に直接問い合わせ、紹介してもらうこともできます。OBを探す場合におすすめなのが「ゼミやサークルの先輩の中から探す」方法と「キャリアセンターを利用する」方法です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

ゼミやサークルの先輩の中から探す

ゼミやサークルの先輩に志望している業種や企業に勤めている方がいる場合、その方にOB訪問をお願いしてみましょう。ゼミやサークルの先輩にOB訪問をしてもらう一番のメリットは、お互いがリラックスしてOB訪問に臨めることです。見ず知らずの方にOB訪問をお願いする場合、どうしてもお互いが緊張してしまい、少し気まずい状態でのOB訪問となってしまうことがあります。

その点、ゼミやサークルの先輩であれば、同じ学校でかつ同じ専攻や同じ趣味といった共通点があり、比較的和やかな雰囲気で話すことができるでしょう。また、和やかな雰囲気だからこそ、あまり他の人にはできないような質問をすることも可能となります。ゼミやサークルの先輩には、積極的にOB訪問をお願いしてみましょう。

キャリアセンターを利用する

キャリアセンターとは、各大学に設置されている学生の就職をサポートする部署です。大学によっては「就職支援課」「就職部」と呼ばれることもあります。キャリアセンターを利用する最大のメリットは、志望している業種や企業に勤めている先輩を簡単に見つけることができる点です。

キャリアセンターでは、卒業生の就職活動や勤め先の一覧表である「OB・OG名簿」が管理されており、OBの就職先を知ることができます。そこから、OB訪問の相手を決めることができるのです。データ量が豊富なため、志望する業種や企業で勤めているOBを見つけることも可能でしょう。

OB訪問相手にアポを取る

OB訪問の相手が決まったら、実際にアポをとりましょう。ただし、相手は社会人です。OB訪問のアポ取りの時点でマナーが守れていない場合、OB訪問をしてもらえない可能性も十分にあるでしょう。また、人事へ悪いうわさが流れてしまわないとも限りません。面識のないOBの場合はもちろんですが、例えゼミやサークルで面識のある先輩だったとしても、失礼のないように、丁寧にお願いしましょう。

メールで丁寧に依頼する

メールの他にも、電話でアポをとる方法もあります。しかし、電話をしている間は先輩は仕事をすることができません。また、電話に慣れていない場合、電話口で頭の整理が追いつかず、うまく話すことができないことも多々あります。そういった点を踏まえると、先輩の時間が空いた時に見てもらえるメールの方が電話よりも適切だといえるでしょう。

メールで書くべき内容は、次の4点です。

・件名+名前・大学名
・どのようにOBの連絡先を知ったか
・なぜOB訪問をしたいのか
・場所や日時の指定

突然見知らぬメールアドレスからメールが来たとしても、内容を見ずに放置をしてしまうこともあります。そのため、件名だけで要件を把握できるように「OB訪問をしたい旨」を書きましょう。また、連絡先の入手経路も書いておくことが大切です。

メール例文

件名:OB訪問のお願い【○○大学/○○】

○○株式会社 ○○部
△△様

はじめまして。突然のご連絡で失礼いたします。
○○大学○○部の○○と申します。
○○大学の卒業生名簿から、△△様のご連絡先を拝見し、OB訪問のお願いでご連絡を差し上げました。現在、私は就職活動を行っており、中でも○○業界を志望しています。
○○業界での各部署の業務内容や、今後の○○業界などに関して、ぜひ△△様のお話を伺いたいと思い、ご連絡差し上げました。
つきましては、以下でご都合のよろしい日時はございますか。もしよろしければ、貴社のオフィス付近でお会いできればと思います。

・○月○日 10:00〜16:00
・○月○日 12:00〜18:00
・○月○日 10:00〜16:00
・○月○日 10:00〜14:00
・○月○日 10:00〜16:00
・○月○日 10:00〜16:00

お忙しいところ、誠に勝手なお願いで恐縮ですが、ご検討のほどよろしくお願いいたします。
(署名)

マニュアルで細かいマナーを把握しよう

OB訪問を成功させるには、メールや電話でのアポイントメントが最初の関門となります。マナーを守るメールを作成するとともに、熱意を伝える必要もあります。社会人にメールを送ったことがないという就活生は、ハードルが高いと感じるでしょう。そこでおすすめなのが「OB訪問マニュアル」です。こちらには、OB訪問の依頼メールの例文はもちろん、電話で依頼する場合の文言も掲載されています。無料でダウンロードできるため、OB訪問の準備を始めると同時にGETしておきましょう。

OB訪問当日は時間を守る

OB訪問では、OBが自分の時間をやりくりし、就活生のために時間を作ってくれています。そのような中で、就活生が時間に遅れてやってきたら、OBはどう思うでしょうか。中には笑って許してくれるOBもいるかもしれませんが、ほとんどのOBはあまりいい印象を持たないことでしょう。

もしも時間に遅れてしまう場合には、事前にOBに連絡しましょう。また、他にもOB訪問の時に気をつけるべきことがいくつかあります。特に気をつけるべきなのが次の2つです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

服装はスーツが無難

OB訪問には、基本的にスーツで行くようにしましょう。もしもOBから「私服でいいよ」と言われた場合は、私服で行くことが望ましいでしょう。私服のほうがリラックスして会話をすることができますし、堅苦しい雰囲気が好きではないOBもいます。

ただし、私服でいいと言われたからといっても、限度があります。例えば、ジャージやダメージジーンズなどはカジュアル過ぎるためNGです。ビジネスマナーを守るためにも、清潔感があり、落ち着いた服装で行くことが望ましいといえるでしょう。

質問は事前に考えておく

OB訪問は、OBへの負担が大きくならないように、1〜2時間程度に抑えるのがいいといわれています。忙しい先輩の場合には、30分ほどしか時間がとれない場合もあるでしょう。そうした中で、OB訪問をより有意義な時間にするためには、効率的に質問をしていく必要があります。

次から次へと思い付きで質問をしていると、どれだけ時間があっても足りません。OB 訪問が終わった後に「あれも聞いておけばよかった」となっても後の祭りです。質問は事前にまとめておき、優先度をつけながら聞いていきましょう。

OB訪問後にお礼メールを送る

OB訪問の後には、お礼メールを送ることを忘れないようにしましょう。お礼メールがあるのとないのとでは、OBの就活生に対する印象が大きく変わります。ただし、メールを送る時間には注意しましょう。OB訪問当日の就業時間内がベストであり、夜や早朝にメールを送ることはマナー違反です。もしもその日のうちにメールを送れなかった場合には、次の日の就業時間内に送るようにしましょう。

感謝の気持ちと今後の抱負を伝える

お礼メールの内容で重要なのが「感謝の気持ち」と「今後の抱負」を伝えることです。ただただ「ありがとうございました」と伝えるのではなく、それに加えて「どんな話が心に残ったか」「どう思ったか」といったことも書くようにしましょう。そのうえで、今後どのように活かしていくかまで書くことが重要です。

OBとしても、自分の話をしっかりと聞いてくれているのであれば嬉しく思うことでしょう。入社意欲まで盛り込むことができれば、よりよい印象を与えることも可能です。ただし、長いメールは読みづらく、読むだけで時間がかかってしまうためNGです。感謝の気持ちや今後の抱負も含め、端的でわかりやすい文章づくりを心がけましょう。

メール例文

件名:OB訪問のお礼【○○大学/○○】

○○株式会社 ○○部
△△様

お世話になっております。
本日OB訪問をさせて頂きました、○○大学の○○です。
本日はお忙しい中、貴重な時間を頂き、誠にありがとうございました。△△様からお聞きした○○業界ならではの仕事の面白さや難しさ、仕事のやりがいなど、インターネットでは知ることのできない情報ばかりで大変勉強になりました。
中でも、△△様が経験した○○に関して、驚きと共に、△△様含め、社員の方々の知識や技術の凄さを改めて実感致しました。私も△△様のように、知識も技術もある、後輩から好かれるような人になりたいと強く思いました。
また、より一層○○業界への理解が深まり、○○業界で働きたい思いが強くなりました。 今後、再度ご相談させて頂く機会があるかと思いますが、引き続きご相談に乗っていただけると幸いです。何卒よろしくお願いいたします。
(署名)

OB訪問のやり方を把握して就活を有利に進めよう

OB訪問をすることは、その企業に応募する際に大きな武器となるでしょう。OB訪問をしていない人と比べて企業研究をより深くまで進められ、志望動機を書く際にもより掘り下げた内容で書けるようになります。しかし、何も考えずOB訪問をしても得るものは少ないでしょう。

それどころか、OBから人事に人物評価が伝わり、マイナスとして作用してしまうこともあるかもしれません。OB訪問では、社会人のOBがわざわざ就活生のために時間をとって来てくれています。その時間をより有意義にするために、事前にしっかりと準備をしておくようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ