自己PR

就活の面接で自己PRを魅力的する方法3つ

就活の面接では、いかにうまく自己PRが出来るかということがとても重要になります。
きちんとツボを刺激するような自己PRをして、良い印象を残さないとならないのです。
そこでここでは、その際にきちんと良い印象を残すため、就活の面接でうまく自己PRするためのコツを紹介します。

就活の面接での自己PR方法1,企業の欲しがるスキルをアピールする


就活の面接で、効果的に自己PRするためには、企業の欲しがるスキルをアピールするのが一番です。スキルでなく、性格的なことでも良いので、企業の欲しがる人材であることをアピールしていきましょう。
というのも、就活の面接の自己PRというのは、自分の能力がいかに優れているかをアピールする場ではないのです。
就活の面接の自己PRというのは、自分がいかにその企業にあっているかをアピールする場所なのです。

  • 企業が求める人物像を把握し自分のスキルや性格的な強みを書き出すこと!

それを的確にアピールするためにするべきことは2つです。
1つは会社の欲しがる人材についてリサーチすること。これは説明会など数多くの方法で得ることが出来るでしょう。もう1つは、自分のスキルや性格的な強みをひたすらに書きだすことです。書きだしておくことで、スムーズにその企業のカラーにあう自己PRのアピールポイントを引き出すことが出来るようになるでしょう。
就活の面接前にその2点をしっかり行っておきましょう。

就活の面接での自己PR方法2,抽象的な表現は避ける

たとえば、想像力が豊かなところが私の強みだと言われても、それは就活の面接では決して魅力的には聞こえません。
それどころかまったく魅力は伝わらず、自己PRを通して印象が悪くなるでしょう。
たとえ会社の望む人材が「想像力が豊かな人」と記載されていたとしても、そのままの表現は避けましょう。

  • より具体的に説明する必要がある!!

就活の面接での自己PRは、できるだけ分かりやすく、理解しやすくする必要があるのです。つまりこの場合、どういう面で想像力が豊かなのか、何をもって想像力豊かとしたのか、どういう想像力なのかということを明らかにしないとならないのです。ゆえにここでは、「○○ということから○○ということを想像し、どう行動すれば良いか考える力に長けています」というように説明するのがベストになるのです。

就活の面接での自己PR方法3,段落ごとに分けて話す

就活の面接の自己PRは、覚えてきたことをそのままダラダラとしゃべり続けても印象は良くなりにくいです。
内容がすぐれていても伝える力に乏しいと魅力的だと思われないのが就活なのです。
ですから、そこでうまく自己PRしようと思ったら、段落ごとに切り分けて話すようにしてください。すると突っ込みの間が生まれたりして、会話力のアピールにもなりますし、話も聞き取りやすくなります。

  • 3つの段落に分けて自己PRをアピールしよう!

段落とはすなわち、スキルのアピールの段落、証明のエピソードの段落、それの仕事への活かし方の段落です。これらの段落をしっかり分けて、それを意識して間をとるようにして話すようにしていってください。
それだけで就活の面接の自己PRは魅力的になりますから。

就活の面接での魅力的な自己PRにするには抽象的な表現は避けて具体的な内容にすること!

以上、就活の面接でうまく自己PRするためのコツのご紹介でした。こうしたことを意識していけば、就活の面接の自己PRも、まずうまくいくでしょう。
ここで紹介してきた3つのコツのどれもとても重要なことなのでしっかり全て意識するようにしてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。