志望動機

面接で志望動機を聞かれたときのポイントと例文

就活の面接では、必ず志望動機を聞かれます。これは、企業がそれだけ応募者の志望動機を重視しているという証です。志望動機の答え方次第で、面接の合否が決まるといっても過言ではありません。ここでは、面接の志望動機のポイントと例文を紹介します。

面接の志望動機のポイント1,相手の意図を把握する

adult-15814_640
面接で志望動機を聞かれたときのポイントと例文を紹介する前に、まずその質問から面接官は何を知りたいのか、その意図を説明します。
意図を理解しておくことで、より面接官の心をつかむ志望動機を答えることができるようになるからです。

面接官の意図は主に、「会社への志望度・入社意欲の確認」と「志望理由から就活生の人柄・考え方を知りたい」の二つです。

  • 入社意欲の確認・就活生の人柄を知りたいと面接官は考えている!!

一つ目は、いくら能力の高い就活生でも、志望度や入社意欲が低ければ、入社後にモチベーション高く仕事に取り組んでもらえないかもしれません。
成長が期待できないうえに、入社後すぐに退職という可能性もあります。なので、企業としては入社意欲の高さを確認しておきたいのです。

二つ目では、「企業のどこに惹かれるか」という点に就活生の人柄が表れます。たとえば、「若手でも活躍できる職場に魅力を感じるから」と「安定した会社で働きたいから」では人柄は異なります。

もし年功序列型の企業で前者のような志望動機を述べたら、「この子はうちの社風には合わないな」と面接官は判断するわけです。このように、志望動機を問う質問でも、面接官の意図は一つではありません。そのことを理解したうえで志望動機を述べる必要があるのです。

面接の志望動機のポイント2,入社意欲の高さをアピール

では、面接で志望動機を聞かれたときのポイントと例文を紹介します。ポイントの一つ目は「入社意欲の高さをアピールすること」です。

このためには、どうして同業他社ではなくこの企業なのかを説明するのがおすすめです。他社と比較することで「この企業じゃなきゃだめなんです」という気持ちを伝えやすくなります。

たとえば、
「この種の商品は多く販売されていますが、私は子供のころから御社の商品のファンでした」や「私はグローバルな仕事をしたい。国内でのビジネスを重視するB社とは異なり、御社は海外進出にも積極的なので、御社にぜひ入社したい」というような答え方をします。
ポイントの二つ目は、「応募先企業の特徴を理解したうえで志望理由を考える」です。

  • 徹底した企業研究が内定直結に繋がる!!

上でも触れましたが、年功序列型の企業で「若手にもチャンスがあるから」という志望理由を述べたらアウトです。

「この子はうちに合わないな」と判断されるうえに、「企業研究もろくにやっていない」と思われてしまうからです。

面接官に好印象を与える志望動機を答えるためには、その企業がどのような特色を持った企業なのかに触れなければなりません。的外れな答えをしないためには、徹底した企業研究が必要です。

面接の志望動機のポイント3,準備が大切

面接で志望動機を聞かれたときの例文を紹介します。
「私は大学の講義で、中小企業の倒産理由の大半が、『キャッシュフロー・ファイナンスなどの知識の不足』だということを知りました。
日本の中小企業は日本の産業の要であり、中小企業の倒産は日本にとって大きな損失です。大学での研究をきっかけに私は中小企業を支えるコンサルタントとしての仕事を志すようになりました。

そこで現場を知りたいと考え、昨年はコンサルタントのアシスタントのインターンに半年ほど挑戦しました。
顧客と向き合い最善の解決策を考える姿を目の当たりし、以前にもまして仕事に対するあこがれが増しました。

御社は中でも、中小企業のコンサルティングに実績のある会社です。また、現在の経営状況だけでなく長期的な視点にたってコンサルタントを行う企業としても有名です。なので、長期的な視点で中小企業を支援していけると考え、志望しました」

  • 仕事に対するあこがれと強い志望動機を述べること

これは、コンサルティング会社の面接の志望動機の例文です。

例文を見てわかるように、まず、コンサルタントという仕事に対するあこがれを述べた後に、応募先企業の同業他社との違いに触れ、「この企業じゃなきゃだめ」という強い志望動機を述べています。
また、例文ではコンサルタントの仕事につくために、学生時代からインターンという形で計画的な準備をしてきたことにも触れています。この点も面接官に好印象を与えます。

面接の志望動機を作る上では企業研究が欠かせない!!例文を参考にアピールすること

以上が、面接で志望動機を聞かれたときのポイントと例文です。
面接時にはかならず相手の意図を把握してください。入社意欲の高さをしっかりとアピールできるように、企業研究は欠かせません。

また、志望動機では、「御社にあこがれているから」や「人の役に立ちたいから」などの抽象的な言い方はよくありません。なるべく具体的な志望動機、あるいは志望動機につながるエピソードや知識を披露することで、面接官の印象に残ります。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ