志望動機

志望動機を面接で伝える際の3つのポイント

面接で必ず聞かれる質問といえば志望動機ですね。そして採用担当者は、志望動機を聞いて「会社にあっているか」「長く働いてくれるか」「働く意欲は感じられるか」という点を判断し、それが合否に大きく関わる場合があるのです。そこで今回は、面接で志望動機を伝える際ポイントについてご紹介します。

45

志望動機のポイント1.入社後の目標

会社側が志望動機を聞いて判断するポイントは、その人物がいかに長く働いてくれて、どれだけ会社に貢献するかどうか、ということです。そのため、「会社に貢献したい」や「御社の社風に魅力を感じた」といった安易な気持ちの志望動機では面接官の心に響きません。

  • ビジネスビジョンを明確にする

そこで、志望動機では5年後、10年後のビジネスビジョンを明確に伝えるのがポイントです。そのために必要のが企業研究です。説明会やOB訪問を積極的に行うことで、就活マニュアルにはのっていない自分の思いを伝えられるようにしましょう。

そしてその会社に入って何を成し遂げたいのか、最終的な目標が何かといったビジネスビジョンがあるか否かが、面接で志望動機を伝える際の成功するポイントです。

志望動機のポイント2.業界を選んだ理由

就活生の中には業種に絞って就活をしている人も多いでしょう。例えば、営業職であれば営業全般に応募し、事務職であれば事務職全般に応募をするといった具合です。しかし、面接で志望動機を聞かれた際に「営業が向いていると思った」や「事務職をしたかった」と言ってしまっては面接官に「他の業界でもよかったのでは」という印象を与えかねません。

  • 会社の魅力と自分の意欲を伝える

そこで、明確に志望動機を伝える際にポイントとなるのが、なぜその業界にしたかということです。この答えを出すには業界研究をしておくことも重要なポイントとなるのです。

他の業界では実現できない魅力がこの会社にあり、目標を実現したいという意欲をいかに伝えられるかが志望動機を聞かれた際に面接官を納得させるポイントです。

志望動機のポイント3.同業他社比較をしておく

志望動機を締めくくる際のポイントは、なぜ業界の中でもこの会社を選んだかということです。おそらく面接官は、同業他社も面接を受けているのを十分に承知しています。「同業他社をみたけれど、やはりここで仕事をしたい」そう伝えることでさらに説得力を増すことができるのです。

  • 実際に働いている人の話を聞く

そこで、面接官に伝えるポイントとしては、同業他社と比べ、その会社のどこに魅力を感じたかということです。同じ業界でも会社によってカラーがあり、そこで働く人は絶対の自信をもっています。それを知った上で志望動機の締めくくりに最大限にアピールしましょう。

会社のカラーや特性を知るには、説明会に行って実際に働いている人の話を聞くことです。そこで会社の社風や人柄について聞いておくのがポイントになるのです。

面接ではポイントをおさえて印象に残る志望動機を伝えましょう

面接の志望動機では、なぜその業界なのかはもちろんですが、その中でもこの会社に入りたいという熱意を伝えるのが最大のポイントです。そのため、企業や業界の研究をしっかりと行い、マニュアルにない具体的な志望動機にする必要があります。この3つのポイントをおさえて印象に残る志望動機を考えましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ