内定について

内定者懇親会の挨拶で好印象を与えるポイント

内定者懇親会では、一人一人挨拶をすることもあります。
そんな時の挨拶を何も考えていないと、なんだか微妙な挨拶となってしまい、最悪な印象を残してしまう可能性もあるでしょう。
そこでここではそうならないよう、内定者懇親会での挨拶のポイントを紹介します。

内定者懇親会での挨拶ポイント1,会話のキッカケをつくる

smile-191626_640
内定者懇親会での挨拶で印象を良くするためのポイントとしては、挨拶の中に今まで頑張ってきたことなど、会話のキッカケとなることを盛り込むということが言えます。
内定者懇親会は挨拶のあとももちろん続くわけですから、そうしたことを盛り込んで挨拶をすると、同じようなことをしてきた方たちと会話が弾みやすくなり、印象が良くなることでしょう。

  • 簡潔にわかりやすく話すこと!

内定者懇親会はコミュニケーションをとることが目的なので、しっかりコミュニケーションがとれるように、会話のとっかかりを与えましょう。
ただ、あくまでもこれは内定者懇親会での挨拶で、面接ではありません。
面接のように、今まで頑張ってきたことを事細かに説明する必要はないということは覚えておいてください。
なるべく簡潔に説明するようにしましょう。

内定者懇親会での挨拶ポイント2,入社後の抱負を述べる

内定者懇親会は比較的にカジュアルなイベントではありますが、それでもやはり仕事上の付き合いであることにかわりはありません。
これから仕事でどんなことを頑張っていきたいのかということもあわせて伝えるようにすると良いです。
それも会話のキッカケになるということもありますから、内定者懇親会の挨拶には、そうしたこれから頑張りたいことも盛り込むようにしてみてください。

  • 全体で45秒程度の挨拶にできるように調節しておくこと!

「こんなことにいつから興味があって、ずっとそういう仕事をしたいと思っていたので、この会社でそういう仕事をするのが楽しみです。」というような挨拶をすれば、内定者懇親会の挨拶を通して印象が良くなるはずです。
こちらもあまり語りすぎる必要はありません。全体で45秒程度の挨拶にできるように調節しておきましょう。

内定者懇親会での挨拶ポイント3,ユーモアを加える

このような内定者懇親会などの挨拶の場面では、ちょっとしたユーモアを見せるとすごく印象が良くなります。
もちろんそれはユーモアを全面に押し出せと言う意味ではありません。
ユーモアをアピールしようと、「挨拶として一発芸をします。」などといって芸人さんのギャグをしたりしても寒いだけです。

  • 芸人のギャクなどはNG!自虐ネタを軽く入れる程度のユーモアで十分!

そうではなく、自虐ネタなどを軽く入れる程度のユーモアで十分なのです。
「私はあがり症なのでこういう挨拶の場面ではもともと緊張してしまいがちなのですが、皆さんの挨拶のクオリティの高さのせいで、さらに緊張して、今、正直ちょっとちびり気味になっています。」というような明るめの自虐ネタなどなら、たとえその場では滑ったとしても、その挨拶を通して良い印象をもってもらえることでしょう。
是非自分なりにささやかなユーモアを、内定者懇親会の挨拶に盛り込んでみてください。

内定者懇親会の挨拶は会話のキッカケ作りになる!

内定者懇親会の挨拶は、これらのポイントを参考に作成してみてください。
せっかく参加した内定者懇親会ですから、どうせなら印象を良くしていきたいものですよね。
それならば是非、参考にしてみてください。きっと良い印象を与えることができるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ