業界研究

【アパレル業界の志望動機の書き方】仕事内容と例文4選を紹介

アパレル業界とは

アパレル業界は、主に衣料品の企画や製造、販売などをおこなっています。将来はアパレル業界で活躍したいと考えている就活生も多いでしょう。衣料品のデザインや企画、製造に携わりたいと考えている人はメーカー系を選択するのがおすすめです。衣料品の販売に携わりたい場合は、販売や営業を選択するとよいでしょう。

ここでは、アパレル業界の特徴や志望動機の書き方について解説していきます。

業界の市場規模・有名企業

業界動向サーチによると、平成27~28年のアパレル業界の規模は5兆3,750億円のようです。業界規模の推移は、平成22年以降増加傾向にあります。近年では、低価格の衣料品が浸透しているようです。

有名企業ではファーストリテイリングやしまむら、西松屋チェーン、ワールドなどが挙げられるでしょう。ファーストリテイリングでは、UNIQLOやGUなどを展開しています。つぎに、アパレル業界に向いている人材傾向についてみていきましょう。

業界に向いている人材傾向とは

アパレル業界に向いている人材としてコミュニケーション力が高い人やファッションセンスがある人が挙げられるでしょう。衣料品をお客様に販売するには、接客やセールストークを上手に進めなければなりません。

また、お客様に合った服を提案したり、マネキンのコーディネートを考えたりする機会もあります。コミュニケーション力があったり、ファッションセンスがあったりすると、お店の売り上げに繋がるでしょう。

販売に携わりたいと考えている人は、ファッションビジネス能力検定やファッション販売能力検定を受験するのも役に立つかもしれません。勉強することで、衣料品を販売するうえでの知識も身につきます。

志望動機が書けない時は、志望動機ジェネレーターを活用してみよう

志望動機を作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードして、効率的に志望動機を完成させましょう。

志望動機を書く前にアパレル業界について理解しよう

皆さんはアパレル業界を志望するにあたって漠然としたイメージを色々と持っていることでしょう。一言にアパレルと言ってもさまざまな仕事があります。洋服を作ることだけがアパレルではありません。

糸メーカー、表生地メーカー、裏地メーカー、染色メーカーもあります。また商社でも洋服製品を扱っており、各種アパレスメーカーが様々な提案をおこなっています。基本的にはメーカーですから、製造から販売までの仕事が多くあります。

アパレル業界の主な仕事内容

皆さんが知っているような会社が主にアパレルと呼ばれていますが、上記で述べたようなその他のメーカーでも、自社でデザインから縫製までをおこなっている場合もあります。製品を作り上げるにはまずサンプルを作りますが、一言にサンプルを作るといっても、その先の量産を見据えてのことになります。

2シーズン、3シーズン先を見越してのサンプル作成の際、生地の確保ができるか、縫製工場は押さえられるのか等さまざまな確認が必要になります。量産が決まれば工場での生産管理が主な仕事です。また、販売するには雑誌等宣伝とのタイアップも欠かせません。実際に店舗で販売するまでには上記のように多岐にわたる仕事が山積みになっています。

アパレル業界のやりがいと向いている人

携わった洋服が実際に製品になる喜びはアパレル業界における大きなやりがいです。上記で述べたように、アパレル業界は2~3シーズン先を見越して仕事を進めていきます。実際に製品が流行し売れ行きが好調となることは、その製品に携わった全ての人にとって喜びです。

ファッションセンスがあることは求められますが、「ないよりはいい」という程度です。仕事面ではファッションセンスよりも、正確性や慎重さ、在庫を把握する能力などを求められる場面の方が多いです。一見華やかに見える世界ですが、製品を作る場面でも販売の場面でも実直であることは重要です。

アパレル業界の志望動機の書き方

アパレル業界への就職を目指すなら、志望動機の上手な書き方を知っておく必要があります。志望動機は書類選考から面接まで細かく見られるポイントであり、評価を大きく左右するといっても過言ではありません。

志望動機の内容次第で評価はよくも悪くも変動し、面接官に与えれる印象も大きく変わります。志望動機が上手に書けていると、志望度の高さはもちろん、仕事への熱意も伝えられます。上手な書き方のポイントを知り、評価される志望動機を作成しましょう。

アパレル業界で働きたい理由を明確にする

まずはなぜアパレル業界で働きたいのか、その理由を明確にすることが大切です。新卒での就職なら他にも選択肢は多数あり、アパレル業界だけがすべてではありません。つまり、数多くの選択肢がある中で、なぜアパレル業界を選んだのか、他の業界ではなく、アパレル業界でなければならない理由は何かを突き詰める必要があります。

その業界でなければならない理由を提示する際には、アパレル業界に興味を持ったきっかけや理由を述べるとよいでしょう。昔の経験などと絡めてアピールすると、より志望度の高さが伝わりやすいです。企業を志望する理由も重要ですが、業界を志望する理由が大前提に来るため、まずはこれを固めておくことが大切です。

アパレル業界のなかでもその企業を選んだ理由を伝える

業界を志望する理由に加えて、企業を志望する理由も明確にしておかなければなりません。アパレル業界の中でも選択肢は多数あるため、その中でなぜ志望企業なのか、アパレル業界を選ぶ理由と同じ要領で考えていきましょう。

単にアパレル関係の仕事がしたいだけという理由では、他の企業でも同じことができてしまうためNGです。重要なのはその企業だからこそできること、その企業でなければできないことをアピールに絡めることです。

そのため、他社にはない魅力や志望先ならではの特徴などを踏まえて伝えると、他社と差別化した志望動機になりやすいでしょう。企業研究は念入りにおこない、その企業だからこその強みや特徴を把握してアピールに盛り込むことが大切です。

ありきたりな志望動機はNG

つまり、「昔から服が好き」というようなありきたりな志望動機ではNGです。「ここのブランドの〇〇のところが他と違って魅力的に映っている」というのを志望動機に盛り込んでいき、しっかりと差別化の図れた志望動機を考えましょう。

何故そのブランドが好きか、何故他のアパレル会社では駄目なのかを正直に考えていけば、おのずと答えはみえてくるでしょう。

 熱意や差別化だけでは内定を得るには不十分

能力がないと、いくら熱意があったり差別化が出来たりしていてもやはり内定を得るのは難しいといえます。そのためしっかりと能力のアピールも忘れないようにしていきましょう。

アピールが過ぎるとやり過ぎになったり、自慢のようになったりしてしまうため、志望動機でのアピールはあくまでも自己PRと連動させつつの多少のアピールで大丈夫です。その点は注意しながらアピールするようにしていきましょう。

 思い描くキャリアを盛り込んではじめて説得力が増す

ブランドをよくしていく為に、自分は本社や店舗でどういうキャリアを描いているかを志望動機に盛り込んでいってはじめて、言葉に力が宿り説得力が増します。

将来像としてどうなりたいのか、将来どのようなポジションでどのようにブランドに貢献していけるのかを志望動機に盛り込みましょう。そうして熱意を伝えることが出来れば、合格率はぐっと上がることでしょう。

アパレル業界の志望動機例文4選

実際にどのような内容でアピールすべきかを知るためにも、志望動機の例文を参考にして、具体的な内容への理解を深めていきましょう。志望動機を作成するポイントは把握できていても、実際に作成するとなると上手く書けないことは少なくありません。

これは要所要所のポイントは理解できていても、全体の連続性がイメージできていないからです。完成したひとつの文章を参考にして連続したポイントを確認することで、よりスムーズに志望動機は作成しやすくなるでしょう。

例文①

私は学生時代、貴社の◯◯店で販売のアルバイトをさせていただきました。また、私は貴社のブランドを愛用しています。貴社の展開している○○は、他店と違って魅力的に映っていると思います。これからは正社員として、貴社の商品で多くのお客様の喜びに貢献したいと思い、志望させていただきました。

これはアパレルだけに限った話ではありませんが、志望動機を書く際には他のブランドや他の会社と差別化を図るというのが非常に重要なポイントです。志望動機でそうした差別化を図っていない場合は、「それなら他のアパレル会社でもいいじゃないか」と思われてしまうのです。

例文②

私は貴社の展開している◯◯シリーズに興味があり志望いたしました。◯◯シリーズでは、有名なアーティストや人気のあるキャラクターとコラボし、どの商品もヒットしていると感じました。また、貴社は売上ランキングが全国○位であり海外事業も展開し、これからも◯◯シリーズは成長していくと感じています。
私はデザイン系の学科に在籍していたこともあるため、将来は貴社の◯◯シリーズのデザインの企画に携わりたいと考えています。

他との差別化を図れたら、そのブランドに入り、将来的にどうしていきたいのかを述べるようにしましょう。アパレル職というのは特殊で、店舗スタッフと本社スタッフがいますよね。ただ単にそのブランドで差別化が図れていてその会社に入りたいといっても、将来像がしっかりしていなければ、あまりその熱意は伝わりません。

例文③

私は、販売やファッションに関わる資格を活かしたいと思い、貴社に志望いたしました。私は学生時代、販売士2級やパーソナルカラー検定モジュール2、ファッションビジネス能力検定2級などの資格を取得しました。貴社の◯◯店では、試験的に○○サービスをおこなっています。私は資格で得た知識を活かして、◯◯店の売上に貢献しながら○○サービスをより発展させていきたいと考えています。

熱意や差別化と同じくらいにアパレル職を志望する際に大切なポイントがあります。それは、アパレル職においての自分の活かせる能力を述べるということです。この点に関しても可能であれば差別化を図れた方がよいでしょう。

たとえば、「あの店舗の〇〇のところが気になるので、△△という経験で磨いた自分の力を活かしてより発展させていきたいと思うようになった」というようなことを志望動機に盛り込んでいけば、差別化も図りつつ自分の能力のアピールもできます。

例文④

私は学生時代御社の〇店で販売アルバイトをしていました。実際に販売していく中で、細部までこだわった縫製に大変感銘を受け、ぜひお客様に着ていただきたいと感じました。また、〇〇店長にも接客の基本や在庫管理、売りたいもののおすすめの仕方などを教えていただき、御社の体制の一端を知ることができました。
実際の売り上げに直結する販売店を管理するのは大変ですが、持ち前の明るさと負けず嫌いさを、御社で活かしたいと考えています。

志望するアパレルメーカーでアルバイト経験がある場合はぜひ盛り込みましょう。企業にとって関連会社でアルバイト経験があることは非常に魅力的です。経験したからわかったことを織り交ぜて志望動機を作成しましょう。

アパレル業界の志望動機NG例文

私は○○県で生まれ、そこは織物が盛んな街でした。祖母や母は毎日和服を着ており、たまのおでかけの日しか洋服を着ることはありません。普段の和装も素敵でしたが、おでかけのときに着る洋服はもっと素敵で、その美しさからアパレルの仕事に興味を持ちました。
同じ人でも着る服が変わると印象は大きく変わります。おしゃれをすることの醍醐味がここにあると私は考えており、この楽しさを少しでも多くの人に伝えたいと思い、御社を志望しました。

なぜ志望したのかを冒頭で示せておらず、結論が後回しになっています。また、アパレル業界全体を志望する理由にはなっていても、その企業を志望する理由にはなっていません。アピール内容が漠然としていて、他社との差別化ができていない点がNGといえます。

アパレル職での志望動機は差別化・将来像・能力・アルバイト経験がポイント

アパレル業界での志望動機に迷ったら、紹介したポイントをおさえた志望動機を作り出していってください。アパレル業界は、自由に見えてなかなか厳しい業界ではありますが、それも慣れればきっと楽しさに変わります。ぜひこれらのポイントを活かしてアパレル会社からの内定を勝ち取っていって下さい。

関連記事

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ