面接対策

【面接で短所について聞かれた場合の答え方ガイド決定版】優柔不断はOK?NG?

面接では、自分の性格の短所や長所については必ずといっていいほど聞かれると思った方が良いでしょう。しかし、短所は意外に答えづらいものです。そのまま答えていいのか、それとも何か工夫して答えたらよいか、迷いますよね。そこで今回は、面接で短所について聞かれた場合の答え方のコツについて紹介します。

writing-828911_1280

短所の答え方のコツ① 素直に答えない

面接で短所を聞かれたら、間違ってもそのまま素直に自分の短所を答えないようにしてください。

たとえば、もし自分で自分の短所を「飽きっぽいところ」だと思っていたとしましょう。それをそのまま答えても何の得にもなりませんよね。これは悪いようにしか受け取られません。

  • マイナスイメージになる内容はNG

飽きっぽいという短所が何かの役に立つとも思えませんから、こういう素直な回答はまずNGです。

飽きっぽい以外にも、「怠け者」ですとか、「忘れ物が多い」ですとか、「落ち着きがない」ですとか、明らかに働くに際してNGになるような短所は回答しないようにしていきましょう。

あくまでもこれは面接なのだということを理解して、仕事に対してのマイナスイメージになるような回答を避けていけば、面接での短所についての質問にもうまく回答していけるようになるでしょう。

短所の答え方のコツ② 長所にもなりうる内容にする

面接での短所の答え方として適切なのは、長所にもなりえるような短所を答える、ということです。
たとえば
「熱中しすぎてまわりがみえなくなる」
「何かあるとすぐに人に相談してしまい、自分だけで答えを出すことがあまりない」

というような短所が望ましいと言えます。

  • アピールにもつながる

この例の場合で言えば、前者は、それくらいに集中力がある、まじめな人物であるということをアピールできますよね。後者はちょっとギリギリではありますが、それでも報告や連絡・相談がきちんと出来る、身についている人物だと思ってもらえるでしょう。

このように、長所にもなりえるところを短所にしていけば、短所を聞いても悪いイメージを持つことはありませんし、逆にアピールにもなります。面接での短所の質問には、必ず長所になりえることを答えるようにしていきましょう。

短所の答え方のコツ③ 克服のための努力を話す

もう一つ、面接での短所の質問の答え方として、忘れてはいけないポイントがあります。それが、その短所の克服のためのエピソードを答えられるような短所を答えるようにしていくことです。

面接での短所の質問では、かならずと言っていいほど、「その短所を克服しているために何かしていることはありますか?」とも聞かれます。その際に、短所克服のためにしている努力を答えることが出来なければ、長所にもなりえる短所を答えたとしても意味はありません。

  • エピソードから逆算して考える

短所だけとして捉えられないような、長所にもなりうる短所を用意したけど、エピソードが浮かばないというのであれば、エピソードから逆算して短所を作り出していくという答えの作り方もアリでしょう。

しっかりエピソードも用意して、面接での短所の質問にもきちんと答えられるようにしていきましょう。

面接で適切な回答ができるように短所について考えておこう

面接での短所に関する質問には、こうした3つのポイントを抑えて回答するようにしていきましょう。短所のように、性格に関する質問というのは実は意外と重要ですから、面接用の回答を用意する際には、特に時間をかけて作り出していくと良いですね。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ