志望動機

志望動機でその業界を選んだ理由を上手に伝える書き方

履歴書に必ず書かなくてはいけないのが志望動機です。この志望動機ですが、どのような書き方をすれば良いのか悩んでしまう学生も多いでしょう。志望動機は応募する業界によっても変える必要があります。そのため今回は、志望動機でその業界を選んだ理由を上手に伝える書き方についてみていきたいと思います。

99

業界の志望動機の書き方1.業界研究・企業研究をしっかり行う

業界を意識した志望動機の書き方における一つ目のポイントは、業界研究・企業研究をしっかり行うことです。これは志望動機を書くうえで、何よりも大切です。

  • 的外れは志望動機はNG

その業界に勤めている採用担当者から見て的外れな志望動機の書き方をしてしまうと、印象が悪くなってしまい次の選考に進める可能性が低くなります。何枚もの履歴書を見ている採用担当者からしてみると、業界研究をしていない志望動機は一目で分かりますので注意しましょう。

  • 業界について本当に魅力的だと部分を書く

履歴書を書く段階になってから志望動機を無理に作りだそうとするのではなく、業界研究や企業研究をしっかりとしたうえで、あなたが本当に魅力的だと思った部分について書くべきです。その業界にどうして入りたいのか、しっかりと目標・目的を持っているというアピールができるようにしましょう。

業界の志望動機の書き方2.その業界でないといけない理由を書く

業界を意識した志望動機の書き方における二つ目のポイントは、なぜその業界なのか、その業界でないといけない理由を書くことです。上記のようなしっかりとした業界研究を踏まえて、自分の経験に基づきその業界や企業に求める条件をしっかりと洗い出す必要があります。

  • まずはきちんと自己分析をする

きちんと自己分析をして、あなたの幼少時からの性格を踏まえると良いでしょう。
・どんな物事であれば興味を持ってやり続けることができるのか
・何をしていればいきいきと充実した人生を送れるのか

こうしたポイントを洗い流すことで、志望動機を書くにあたっての業界や企業選びの軸が見えてくるでしょう。採用担当者も、なぜあなたがこの業界ではないといけないと思っているのかを志望動機を見て知りたがっているはずです。

業界の志望動機の書き方3.あなたが何をできるかを書く

業界を意識した志望動機の書き方における三つ目のポイントは、あなたが何をできるかを書くことです。あなたが企業に求める条件を洗い出し、消去法などであなたの求める条件にぴったりと合う業界を見つけることができたら、「その業界で何を成し遂げることができるのか」、「どう活躍できるのか」ということについて書いていきましょう。

  • 業界にどのように貢献できるかをアピールする

この際には、どうしても主観的になりがちですが、客観的に見るのも大切です。志望動機には、あなたが企業にとってどのように貢献できるのかをアピールして書く必要があります。業界や企業側もその会社で働いてくれてメリットのある人材を求めています。

業界研究や企業研究をしっかりしたうえで、その業界ではないといけない理由も考えたのであれば、その業界で何ができるかも考えやすくなっているでしょう。良い機会ですから、志望動機で業界でどのように貢献できるかきっちりとアピールしましょう。

業界の志望動機は具体的に貢献できる点をアピールする書き方をしましょう

今回は、志望動機でその業界を選んだ理由を上手に伝える書き方についてみていきましたがいかがでしたでしょうか。志望動機を書くのは最初は難しい作業になるかと思いますが、慣れればコツもつかめてくるはずです。しっかりと業界についての研究をして、その業界を目指す理由や何に貢献できるのかを志望動機でアピールできるようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ