身だしなみ

面接時のスーツは何色?就活生におすすめの販売店も紹介

就活生のスーツは男女とも一般的には黒

就活をする時にどのような色のスーツで行けばいいか迷う人もいるでしょう。面接で注目しされたい、インパクトを残したいという思いから、ストライプやチェックのスーツを着ようと考えている人や、紺やグレーで他の人と差をつけたいと思っている人もいるかもしれません。しかし、一般的には面接を受ける際に着用する就活生スーツの色は、男女ともに黒です。

光沢のない黒の無地スーツが就活生に人気

黒色の中でも、種類がたくさんあるので、どのスーツが良いか迷う人もいるでしょう。就活生に人気のスーツは機能性と見た目の清潔感を兼ねそろえているものが人気となっています。スーツの見た目でいうと、光沢のあるものと光沢のないものがありますが、就活生の人気を集めているのは光沢のない黒無地スーツです。

光沢感のあるスーツを着るシーンはパーティーなど華やかな場所ではおすすめですが、就活では適切ではありません。光沢で悪目立ちをしてしまうことを考えると、一般的なリクルートスートを選んだほうがいいでしょう。また、光沢は全くないけれど、漆黒のものを選んでしまうと見た目が礼服のように見えてしまうので、標準の黒を選ぶようにしてください。

業界によっては黒のスーツではなくて良い場合もある

就職活動をする際に、自分の働きたい業界の事前リサーチが大切です。就活生は、黒のスーツが基本ですが、業界によっては黒色意外を着用するのも良いとしているところがあります。

しかし、一歩間違えると印象が下がってしまうので、リサーチしたうえでの着用としましょう。では、どのような業界が、就活において黒のスーツではなくても問題はないとされているのでしょうか?ここで紹介いしていきます。

アパレルや広告・音楽業界は黒以外のスーツでも可

黒スーツ以外を着用しても問題ないとされている業界として、代表的なものはアパレル業界や広告、音楽業界が挙げられます。これらの業界は、実際に就職してから、オフィスカジュアルスタイルや私服を着用して仕事をするといった風潮がある業界となっています。

また、風潮だけでなく、トレンドを押さえなくてはいけない業界でもあるのです。そのため、就活生の服装として肩を並べる黒のリクルートスーツよりも、流行に敏感であり、自分に似合う服装が分かっていることが伝えられるように、黒以外のスーツを着用しても問題ないとされている傾向にあるのです。

スーツの色によって印象は異なる

どれも似たようなもので、どれを着ても同じと思っている人はいませんか?実はスーツの色が少し違うだけで、その人の印象が変わります。言い換えればスーツ1着で自分の印象付けたいとおりに演出できるということにもなります。スーツの色一つで大きく印象が変わるので、自分の演出したい雰囲気に合わせて着用してみるといいですね。

面接時の注意点はスーツの色だけでなく身だしなみ

就活の面接では、スーツの色だけでなく、身だしなみ全体に注意しなくてはいけません。髪型やアクセサリー、女性の場合はメイク、男性はネクタイ、スーツのサイズなどなどがあります。

面接では、会場に入ったとき、質問する前に見られるのが身だしなみです。面接官の第一印象が不衛生やだらしがないだらしがないものだと、せっかく面接の内容がよかったとしても、全体的な印象にあなたの身だしなみが入ってしまい、結果残念なことになる可能性もあります。

そんなことにならないようにご紹介するのが、就活マナーマニュアルです。この資料には、面接だけでなく就活において必要なマナーが記載されています。ぜひ就活生のみなさんは一読してみてください。

爽やかな印象を与えたければネイビーのスーツ

ネイビーという色は、人を爽やかでフレッシュに見せてくれ、清潔感をプラスしてくれるものです。ですから、もしフレッシュさや清潔感をプラスしたいと思ったら面接ではネイビーのスーツを選ぶようにすると良いでしょう。

この色のスーツであれば、自分がどんな受け答えを用意していても間違いなくその受け答えの印象をアップしてくれることでしょう。一番万能的に面接での印象をあげることの出来る色です。

無地のネイビースーツは面接官からも好印象

ネイビースーツであれば爽やかな印象を与えることができますので好印象を与えやすいですが、さらにプラスの評価を狙うのであれば無地のスーツがおすすめです。ネイビースーツは爽やかな印象を与えられる反面、カジュアルに見えてしまう場合もあり、場合によってはマイナスの印象を与えてしまうこともあります。

柄が入っていればよりカジュアルに見えますので、プライベートで使用するのであれば問題はありませんが、就活で使用するには不向きな場合も多いです。無地であればフォーマルな印象を与えることができますし、爽やかな印象と合わせて好印象を与えやすくなります。柄を入れる場合は落ち着いたデザインを選び、特にこだわりがないのであれば無地の物を選ぶようにしましょう。

明るい印象を与えたい場合はグレーのスーツ

503882a9ece7aba5648a47568b554aa2_s
もし面接での自分の回答が熱意にあふれているような回答だったり、自分の長所が明るさや協調性だったりするのであれば、そういう方はグレーのスーツを選ぶようにすると、それらの言葉に説得力が出てきて、面接での印象が良くなることでしょう。

グレーという色は、一見落ち着いて見えるものですが、こと面接のスーツという場面においては、一番明るいものになります。
ですから、グレーのスーツを着ていくことで明るさや、熱意、積極性をプラスしてくれるのです。

グレーのスーツで華やかな印象を与えるのもアリ

グレーのスーツは、自分の顔の暗さを消してくれて、すこし華やかに見せてくれ、第一印象が良くなることでしょう。このように、自分の受け答えに合わせるだけでなく、短所を考えて選ぶようにするのも、より良い印象を与えるためのスーツ選びとなります。

グレーのスーツの着用によりあか抜けて見える

グレーと一口に言っても色の濃淡はさまざまありますが、暗めでも明るめでもあか抜けて見えるため、明るい印象を与えやすいです。グレーのスーツは華やかな印象を与えやすいですし、色の濃淡に関係なくあか抜けた印象を与えることができます。もちろん色によって与える印象は少しずつ違っていますので注意が必要です。

暗めのグレーであればより落ち着いた印象を与えやすくなりますし、明るめであればより明るい印象を与えやすくなります。色が暗くなる分にはそれほど問題はありませんが、明るい色を選ぶ場合は、色味には注意が必要です。グレーでも明るすぎるトーンのものはカジュアルに見えてしまう可能性がありますので、明るすぎない、落ち着いた色合いを選ぶのがおすすめです。

面接でおすすめのスーツ販売店

面接でおすすめのスーツはさまざまありますが、選択肢が広がることでどれを選べばいいかわからなくなり、悩んでしまう人も多いです。スーツは頭でイメージしているだけでは自分に合ったものを選ぶのは難しいですし、実際に商品を見て、試着してみることが大切です。

スーツの販売店はさまざまありますが、店舗によって商品のラインナップも違いますので注意しなければなりません。おすすめのスーツの販売店を知って、面接で好印象が与えられるスーツを購入していきましょう。

洋服の青山

面接でおすすめのスーツ販売店としては、洋服の青山が挙げられます。さまざまな商品が取り揃えられていますが、おすすめなのは形状記憶プリーツのスーツです。ネイビー、グレー、ブラックの3色で展開されていますので、それぞれから選ぶことができますし、ツーパンツですので着回しもしやすくお得です。

またストレッチが効いているため動きやすいですし、忙しく動き回らなければならない就活でも無理なく着用することができます。すっきりとしたシルエットが特徴的であり、スタイリッシュな印象を与えることができますので、清潔感もアピールしやすいです。トレンドを意識したデザインですのでオシャレですし、機能面も優れており、就活で長く活躍するスーツだと言えます。

▼参考商品

形状記憶プリーツ。ネイビー、グレー、ブラックの三色あり

リュリュ

リュリュも面接でおすすめのスーツ販売店のひとつです。リュリュではグレーとブラックの2色がありますので、与えたい印象に合わせて使い分けることができます。ストレッチが効いたスーツですので、動きやすいですし長時間着ていても疲れを感じにくいです。

また自宅の洗濯機でも簡単に洗うことができ、シワになりにくい加工が施されていることが大きな特徴です。就活は夏場に活動をすることも多いので、汗をかいてもなかなか洗濯できずに困っている人はたくさんいます。

着るたびにクリーニングに出すのも無理がありますし、自宅で洗えることは大きなメリットです。4点セットでリーズナブルな価格で販売されていますし、利便性も高く面接でもおすすめなスーツです。

▼参考商品

グレー、ブラックの二色あり。ストレッチが効いたスーツ

面接で着るスーツは基本的に黒が一般的だが色で印象をける方法もある

面接の際に着用するべきスーツは基本的には黒色となっていますが、業界によっては色で自分を演出できる方法ともなります。就活をしていると無地の黒のスーツを着用している人がほとんどを占めるということから、やはり無難な色と言えるでしょう。

スーツで演出をする場合は、必ず企業の事前のリサーチをおこないましょう。スーツで演出できるといっても最後は自分自身の力量で就職の合否は決まりますので、あとは自分自身の力を出し切ることが出来るように努力を惜しまず頑張りましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ