面接対策

面接前にかならずやるべき3つの準備

就職を希望する企業の面接を受ける時には、事前に準備をしておく事がとても重要となります。事前準備を行う事で、内定につなげる可能性を高める事ができるのです。そのためのポイントとして、押さえておきたい3つの事前準備をお伝えいたします。

面接前にやるべき準備1,質問の想定

b79865ec5d89098e70cfdde79745ac91_s
就職の面接を受ける時には、その面接の場で必ず面接官から聞かれる質問があります。その質問の内容を想定して、事前に返答の内容をまとめておくという事が、就職活動を成功に導く事前準備の一つとなるのです。

例えば志望動機や自己PRなどは必ず聞かれる質問といえますが、それが分かっているのにもかかわらず、面接の場においてスムーズに答えられないようでは、好印象を与える事が出来ず、就職する事も難しいと言わざるを得ません。

  • 想定問答集を作って何を聞かれても答えられるようにする!!

逆に質問される内容がある程度は想定できるのですから、その質問に対して徹底的に研究し、面接の場ではよどみなく、そして意欲的に答えるように練習をしておくという事が、重要なポイントなのです。

就職活動は、どの業界でもどの企業でも必ず聞かれる質問があります。その質問に対しての事前準備をしておく事が、面接をクリアするためのポイントなのです。

面接前にやるべき準備2,マナーを押さえておく

就職の面接を受ける前の事前準備として、面接の場においてのマナーを押さえておくという事が重要です。就職の面接を受ける際には、例えば面接室への入室の仕方や着用するべきリクルートスーツなど、押さえておくべきマナーというものがあるのです。

  • 就活サイトやマナー本で勉強!!恥をかかないように対策を

そういったマナーについては、就職活動のサイトやマナー本に目を通す事で、必要な情報を得る事ができます。業界や企業によって求められるものも異なる事がありますので、事前にそのあたりをしっかりと研究して準備しておく事が重要なのです。

就職の面接の場で慌てたりおろおろしてしまう事がないように、事前に面接を受ける場での流れやマナーなどをしっかりと調べておきましょう。そのような事前準備をしている事で、落ち着いて面接に望む事ができるでしょう。

面接前にやるべき準備3,本番に向けて慣れておく

就職の面接を受ける場合に重要となる事前準備として、面接自体に慣れておくという事も重要なポイントです。事前準備をする際に、模擬面接を受けたりセミナーに参加したりして、面接や就職活動の場の雰囲気に慣れておく事が、本番の面接で過度に緊張する事を避けるために必要な事なのです。

  • 模擬面接やセミナーを利用して本番に向けて対策すること!!

現在の就職活動は、色々なサイトなどを通して模擬面接の紹介やセミナーなど、幅広く紹介されてます。無料の模擬面接やセミナーの座談会を通して企業側の人間と接する事で、面接に対しての心構えができて、面接自体に慣れる事ができるでしょう。

ある程度の緊張は、面接を受けるためには必要な要素でもありますが、面接に慣れておく事は、落ち着いて面接を受ける事ができます。そしてその事前準備は、面接を受けるあなた自身の良さやポイントを、面接官や企業側に伝えるべくサポートをしてくれるでしょう。

面接の事前準備では想定問答集を作り本番に備えること

就職活動の面接を受ける前に、事前準備をしておく事で、面接を受ける際により好印象を与える事ができます。
特に想定問答集や模擬面接をしておけば、より自信をもって面接に臨めるでしょう。

面接を受けるという事は、就職活動中において最も重要なものでもあるので、その面接を受ける前には、出来る限りの事前準備を行うようにしましょう。それが必ず面接の場において役に立つ事といえるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ