履歴書

履歴書の志望動機で印象に残るための効果的な書き方

企業の採用担当者が採否を決定する時に、大切なポイントとなるのが履歴書の志望動機です。志望動機の書き方ひとつであなたの印象も変わってくるといっても過言ではありません。そこで今回は、履歴書における志望動機の効果的な書き方についてみていきたいと思います。

84

履歴書の志望動機の書き方1.その会社で具体的に何がしたいのか

履歴書における志望動機の効果的な書き方の一つ目のポイントは、まずその会社で具体的に何がしたいのかを記入すること、です。会社は、あなたの意欲を見ています。

  • 具体的に働いている姿をイメージさせる

履歴書の志望動機欄を具体的に書くことによって、あなたが会社に入って仕事をしている姿を、面接官により具体的に想像してもらうことが可能です。そのイメージが企業の要望やニーズと合っていれば採用への近道ともなるでしょう。その会社で具体的にどんな仕事がしたいのか書くためには、企業研究をしっかりする必要があります。

  • 履歴書を多数記入する場合は間違いに注意

また、就活中は多くの会社に同時に応募する場合もあるでしょう。その会社にない仕事や部署などを間違って書いたりしないように気をつけなくてはいけません。

履歴書の志望動機の書き方2.その会社で何ができるのか

履歴書における志望動機の効果的な書き方の二つ目のポイントは、その会社であなたが何をできるのかです。採用担当者は、あなたがその企業に入って価値のある仕事をしてくれるのかどうかをチェックしています。

  • 採用する価値があるのをアピールする

履歴書の志望動機を見て企業側が採用ニーズにマッチした人材かどうかを具体的に知るためには、その会社で何ができて、どう貢献できるのか、採用する価値のある人間だということを上手にアピールする必要があるでしょう。

ただ、日本企業の場合にはこれができるから他の人とは違うとアピールだけではただのでしゃばりな人間だと思われかねません。履歴書の志望動機に書くときには、謙虚さも必要です。謙虚さの中に、自己アピールも忘れないような書き方を工夫する必要があります。

履歴書の志望動機の書き方3.その会社でないといけない理由

履歴書における志望動機の効果的な書き方の三つ目のポイントは、どうしてもその会社ではないといけない理由を書くことです。もしあなたがどの会社でも同じだというように思っていた場合はこれは大変書きにくいでしょう。しかしながら、その企業に勤める採用担当者は、ここではないとダメだという理由が知りたいのです。

  • 強い意志やアツい思いを伝える

どうしてもその会社に入ってこんなことがしたい、他の気企業では実現できない、などというような強い意志やアツい思いを伝えることができればその意欲はきっと採用者に届くでしょう。

多くの応募者がいますから、採用担当者は数多くの履歴書を見ています。志望動機も様々でしょう。そのため、いかに採用担当者の心に響くかが大切です。

履歴書の志望動機は印象に残る書き方をしましょう

今回は、履歴書における志望動機の効果的な書き方について、3つのポイントを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?企業の採用担当者は数多くの履歴書を見ています。その中でも志望動機は必ずと言っていいほど目を通す項目ですから、印象に残るような書き方をするように心がけましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ