OB・OG訪問

【OB訪問をするメリットや見つけ方】聞いておきたい質問例もご紹介

OB訪問とは

就活の際、OB訪問をした方がいいと言われることがあります。OB訪問は、自分の大学のOBといった繋がりを利用して、行きたい業種や企業に勤めているOBに話を聞きに行くというものです。希望している業種や企業に対して持っている理想と現実のギャップを、実際に勤めている人の経験を聞くことによって少しでも埋めることができれば、就職した後に働きやすくなります。

また、企業側としてもそのような活動をしている就活生の方が入社後の動きに期待できるため、OB訪問に対して積極的な企業も多く、OB訪問をすることを推奨して採用の判断基準としているところもあるほどです。就活の準備のために、また就職した後の自分のためにもOB訪問をしてみましょう。

基本的なマナーができていると印象がよくなる

OB訪問に行く場合、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。マナーは挨拶や態度だけでなく、到着時間や荷物の取り扱いなど細かいところでも求められます。他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。

そこでおすすめなのが「就活マナーマニュアル」です。こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

OB訪問をするメリット

OB訪問には、就活をする上でメリットがあります。OB訪問をしなければ就活が成功しないとまでは言えませんが、OB訪問は他の就活準備の活動に比べてより入社後のことを考えることになるので、就活だけでなく入社後の自分のためにもなるのです。以下でOB訪問の詳しいメリットを述べていくので見ていきましょう。

企業が自分に合うかどうかを確かめられる

1つ目は、OB訪問先の企業が自分に合っているかどうかが分かることです。給料さえよければ社風や環境はどうでもいいと考えている人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。給料などの条件だけを見て入社すると、働くモチベーションが欠けて辛くなることが考えられます。

気持ちよく働くためには、きちんと社風や働く環境を把握する必要があります。しかし、就活の時点で把握するのは難しいです。公式で発表している企業理念を調べるだけでは、実際の雰囲気がわかりません。そこで、OB訪問をして企業の社員と話すことでリアルな意見を聞くことができるのです。

選考を突破するための情報収集ができる

2つ目は、企業の選考を突破するための情報収集ができる点です。OB訪問では、企業に勤めているOBに話を聞きに行くのですが、そのOBは実際にその企業の選考を突破して入社した人になります。

内定者に話を聞くことで、選考を突破するために必要な要素が何であったのかを聞くことができるのです。また、OB訪問では同じ大学のOBに話を聞くことが多いため、そのOBはあなたによく似た環境から入社したことになります。

人脈が広がる

3つ目のメリットは人脈が広がることです。気になる企業があってOB訪問しても、結果的に企業が自分に合わないと感じることがあるかもしれません。もちろん、それがわかっただけでもOB訪問をした価値はありますが、それだけで終わらせるのはもったいないです。

業種が自分に合わないと感じた場合、そのOBと仲良くなっていれば違う企業のOB訪問先を紹介してくれるかもしれません。何も知らない状態でOB訪問するより、紹介でOB訪問に行く方が先方も話しやすいです。

OB訪問先の見つけ方

OB訪問をした方がいいのは分かったかもしれませんが、知り合いのOBがいなくてOB訪問ができないという方も多いでしょう。しかし、OB訪問は仲のいいOBに話を聞きにいくということでなくても全く問題ありません。

知っている人に紹介してもらったりしてOB訪問をしてもいいです。「向こうは知らない学生のOB訪問を受けてくれないだろう」思うかもしれませんが、企業側もOB訪問を推奨している場合も多いので、OB訪問を断られることは少ないです。ここからは、代表的なOB訪問先の見つけ方を紹介します。

就職課の紹介

OB訪問先を探す上で最もよく使われるのが、就職支援課の紹介です。就職支援課に登録しているOBを紹介してくれるので、OB訪問され慣れた人を紹介してもらえるという特徴があります。はじめてOB訪問する場合など、こちらがまだ不慣れであれば特におすすめできる手段でしょう。

また、同じ大学からその企業に入社した人を紹介してもらえることになるので、今の自分によく似た環境からその企業に入った経験を聞くことができるというメリットもあります。基本的に、条件さえ伝えれば就職支援課が信用できる人を探してくれるというとても便利かつ優秀な手段です。唯一の欠点は大学の就職の傾向が出るため、紹介してくれるOB訪問先の企業に偏りがある場合があることでしょう。

サークルなどの先輩の紹介

2つ目に紹介するのは、サークルなどの先輩に紹介してもらうという手段です。サークルの先輩であれば自分のことをある程度知っているので、OB訪問で会うOBに自分のことを伝えてもらえお互いに話しやすくなります。また、仲介してくれた先輩という共通の話題があることで話も盛り上がり、いい印象を与えやすくなるでしょう。

紹介されたOBが同じサークルの人であったならばなおさらです。しかし、一方でフランクな雰囲気になってしまうという危険もあります。緩い企業であれば挽回もできますが、堅い企業であるとその企業の社風に合わないと判断されることになってしまうかもしれません。OB訪問ではこちらが企業を知ろうとしているのと同時に、企業もこちらを知ろうとしている場合があることに気を付けましょう。

ゼミの教員の紹介

3つ目に紹介するのは、ゼミの教員に紹介してもらうという手段です。この場合、紹介されるのはそのゼミの卒業生が多いです。つまり、同じ大学というだけでなく同じゼミにいたというとても自分とよく似た環境にいた人と話すことができるため、非常に参考になるでしょう。

ゼミで研究している内容も似たものであることが多いため、その企業に就職するにあたってどのようにゼミで身を振っていくといいのかを聞くことができるかもしれません。また、同じ組織に所属していたという仲間意識も生まれやすく、共通の話題があることで、話しやすい雰囲気を作りやすいというメリットもあります。ゼミに入っていないと使えない手段ではありますが、一度は試してみるべき手段です。

OB訪問ですべき質問

ここまでOB訪問をおすすめしてきましたが、いざ実際にOB訪問に行くと何を話してよいのかがわからないという就活生も多いです。OB訪問に行く際はきちんと話すことを準備していかなければ、時間を割いてくれる相手に失礼になります。なんのためにその企業にOB訪問をしにいくのかを明確にし、目的意識をもってOB訪問に臨みましょう。以下でOB訪問でするといい質問を紹介するので参考にしてください。

社内の雰囲気や働き方

・配属制度は希望にそった部署に配属できるものですか?
行きたい企業に入社できたとしても自分がやりたいことができない部署に配属されては意味がありません。企業の配属制度を知ることで自分がその企業に入社した後、やりたいことができるのかを確認しましょう。

・会社に向いている人、あるいは向いていない人はどんな人だと思いますか?
実際にその企業で働いていている人が考えるその企業への向き不向きというのは他では得られない情報です。外から見るだけでは分からないことを聞きましょう。

・社員同士は仲が良いですか?
働く上で職場環境というのは大事です。

・残業が多いですか?もし多い場合はそれに納得できていますか?
働き方という点で自分にとって納得できるものなのか確認しましょう。

・教育制度は整っていますか?
その会社で自分が得られるものを考えたとき、教育制度はひとつの判断基準になります。

業務内容ややりがい

・実際にどのような業務をしていますか?
企業が何をしているのかは外からでもわかりますが、1人1人が実際にどのような業務をしているのかは聞かないとわかりません。

・業務への評価制度はどのようになっていますか?
業務へのモチベーションを考えたときに評価制度は大切です。

・企業として業務の生産性向上など、成長意欲はありますか?
自分がその会社で成長するためには企業が用意してくれる環境が大切です。

・職場全体的に何をやりがいにして働く人が多いですか?
やりがいが自分にあっているものであると、その職場は自分にあっていると言えます。

・業務を細分化して目標を立てることを企業は推進していますか?
業務のやりがいを考えたときに、業務内容を考える環境があるといいです。

企業の今後の展望

・企業の2~3年後のビジョンは何ですか?
新たな事業計画が持ち上がっているかもしれません。

・10年後の企業の将来像はどういったものですか?
10年後の企業像が自分にあっているものであるかどうかで、長期的なビジョンを考えることができます。

・2~3年後、どのような業務につきたいですか?
実際に働いている人が企業でどのようなビジョンを持って働いているのか、自分のキャリアを描く参考になります。

・その企業から転職することは考えていますか?
転職を考えている会社かどうかで、他企業との違いを聞けるかもしれません。

・転職する人はどれくらいいますか?
職場でどれくらいでどれだけ転職するの人がいるのかを聞くことで、大まかな離職率を知ることができます。

就活で意識していたことや志望動機

・就活の際にこの企業を選んだのはどうしてですか?
ここで自分と比較して、似ているならばその会社に合っている可能性は高いですが、似ていない場合はもう一度よく考えるきっかけになるでしょう。

・採用された際に自分が選ばれた要因として何が考えられますか?
面接に挑む際の参考にしましょう。

・就活の際に意識していたことはなんですか?
志望する企業の選考ならではの情報を手に入れることができます。

・業界を選んだ決め手は何ですか?
就活で話す志望動機の参考にしましょう。

・同じ業界の中でもこの企業を選んだのはどうしてですか?
自分が就活の際に聞かれたら困ることに関して成功者に聞いて参考にしましょう。特に、なぜ自社で働きたいのかはOB訪問でヒントを得られることが多いです。

OB訪問でしない方がいい質問

今までOB訪問でする質問の例を挙げてきましたが逆に質問しない方が良いこともあります。準備をしないでOB訪問に臨んでいると思われてしまうような質問はしない方が良いです。また、OB訪問で会う人は社会人としての時間を割いて会ってくださっているため、好意を無碍にすることはとても失礼です。礼儀正しく、OB訪問での時間を大切に質問するように心がけましょう。

調べれば分かること

1つ目にしない方がいい質問は、調べればわかることです。もし聞くとしても、正しい情報なのかを確認するといったスタンスでないと、調べずに来たのかと思われてしまいます。会社の企業理念や事業内容などは、調べればすぐわかることです。

その会社のホームページや四季報などをちゃんと読めば大丈夫ですので、怠らないようにしましょう。調べたらわかることを聞かないようにするために、事前に調べた内容をメモしておくのがおすすめです。

縁故採用を期待する質問

2つ目に聞かない方がいいのは、縁故採用を期待した質問です。基本的にOB訪問は就活生がその企業について知るためにおこなわれるものです。人脈を得ようとするのはいいことですが、その人脈を利用して内定を得ようとするのはよくありません。

企業側からも印象が悪くなりますし、OB訪問で会った社員にも大きな迷惑をかけることになります。新卒の採用で縁故採用を狙うのは、入社後に自分の評価を落とすことにつながるでしょう。自分のためにも、真っ当な採用を目指して就活に臨みましょう。それが将来のためになります。

OB訪問で選考と突破する情報や人脈を得よう

OB訪問はやらない理由はないといってもいい程、メリットが多いです。OB訪問を通じて入社後の自分を考えることで、選考で勝つための武器になる考え方を身に付けられます。また、OBを参考に採用フローを歩むことで無事入社への道が見えてくるでしょう。

直接採用に繋がらなくても、OBを通じて人脈を形成しておくことで今後の就活にプラスになるはずです。真摯にOB訪問に臨めば、選考を突破するための武器が手に入るでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ