面接

最終面接後に送ると好印象なメールの作り方

最終面接は、それが最後の面接になりますから、それまでの選考のお礼を込めて、メールを送るというのが許されています。
この最終面接の後のメールで印象を良くしてポイントをアップさせ、逆転内定につながるということもあります。ここではそんな、最終面接後に送るとポイントがアップするメールの作り方を紹介します。

最終面接後のメールのポイント1,お礼を述べる

最終面接の後のメールでは、あくまでもお礼のメールであるということをアピールしなければなりません。
面接後にメールでただただ自分の良さだけをアピールされても迷惑ですし、それだけをアピールしても、「アピールしたいことがあったなら正当に面接で伝えてよ」と思われて逆に印象が悪くなってしまうことすらあるでしょう。そうなってしまうのであれば最終面接の後のメールなんて送らないほうがはるかにましですよね。これから取り戻す機会もないわけですから。

  • あくまでも選考のお礼であることを強調すること

ですので、そうならないように、最終面接のメールでは必ず、選考活動のお礼を述べるところから始めるようにしましょう。
件名も「最終面接及び選考活動のお礼 ○○大学○○」などとして、あくまでもお礼のメールであるということをアピールできるようにしてください。それから宛名を入れて、「○○大学○○学部○○学科の○○と申します。先日は最終面接のお時間を頂き誠にありがとうございました。
また、これまでの選考の活動のお時間を頂きましたことも、重ねて御礼申し上げます。」と書き始めると良いでしょう。

最終面接後のメールのポイント2,感想を述べる

そうしてお礼を述べたら、メールの本文に次に書くべきは、最終面接の感想です。「最終面接で○○様とこんな話をして入社意欲が高まった」ですとか、「最終面接で○○様と○○についてお話しして、改めて○○様の下で働きたいと思うようになった」ですとか、そうしたポジティブな内容で、入社意思の高さをアピールしていきましょう。
最終面接では、入社意思の高さを伝えるということがすごく大切になります。ですから、最終面接の後のメールでもそのことをアピールしていくのです。

  • どんな話をしたのか具体的なことも記載すること

また、メールの内容にそうして最終面接での内容を盛り込むことで、使いまわしでなく、改めてきちんと最初から作成した手の込んだメールであることが伝わり、誠意が伝わるようになります。
ですから、最終面接の後のメールには、どんな話をしたのかという具体的なことも記載して感想を述べるようにしましょう。

オトクな就活資料【無料】

【大学3年生限定】最終面接の目的は落とすことだと知っていましたか?

最終面接は顔合わせだと油断していませんか? 最終面接で落ちることは何も珍しいことではありません。しかし、緊張するだけでなく、なぜ落ちるのか、何が採用の決め手になるのかわかりづらいですよね。そこで最終面接を突破するための対策シートをご紹介! これを読んで対策しておけば、役員や社長に入社意欲が伝わるでしょう。

最終面接後のメールのポイント3,最後に多少のアピールを加える

最終面接の後のメールということで、もうそれ以上自分をアピールできる機会は訪れません。ですから、最後に改めてここまでに伝えてきた自分の強みを、さらっとアピールしていきましょう。
最初の方で述べたように、そうしたアピールが全面に押し出されるとすごく嫌な感じがするものですが、最後の一文くらいでさらっとくわえられたようなアピールなら嫌な感じもしません。ですから、アピールは最後に加えるようにしましょう。

  • 前面的にアピールしないことが重要!!

たとえば、「是非貴社で私の○○という力を活かして貢献させていただければ幸いです。この度は誠にありがとうございました。」というような例が挙げられます。こういうようなアピールなら誰が見ても嫌な気はしないですよね。
それでいてかつ、強みが明確に伝わるので、効果的です。最終面接の後のメールは、最後にこうしてさりげないアピールでしめて、「取り急ぎお礼だけでもと思い、ご連絡させて頂きました。」と締めの言葉を加え、署名を入れて終えると良いでしょう。

最終面接後に送るべきメールはあくまでもお礼を述べることに注力!!

最終面接後にポイントをアップするメールの作り方としては、以上のことが言えます。
こうしたメールを最終面接終了後即日送るようにしてください。すると多少なりともポイントがアップしていきます。
最終面接では大きな差はつきにくいですから、こうしたちょっとしたことでのポイントアップは重要ですよ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。