就活イベント

合同説明会や採用選考会でのリクラブの始め方

現在の就活の状況では、色々な合同説明会が開催されています。なので、そのような合同説明会に参加した時に出会いがあるかもしれません。最近は就活もリクラブと言われており、就活も出会いの場となっているのです。

合同説明会で出会ってからのリクラブとは

spring-276014_640
合同説明会では、色々な大学が参加します。
また、自分一人ではなく、色々な人が参加していると思います。また、大学の友人なども参加していることでしょう。ですので、合同説明会をきっかけにリクラブになることが多くなってきているのです。

  • 合同説明会のリクラブで他の大学の人と知り合い恋愛に発展するケースが!!

合同説明会で、友人と参加したり、同じ大学で参加したりして、そこから他の大学のひとと知り合うのがいいとされているのです。
そこからリクラブが始まるということもあるでしょう。
企業も大学も就活生も多くの人が参加する合同説明会なので、その分リクラブの機会も多くなっているようです。また、スーツを着て、身だしなみもきちんとしていることから合同説明会が出会いの場となっている部分もあるようですね。

会社説明会の時期までに、自己分析を終わらせておこう

就活には自己分析が必須。遅くても、会社説明会の時期には終わらせる必要があります。ただ、やり方がわからず、上手く進められない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、万全の準備を整え、内定への最短距離を走りましょう。

企業の説明会からのリクラブとは

企業説明会は一番リクラブの出会いになることが多い機会かもしれません。
隣同士になってから知り合うきっかけになったり、同じ企業を志望しているということで、仲良くなることが多くなっているのです。

いきなりデートということは少ないでしょうから、就活の情報交換や、話しかけるきっかけにするといいとされているのです。いきなりメールアドレスを聞くとよくないので、LINEやSNSのアカウントを交換するというぐらいの方がいいでしょう。

  • あまりに多くの異性に話しかけるのはNG!メインは採用担当者の話

あまりにも多くの異性に話しかけたり、メールアドレスを聞くとどの異性にアドレスを聞いたのかわからなくなってしまうということもあります。
多くの人にSNSなどのアカウントを教えあうのはよくないかもしれませんね。

グループディスカッションからのリクラブとは

グループディスカッションも合同説明会でのリクラブのきっかけになります。

グループディスカッションの議論をきっかけに出会うということがあるのです。その意味でもグループディスカッションは合同説明会で非常に重用になると思われます。まずは、グループディスカッションで積極的に発言をすることでしょう。

  • ディスカッションでの意見の出し合いがリクラブのきっかけになる!

相手から意見が来たらそれを議論するといいのです。

合同説明会では、リクラブのきっかけであると言われている、集団面接やグループディスカッションが行われているのです。そのような機会から合同説明会のリクラブのきっかけにしたいものですね。最近の合同説明会には色々な大学が参加しているので、色々と注目ですよ。

合同説明会や会社説明会でお互いの意見の一致がリクラブへ発展するきっかけ!

合同説明会や会社説明会でお互いの意見の一致がリクラブへ発展するきっかけです。

合同説明会でのリクラブについて見てきましたがいかがでしたか?合同説明会には色々な企業が参加しています。また、それと同時に色々な大学が参加しているのです。

グループディスカッションや合同説明会をきっかけにしてリクラブをすると良いでしょう。
是非、リクラブを成功させてくださいね。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ