面接対策

圧迫面接の3つの質問例と適切な答え方

圧迫面接は誰でも苦手に思うものですよね。ただでさえ面接で緊張しているのに、そんな風に圧迫面接をされたら頭が真っ白になるのも仕方ありません。

しかし、それでは面接を勝ち抜くことができませんから、ここでは、そんな圧迫面接を勝ち抜くために、圧迫面接でよくされる具体的な質問例と適切な答え方を紹介します。

圧迫面接でされる質問1,この会社向いてないと思いませんか?

tie-690084_640
圧迫面接では、例えば自分の長所や短所を説明している際、何かにつけて、「この会社向いてないと思うよ」と言われることがままあります。

そういう時には、「いや、絶対むいてる!」と、めげずにアピールしていくのもいいですが、一度なぜ向いていないと思うのか尋ねてみるのが吉です。そして相手の意見を一度のみこみ、「確かにそういう意見も一理あると思います。ですが、私はこう思います。」と答えるようにしましょう。

  • 一度の相手の意見を飲み込んでから話すこと!!

こういう質問例のように、反対意見を示して否定してくるタイプの圧迫面接には、一度相手の意見を受け入れるということが非常に重要になります。

相手の意見を折ろうとするのではなく、そういう意見があるのはわかるけど、私はこう思うと伝えることで、相手もこちらの意見を聞きやすくなるということがあるのです。

ですから熱くなって相手の意見を否定せずに、この例のように、相手の意見を飲みこんでから話すようにしましょう。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

圧迫面接でされる質問2,どうしてそんなにオドオドしているの?

君はどうしてそんなにオドオドしているの?とか、君は何でそんなに声が小さいの?ですとか、なんでそんなに笑顔が固いの?ですとか、そのように容姿や姿勢、声について突っ込まれるという例の圧迫面接もよくあります。

こういう改善可能なことにたいしての圧迫面接に対しては、現在改善を目指して努力をしている旨を話すようにしてください。

  • 現在改善をめざして努力している旨を伝えること!!

例えばオドオドしていると突っ込まれたら
「御不快な思いをさせて申しわけありません。緊張しやすい性格で、今はその性格を改善しようと努力しているところでございます。」と、謝罪しつつ改善しようとしている旨を表明すると、相手も何も言えなくなります。こういう例の圧迫面接を仕掛けられたら間髪入れずにこうして謝り、改善中であることをアピールしましょう。

圧迫面接でされる質問3,ありきたりな志望動機だと思いませんか?

magnifying-glass-633057_640
圧迫面接では、志望動機や自己PRを述べた後に、「ありきたりだと思いませんか?」と言われるような事も良くあります。
こういう例の圧迫面接にはどのように回答していくのが適切なのでしょうか。こういう例の圧迫面接に対しては、

「失礼しました。私としましては正直な気持ちを伝えさせて頂いたつもりでした。
貴重なご意見ありがとうございます。」

と、素直に謝り、自分なりにはありきたりではない志望動機や自己PRを伝えたつもりであることをアピールしましょう。

  • どの点でありきたりかを突っ込むのも良い!!

また、どの点でありきたりだと思われましたでしょうか?と突っ込んでいくのもアリでしょう。

こういう質問例では、別段相手を納得させるような答えを求めてるわけではないので、とにかく落ち込んだり、怒ったりしないで、ポーカーフェイスでこういう回答をするのがベストとなります。

圧迫面接の質問例と適切な答え方まとめ

圧迫面接の質問例と、それに対する適切な答え方としては、以上の通りです。

・この会社向いてないと思いませんか?→相手の意見を飲み込んでから話す
・どうしてそんなにオドオドしているの?→改善をめざして努力している旨を伝える
・ありきたりな志望動機だと思いませんか?→どの点でありきたりかを突っ込む

これらを参考にして、いざ圧迫面接を仕掛けられてもスムーズに対応できるようにしていきましょう。

圧迫面接は、それを乗り切れば内定とも言われるようなものですから、ここさえのりきれば合格はもうすぐそこですよ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ