就活その他

ボーナスとは何か?算出方法と支給日について

ボーナスの算出方法

banknotes-82948_960_720
ボーナスにはどのようなイメージがあるでしょうか。
まずは「大金」でしょう。
ですが大金と言っても1兆円貰えるわけではありません。
具体的な額を見ていきましょう。

  • ボーナスはその人の月給額が基本!!

ボーナスとはその人の月給額を基本とします。
この月給額の数か月分の金額と言うのがボーナスの金額となるのです。
一体何か月分なのか、ということは企業によって異なりますが最近では2ヶ月程度が最も多いようです。
もちろん中には4ヶ月分以上の金額を払う企業もあります。

一例として30万円の人がボーナスを貰ったと考えて見ましょう。
そうなると、その2ヶ月分となるので60万円のボーナスとなります。
さらにボーナスは月給とは別に支給されるものなので、その月の収入は月給とボーナスを合わせた90万円となるのです。
ボーナスとはこのぐらいの額の大金なのです。

ボーナスの支給日について

ではボーナスとはいつ支給されるのでしょうか。
それは夏と冬の年二回です。
先ほど、実際には2ヶ月程度の月給額がボーナスと述べて残念に思った人もいるでしょうが、年二回のボーナスとなると計4ヶ月分が支給されることになります。
30万円の月給であれば年当たり120万円がボーナスとなるので2ヶ月と言えどもかなりの額となるのです。

  • 公務員のボーナス支給は6月30日・12月10日!!民間は自由に設定できる

ボーナスを支給する日というのは公務員以外の民間企業では定められていません。
公務員の場合、6月30日と12月10日に支給することが人事院規則というもので決められていますが、民間企業は自由に支給日を設定できます。
ですが民間企業であっても大体公務員と同じ支給日となるようです。
ボーナスとは6月終わりから7月初めと、12月初めから中旬にかけて年2回払われるものとなります。

あなたの就活力を測ってみよう

今年の就活はイベントの自粛などもあり、思うように動けず、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、就活が再開したとき、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。

この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。

日本のボーナスのあり方

ボーナスとは何も世界各国で採用されているものではありません。
というより日本のものは外国と比較すると少し異質なものとなっています。
日本のボーナスの場合、その存在理由は企業側に有利なものなのです。
ボーナスとは確約された報酬ではないので、いざとなったら企業は払わなくて良いのです。

  • 企業の予算の調節役としてボーナスは存在する!!

そのため、従業員の毎月の給料を低く抑えてボーナス額で調整するというような使われ方をしています。
つまり企業の予算の調整役としてボーナスという制度が存在しているのです。
本来払われるべき年収の帳尻合わせをしているだけなので、実は日本のボーナスはあまり良い形とは言えません。
これに比べ海外の場合は個人的な報酬の意味合いが強いものです。
これこそ正にボーナスというもので、個人の業績について与えられるお金となっています。

コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう

コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。

コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。

ボーナスとは企業の予算の調節役!!月収2カ月分の場合が多い

ボーナスとは何か見てきました。
ボーナスは月給数か月分と言われますが、実際には2ヶ月の場合が最も多いものです。
ですがそれも年に換算したら4か月分の報酬となるので、十分な大金となります。
また、日本のボーナスは予算の調整役として存在しているので得な制度とは言い切れません。
ですが大金は大金なので、いざ支給されると嬉しいものです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ