公務員試験の受験資格で絶対に注意すべき点

公務員には受験資格があるので注意が必要です非常に安定した仕事として人気の高い公務員ですが、一般企業と比べるとその受験資格が厳しいことでも有名です。というのも公務員は国や県などの代表として働くと言えますので、受験資格を満たさない場合は試験を受けることすらできないと言えます。

公務員の受験資格

fountain-pen-1053697_640
公務員になるための公務員試験を受験する場合、その受験資格を満たしていない場合にはいくら能力がある場合でも受験が出来ないと言えます。
基本的に公務員の採用に関しては公開平等の試験で行なうことが義務付けられており、さらに能力のみに基づいて任用すると言う決まりがあります。

  • 公務員の受験資格は基本的に年齢が基準!!

そのため能力があれば採用される確立が極めて高いと言えますし、公共の利益のために勤務するという理念をもって採用試験に望めば採用率も高くなる可能性があります。
しかし受験資格を満たせない場合は基本的な採用基準を満たしていないことになりますので、採用試験自体受けられません。
公務員の受験資格は基本的に年齢が基準となっており、職種でその年齢基準も異なります。

国家公務員の受験資格

公務員には国家公務員と地方公務員があり、国家公務員のほうが受験資格である年齢制限が厳しく設定されています。
基本的に国家公務員の場合、大学を卒業するであろう21歳からの採用が多く、その年齢に達していない場合は受験資格が無いとみなされます。
一部、海上保安大学や航空保安大学などは高卒でも受験可能となりますが、これは高卒後に即保安大学に入学になるためですので、
他の国家公務員とは基準が異なることになります。

  • 21~28歳までが国家公務員試験の受験資格を有する年齢!!

それ以外は一部を除き21歳~28歳程度までが受験資格を有する年齢となりますので、21歳以前でも28歳以降でも受験資格はありません。
そのため大学入学時の年齢によっては卒業時に国家公務員の受験資格を有していないと言う状況も考えられると言えます。

地方公務員の受験資格

地方公務員の場合の受験資格は国家公務員とはどのように違うのでしょうか。
地方公務員の場合も受験資格は年齢で決まることになり、基本的には21歳~28歳と国家公務員と同じ年齢制限が多いです。

  • 地方公務員は受験資格が低く設定されている

しかし、地方公務員の場合には高卒である17歳からでも受験資格がある職種がありますし、28歳を超えた場合でも受験資格があるものが数多く存在しています。
そのため国家公務員と比べた場合には地方公務員のほうが受験資格が低く設定されています。
ただし、中には学歴制限を設定しているものもありますので年齢はクリアできていても学歴で受験資格が無いというケースもありますので注意をしましょう。
それと国家公務員の場合に関しては日本国籍がないと受験資格を有していないことになりますのでその点も考慮すべきポイントです。

公務員試験の受験資格は年齢が基準!!国家・地方で基準が異なる

公務員の受験資格で重要なのは年齢制限というものが最も重要になる受験資格です。
そのため、公務員になりたくてもなれない場合もありますので年齢制限に関してはしっかりと把握しておく必要がある問題だといえるでしょう。