内定について

内定ブルーへの対処方法について【転職編】

転職時には内定ブルーになりやすいということが言われています。
ですから、転職が決まった方の中には、今まさに内定ブルーになってしまっている方も多いでしょう。
ここではそんな方の為に、転職時の内定ブルーへの対処方法についてご紹介いたします。

内定ブルー対処法1,今の会社のマイナス面を書きだす

bridge-19513_640

転職時の内定ブルーは今の会社のマイナスポイントを羅列していくことである程度解消することができます。
ですから、思いつく限りの今の会社の悪いところをたくさん書きだしていってみてください。
そうして思いつく限りのマイナスポイントをたくさん書きだすことができれば、これから行く会社が不安だったとしても、「どんな会社でも今よりはマシだろう」という思いを抱くことができて、前向きな気持ちを抱くことができるようになります。

  • 転職先に前向きな気持ちを抱くこと!!

そもそもが転職したいと思って始めた転職活動でしょうから、書きだしてみると思いのほかたくさん書きだせて、どんどん気持ちも前向きになっていきますよ。
転職先の会社の良い面をみることでも内定ブルーは解消されることはありますが、それではまたふとした時に今の会社を良く思うこともあるでしょう。
しかし、今のうちに今の会社の悪いところをしっかり書きだしておけば、後々そう思うこともありません。
そういう意味でも、転職時の内定ブルーには、こうして対処していくことがオススメです。

内定ブルー対処法2,まわりの人に相談する

転職時の内定ブルーに対処していくためには、周りの人の意見を聞いてみるということも有効です。
自分で答えをだして、それでなんとか納得しようとしても納得できない人が多いかもしれませんが、誰かに言われたことならあっさり受け入れられて、その一言であっさり内定ブルーが解消されたりすることも多いです。

  • 自分が納得できないことも周りの意見を聞くとすんなりと受け入れられる

誰かに背中を押してもらうと、不思議なほどに納得できてしまうのが人間です。
特に大人はついつい余計なことまで考えすぎてしまい、誰かに押してもらわないと動けなくなってしまっていることも多いです。
是非色々な人に相談してみてください。
内定ブルーなんてまったく感じる必要はなく、この転職がいかに希望に満ちているかが分かるようになるでしょう。

内定ブルー対処法3,転職活動の辛さを思い出す

転職活動を思い出すという方法もすごく有効な転職時の内定ブルーへの対処方法です。
もしかしたらすぐに転職先かんxが決まってしまったという方もいるかもしれませんが、今内定ブルーになっている多くの方が、辛い転職活動を経験してきたはずです。
転職なんてそうそううまくいくものではありませんし、精神的にもかなり削られたことでしょう。

  • 昔と今の現状を比べるというのがとても効果的!!

ですから、内定ブルーになってしまったら、その経験を思い出してみてください。
その経験を思い出すと、もうあんなに疲れることはしたくないと思い、内定ブルーも解消されていきます。
消去法のような方法ではありますが、内定ブルーを解消するためには、別の物と比べるというのがとても効果的だったりするのです。ですから、転職時に内定ブルーに陥ったら、辛い転職活動を思い出しましょう。
もし辛い思いをしていなければ、転職がうまくいっていない人のSNSやブログなどを覗いてみると良いでしょう。

転職する際に内定ブルーに陥った場合は別のものと比較すること

転職する際に内定ブルーに陥ってしまうのはよくあるケースです。
沈んだ気持ちのまま新しい環境で仕事をすることが、またあなたの重荷になってしまいます。
そうならないためにも、ぜひ以下の解消法を試してみてください。

・今の会社のマイナス面を書きだす
・まわりの人に相談する
・転職活動の辛さを思い出す

転職活動をしていた自分、勤めていた会社など、昔と今の現状を比較して前向きな気持ちになるのが一番の内定ブルーの解消法です。
暗い気持ちのまま入社しても、そこでの人間関係に悪影響を及ぼすだけです。
このようにしっかり対処して、少しでも明るい気持ちで転職して、転職を良いものとしていってください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ