インターン

インターンシップで発生する給料の仕組みと目的|支給額やインターン探しにおすすめのサイトもご紹介

そもそもインターンシップで何をするのか

そもそもインターンシップとは、その企業や団体・組織がどんな仕事を行なっているのか実体験するための機会です。しかし、最近ではその意味が薄れてきているのが現状で、企業側にとっては、いい学生、能力ややる気のある学生を早く見つけ、コンタクトを取る場になってきています。

また、将来仕事仲間になるかもしれない若い学生が会社にいることになり、職場に新たな活気をもたらします。こうしたメリットがあるため、企業の中には、学生が喜びそうなレクリエーションや単なる説明会などで終始する例もあるようです。

一方、学生にしてみれば当然、仕事内容や会社の雰囲気を知るチャンスであるわけですから、いわば両者のマッチングの機会と言ってもいいかもしれません。とはいえ、もちろん「遊び」や「軽いお試し」的な感覚で参加するのは論外です。その会社に実際に就職したつもりで、緊張感をもって臨みましょう。

インターンシップといってもその種類は多い

インターンシップには、実施機関によって種類があります。よく行われているのが「1Dayインターン」といって、1日だけのインターンシップで、多くの就活生が参加しています。1日という短い期間だけに、体験できることは限られていて、説明会の後に各部署をぐるっと回るだけという会社も多いようです。

また、1Dayインターンは就活に有利になるという噂もありますが、できるだけ優秀な学生を囲い込んでおきたいという企業側からすれば、1日だけでその就活生の能力などを見極めることはできません。一方、「長期インターン」というものもあります。

これは数週間から数カ月の期間にわたり週に数回出社し、社員と同じように働くというものです。こちらは、企業側が学生の質をしっかりと見極められ、就活生にとっては専門的なスキルや働く意識を身につけられるという利点があります。最も多いのは1~2週間です。

インターンシップとアルバイトの違い

インターンシップの中には、参加している間の賃金が支給される場合があります。中・長期のインターンシップの場合、参加者を業務のシフトに組み込んで本格的に仕事を体験させる企業も存在します。

また、就活に対して感度の高い学生の中には、1年生の時からインターンシップに参加している人もいます。これは一種のアルバイトだと感じる人もいるかもしれませんが、インターンシップとアルバイトは違います。アルバイトはさまざまな世代の人を労働力として受け入れますが、インターンシップは大学生・大学院生に対してのみ開かれている制度です。

インターンシップはスキルアップができる

インターンシップとアルバイトの違いで最大かつ根本的なのものは、インターンシップは「スキルアップができる」ということです。企業がアルバイトを雇用する理由は、正社員より低い賃金で仕事をしてもらうためです。一方アルバイトで働く人は、自らの労働力と時間を企業側に切り売りしています。

よほど意識の高い人は別にして、そこに創意工夫は生まれにくいのが実態です。「この仕事を効率よく、正確にこなすためにはどうすればいいか」は、あまり考えません。一方インターンシップは、就職する可能性のあるところに参加し、将来のために実際の業務を体験します。

当然、学生のモチベーションは高いですし、企業側も正社員の一員として接し、将来の戦力となることを期待して指導します。労働の結果として対価を得るのはアルバイトと一緒ですが、同じ仕事をしたとしても、結果としてそこに大きな違いは生まれます。

インターンシップで授業を休む必要はない

実際にインターンシップに参加しようと思っても、「授業を休まなければならないのでは」と心配する人もいるでしょう。インターンシップと授業は無理なく両立できます。文部科学省が調査した平成27年度におけるインターンシップ実施状況によると、全国でインターンシップを単位認定している大学は7割を超えました。

自分の大学はどうなのか調べ、もし単位として認めてもらえるのなら、積極的にその制度を利用しましょう。また、インターネットでキーワード検索してみる方法もあります。「インターンシップ」「週1~2日」「シフト考慮」などでヒットすれば、実際にその会社に詳しいことを問い合わせてみましょう。

インターンシップの説明会を開いている企業も多いので、参加して担当者と相談するのもいいでしょう。また、月・水・金や火・木などと決めて大学の授業を集中させ、開いた曜日にインターンシップを入れることもできます。

このように、大学とバランスをとりながらインターンシップに参加することは可能です。また、そんな就活生の要望に柔軟に対応してくれる企業は、社員を大事にすると言えるでしょう。

インターンシップで給料はもらえる?

インターンシップは、学生が企業側へお願いをして職場体験をさせてもらっているイメージがありませんか。そのため、給料をもらえるという概念すらもっていない参加者もいます。しかし、インターンシップだとしても給料が支給される場合があるのです。

従来のインターンシップは純粋に職場経験を積む場としての意味合いが強く、給料が支給されないというのが普通でした。しかし近年では、インターンシップは労働の一環であるとの見方が広がりつつあり、労働であるからには給料を支給しなければならないと変化しました。

インターン生=労働者という見方が出てきたため給料が発生する

給料が支給されるとはいえ、全てのインターンシップで支給されるというわけではありません。職場体験として人気が高いインターンシップでは給料が出ないこともあるので、参加する前に詳細を確認しておくとよいでしょう。

場合によっては、昼食代や交通費なども支給されることもあります。インターンシップの募集要項には、給料が発生するかどうかは明記してありますので、意見の食い違いがないように事前に注意しておきましょう。

インターンシップ生に対する給料を支給する理由

では、なぜインターン生に給料が支給されるようになってきたのでしょうか。それは、主に2つの理由があります。

労働基準法違反を防止

インターンシップを労働であるとみなすようになってきたため、労働基準法に違反しないように給料を出しているという一面があります。インターンシップの中身にもよりますが、場合によっては正社員と同じ拘束時間で働くこともあるため、単なる職場体験というよりは労働であると考えられるようになったのです。

インターン生の発信力を意識

さらには、インターンシップに参加する学生の発信力も給料が出る理由のひとつになります。昨今ではSNSの普及により、企業のイメージやブランドは学生の発信ひとつでいかようにもなってしまうのが現実です。劣悪な待遇の中で働かせたともなれば、学生にその事実を発信され、企業の信用は失墜してしまいます。そうならないように、給料を支給するなどして最低限の待遇を整えるのです。

インターンシップで給料を支払う企業の目的

インターンシップは、企業側もいくばくかの資金やお金を注ぎ込んでおこなっています。そのため、企業側としてもインターンシップにメリットがなれば実施しません。では、どのようなメリットが企業にはもたらされるのでしょうか。企業側の目的を探ってみましょう。

優秀な学生を囲い込むため

インターンシップは、企業にとっても重要なイベントととらえられるようになってきました。不況の影響からか、優秀な学生はこぞって一部の大企業志望となり、中小企業などの企業は優秀な学生を獲得するのに苦労しているのが現状です。

そのため、インターンシップで給料を出していい待遇を用意することで優秀な学生に参加してもらい、いち早く囲い込もうという狙いがあるのです。

長期インターンシップに参加してもらうため

長期間のインターシップに参加してもらうことができれば、企業側は優秀な学生に対して、それだけ長くアプローチできます。しかし、インターンシップの待遇が悪ければ学生は参加しようとすらせず、長期間ならなおさら敬遠されることでしょう。そのため、長期間のインターンシップに参加してもらうインセンティブとして、給料を支給するのです。

企業の大きさによって異なる給料の支給額

では、実際に給料が支給される企業とはどのようなところなのでしょうか。企業の大きさや期間、業務内容で異なってきます。ここでは、大企業とベンチャー企業を例に挙げてご紹介します。

大手企業⇒給料の支給はほぼない

大手企業の場合、基本的に「昼食代+交通費」の支給となります。給料が支給されない理由としては、職場体験や見学がメインであり、実務とは離れた業務をおこなうためです。そのため、給料の支給はあまり見られません。

基本的に、給料が発生する仕組みは、利益につながる仕事や戦力としての業務です。大企業のインターンシップは、あくまで「お客様」として扱われているため、給料に支給は見込めないのです。

ベンチャー企業⇒インセンティブ制度が取り入れられている

一方、ベンチャー企業は、給料の支給が一般化されつつあります。基本的に、日給や時給で給料の額が定められています。

◆日給3,000円~12,000円

◆時給800円+インセンティブ+交通費

上記のようにインセンティブ制度を取り入れ、給料に幅を利かせる傾向が多く見られるのもベンチャー企業の特色です。実践型の業務を担うため、仕事の成果をしっかり出せば評価する仕組みです。また、戦力として扱われるので、様々な仕事を任せてもらえる風土だといえます。

短期インターンは無給が大半

インターンシップでの給料の有無は、実施期間の長さでも変わってきます。長期間のインターンシップは、給料が支払われやすいですが、1~3日程度の短期インターンシップの大半は無給になっています。短期だと、社内見学やグループディスカッションがメインのため、労働とはみなすことができないので無給なのです。

差別化するために支給するところも出てきた

現在、短期インターンシップを実施する企業は、増加傾向になり、学生の奪い合いも熾烈を極めています。そのため、他の企業と差別化するために給料を支給する企業も見られてきました。

高時給なインターンを探すなら:JEEK

業務をこなすインターンに参加するなら、やはり給料をもらいたいと思う就活生は多いでしょう。実際に給料をもらえると、モチベーションも上がるのでなおさらです。しかし、給料が支払われるインターン先をいちいちチェックするのは、時間がかかります。

そこでおすすめするのが、「JEEK」というサイトです。こちらサイトは、主にインターンを実施している企業を紹介しています。なぜほかのサイトではなく「JEEK」がおすすめなのかというと、インターンを実施している企業を探す際に「時給1,000円以上」と詳しく調べられるからです。

調べ方も簡単で、「インターンを探す」のページで「時給1,000円以上」のチェックをつけて検索するだけで表示されます。検索結果も多く、自分が参加したい企業を見つけられるのではないでしょうか。給与の仕組みが詳しく書かれていることはもちろん、職種や勤務地、応募資格も見やすいサイトになっています。

応募方法は、参加したい企業のページで「応募する」ボタンをクリックし、必要な項目を入力するだけです。応募するか迷ったら「キープする」というボタンがあるので、あとから探す手間も省けます。「JEEK」を使って探したい方は、先に会員登録をしておくとよいでしょう。もちろん無料で利用できるので、安心してください。

ベンチャー企業のインターンは給料が支給されるケースがあるが大企業は稀

近年のインターンシップでは、給料を支給する仕組みが確立してきました。しかし、すべての企業が支給をしているわけではありません。主に大企業は、職場見学の傾向が強いため無給である場合が多いです。

その一方、ベンチャー企業は、実践的な業務を任され、戦力として活躍しなければならないため、給料が支給されます。給料の支払い有無は、募集要項などに記載されていますので、まずは確認してから応募しましょう。

インターンシップを実施する企業は、優秀な学生を早めに確保しておきたい胸中があるので、給料を支給するケースも見られます。企業の思惑も見え隠れするインターンシップですが、それに惑わされず自分なりの目標を掲げ、参加しましょう。

関連記事

インターンシップの仕組み|参加することで企業から学生に給料が支給される理由3つ

インターンシップの参加目的&大きなメリット【就活生必見】

長期インターンをする際の期間と給料に関して

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。