自己PR

就職に有利な3つの自己PRポイント

就職を勝ち取るために就活で特に大切になるのは、自己PRです。
ですから、その自己PRでアピールするべき点は、特に評価されやすいポイントにしておく必要があるでしょう。
そこでここでは、就職の際の自己PRで特に評価されやすいポイントを紹介します。

就職に有利な自己PRポイント1,根気強くめげない心

woman-918603_960_720
就職に有利な自己PRのアピールポイントとして、根気強くめげない心というのがあります。特に最近の社会では、若者は簡単に心が折れてしまうと思われています。会社側としてもそういう性格の人を採用していまい、直ぐに辞められてしまっては困ります。ですから、根気強く心がめげない人を求めているものなのです。

  • 多少インパクトのある結果が必要!!

根気強く心が折れないということを適切に伝えるためには、やはり部活動等で怒られながら努力をつづけたというようなエピソードがあると良いです。
多少インパクトのある結果が出ていないと根拠に乏しくはなってしまうので、その点には注意が必要です。多少インパクトのある結果がついてきている人は、そのエピソードを利用してアピールすると、自己PRの効果で就職が近づくでしょう。

就職に有利な自己なPRポイント2,社交性の高さ

社交性の高さというのも、どこの会社でも評価されやすいので、自己PRでのアピールポイントとして記載していくと、就職を近づけてくれるでしょう。
ただ、社交性の高さを自己PRのアピールポイントとしてアピールしていく際には、注意しておくべき点があります。
それが、社交性というキーワードはかぶりやすいということです。

  • 他者と被りやすいのでインパクトのあるエピソードが必要

誰もが、どこでも評価されるということをしっているために、他の就活生と被る可能性が高いです。
ですからよりインパクトのあるエピソードが必要になります。
さらに、社交性を売りにしていて面接で社交性がなかったらマイナス評価になるので、面接でも社交性をアピールできる人でないと、かなり危険ではあるポイントです。
ですが上手く扱えば就職を近づけてくれる自己PRのアピールポイントであることは間違えありません。

就職に有利な自己なPRポイント3,努力し続ける姿勢

簡単に折れないというところと少し似ていますが、努力して改善を続けることが出来るというのも評価されやすく、就職を近づけてくれる自己PRのアピールポイントであると言えるでしょう。というのも会社側は、将来性のある人物を求めているところがあるのです。
将来性がある人物とは、現時点でうまくいかなくても、あるいは何かがうまくいかなくなっても努力を続け改善の為に頑張れる方です。

  • 努力する姿勢というのは今後成長していく保障になる

そういう方なら頑張り続ければ自然と成長していくことは目に見えてますよね。
成長のスピードの速い遅いはあれども、確実に成長していくことは分かります。それはまさに将来性ですね。ですから、こういうアピールポイントは魅力的な自己PRとなり、就職に有利に働いてくれるのです。

質問に答えるだけで自己PRを完成させよう

就活において、自己PRは大きな意味を持ちます。インターンシップに参加する時点で、自己PRを考えておくのはおすすめです。自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、用意された質問に答えるだけの自己PR作成ジェネレータで自然な流れの自己PRを作ってみてください。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

就職に有利な自己なPRとは強い精神・社交性の高さ・努力する姿勢!

以上、就職の際の自己PRで特に評価されやすいポイントのご紹介でした。
自身の持っているエピソードや自身の性格と照らし合わせながら、上手くアピールできそうな点を探してみてください。
そして、もし合うのがあれば、これらの3つの中のどれかをアピールしていくと良いでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ