公務員は女性にとって心強い職業である理由

公務員という仕事は、女性にとってとても魅力的な仕事です。
仕事も頑張りたいけど、家庭や子育ても真剣に頑張りたい。なんとかして仕事と家庭の両立を模索したいと考えている女性も多いと思います。
そんな女性の方々に、ぜひ公務員という仕事の魅力を知ってもらおうと思います。

女性が公務員になるべき理由

network-889347_640
仕事を頑張りたいという女性は、公務員を目指すべきです。

  • 職場で男女の偏見がない

まずは、長年国主導で男女平等を推進してきたという背景から、公務員の世界では女性に対する偏見というものがなく、男女平等の立場で働くことができます。仕事の成果次第では女性でも役職をもらうことは可能であり、女性だから出世できないということもありません。

  • 女性に対するサポートが手厚い

また、公務員であれば女性に対するサポートもとても充実しています。具体的には妊娠や出産に対する各種休暇制度、その際の給与の支給、職場復帰の際の仕事確保。当たり前といえば当たり前ですが、こういった制度を確実に実施している職場も多くはなく、女性は妊娠・出産を機に仕事をあきらめることもよくあるのです。その点、公務員であれば長期的に仕事することができると言えます。"

女性が公務員以外になるべきではない理由

もはや極論を言ってしまうと、女性で働きたいと考えている人は、公務員以外の職に就くべきではありません。

  • 男尊女卑が根強い

特に大企業などに多いのですが、いまだに男尊女卑の昭和文化が残っている職場もあり、女性にとっては大変働きにくい職場だと言えます。働きにくいだけではなく、こういった職場では女性が出世をするというのがなかなかありません。社会人としてのキャリアを積みたいというのであれば、公務員になる方が無難なの

  • サポートが薄い場合がある

女性に公務員以外を勧めない理由の二つ目として、女性に対する各種サポートが薄いというのもあります。公務員であれば当たり前の出産休暇や育児休暇は、実は民間企業になるとそこまで一般的ではないということもありえます。大企業であれば別ですが、中小企業などにおいて、女性に残された選択肢は退職のみという状況も珍しくはないのです。"

結婚するなら公務員を選ぼう

別の視点からでは、女性が結婚相手を選ぶ際に、公務員を選んだ方がいいという考え方もあります。

  • 公務員なら収入が安定する

なんといっても夫が公務員であるならば、家庭の収入は安定します。家族としてこれほど心強いということはなく、安心感はひとしおです。また、公務員の収入は年功序列の考え方が強いため、毎年安定的に上がっていきます。公務員の男性と結婚することで、女性は安定した生活を送ることができるのです。

  • 公務員なら夫の子育て参加も可能

女性が公務員の夫を持った場合、夫の家事協力や子育て参加も容易になります。公務員の仕事はそこまで激務になることもなく、比較的早い時間に帰宅が可能です。そのため、仕事一辺倒の生活になることも少なく、育児や家事の分担・協力をしていくことができるのです。

公務員という職は女性にとっては心強いもの!!

自分が働く場合であっても、パートナーを選ぶという場合であっても、女性にとっては公務員という職はとても心強いものになります。
公務員として働くためには試験突破などの努力も必要ですが、その努力をしてでも公務員になるべきメリットがそこにはあるのです。巡り合わせがあるのであれば、公務員の方とパートナーになるのもお勧めです。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ