SPI

【CABの意味が分からない就活生必見】SPIとの違いと試験内容・特徴・オススメの対策本

SPIとCABとの違い

SPIは、汎用性の高い検査となります。一般的な企業が多く採用しているもので、性格をみる適性検査と実務につながる能力検査とで構成されます。一方のCABの場合には、コンピュータ関連の仕事に就く人に対して実施される試験となります。

SPIとCABの共通点は性格適性検査があること

SPIとCABには、共通点があります。性格判断をおこなう、適性検査があることです。けれどもこれは、単なる性格判断ではなく、あくまでも仕事を遂行する上で必要とされる適性を調べることが目的となります。たとえどれほど高いスキルや技能を有していたとしても、会社という組織で勝手な行動を取るようでは困るものです。また仕事に対する取り組む姿勢も客観的に判断することが可能です。

CABが出される主な業界

就職試験にCABを取り入れている業界は、どんなものがあるのでしょうか。CABが出題される主な業界を、ご紹介します。CABは、別名コンピュータ職適性テストです。学力検査の延長であるSPIに対して、CABはコンピュータ関係の仕事に直結する専門的な問題が出題されます。

就活生の専門的な知識がどれだけあるのかを知りたい企業が、取り入れているといえるでしょう。とくに、システム関連や情報処理を扱うIT業界に多いです。しかし近年では、このほかにも幅広い業界でCABが取り入れられています。

関連記事

就活の筆記試験を制する対策を大公開|SPI・玉手箱・GAB・CABの問題傾向を徹底解説

オトクな就活資料【無料】

【今すぐできる!】難関企業で必須のWEBテスト対策

今回ご案内するのは、玉手箱・TG-WEB両テストの出題パターンを網羅した問題集。初見では解けない問題も、実は解法パターンさえ知れば簡単に解けます。試験突破のカギは、問題を見たことがあるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。

SPIの試験内容

CABとは異なり、幅広くスキルを調べるのがSPIです。適性検査の後に受ける能力検査では、言語問題と非言語問題が出されます。文章の意味を理解したり基礎的な計算能力、それを応用した数列の規則性を導き出すものなどがあります。

SPI検査はCABよりも問題が多い

SPIはとにかく、CABとは異なりかなりの問題数が出されることが特徴となります。一問あたり1分も無いほどのペースで解答することが求められます。これは試験対策をおこなうことへの対策の意味もあります。

解答率などを分析して、受験者本来の力を反映したものかを分析することで、本当の受験者の姿を浮き彫りにするわけです。適性検査と合わせて、受験者の本当の姿を分析する工夫となっています。

関連記事

【SPIとは】具体的な内容と効果的な対策方法|出題されることが多い業界5つもご紹介します

CABの試験内容

一方でCABの場合はSPIと異なり、SEやプログラマーなどのコンピュータ―関係の職に就く人の採用試験です。その能力試験も具体性があります。内容としては暗算と規則性、命令表や暗号といったものとなります。試験内容はコンピュータの仕事をおこなう上で求められる技能に則したものとなっています。

CABはより高度なスキルを必要をする試験

SPIとは異なり、CABの試験は普段の仕事に直結するものが多いので、よりスキルを判断されるものとなります。とは言え基本的な知識を持っていれば解けるものが多いので、いずれ業務に携わる上では必要とされるものばかりです。

そのために、試験対策の勉強はそのまま就職後に役に立つものばかりとなります。ただし、専門性の高い検査なので社交性などを問われる適性検査の評価比重は高めとなります。

CABの特徴

CABの特徴は、その問題にあります。CABの試験内容でもご紹介したように、仕事に直結するものが多く、適性かどうか、より細かく判断されてしまうのです。普段学校で勉強している内容や、SPIの内容とは全く異なるので、CABを受ける就活生は別に対策をする必要があるでしょう。

また、CABは問題数が多く制限時間も短いため、テンポの良い回答が求められます。自分が志望する企業の試験がCABだと分かった場合は、早めの準備が大切になるでしょう。

関連記事

【CAB適性検査】SEが受験する検査の内容とは|試験を行う理由・時間・問題の形式について徹底紹介

CABの対策ができるおすすめの本

CABは専門性の高い問題が出されますので対策本などの参考書でしっかり準備しておくことが必要になります。ここでは実際に就活生によく選ばれている、SPIノートの会、成美堂出版、内定ロボットのシリーズから人気のあるものをご紹介します。

CABに関しては覚えることもありますが、やはり演習を繰り返すことで身につくこともあります。キャリアセンターや書店などで実際に手に取り、ぜひ自分に合うものを見つけてください。

おすすめ本①

必勝・就職試験! 【Web-CAB・GAB Compact・IMAGES対応】CAB・GAB完全突破法! 【2019年度版】

就活生の信頼が厚い「SPIノートの会」編です。2016年度の全国主要書店・大学生協で売上1位(CAB・GAB対策本)になっています。特に攻略の難しいWeb-CAB(CABのWebテスト版)問題が素晴らしく、直前の対策に最適です。

この本の問題が解けるようになっていれば、本番は十分攻略できます。受験する企業でCABが出されることがわかったら、ぜひ読んでおきたい1冊です。

また、2019年度版では新たにSHL社共通の性格テストOPQの解説を初掲載している点にも注目です。OPQはCABはもちろん、SHL社作成のペーパーテスト、Webで受ける「玉手箱」でも共通で出される性格テストです。

おすすめ本②

最新最強のCAB・GAB超速解法〈’19年版〉

実際の問題数を実感し、演習問題をこなして実力をつけるのに最適の1冊です。好評の赤シート付で解答やポイントを覚えやすいのもポイントです。ただし、解答が丁寧過ぎる傾向があるので、この本の解答通りに解こうとするよりは、演習数をこなす為の1冊と位置付けるべきでしょう。

CABは専門性が高く、対策をしていないとまるっきり解けないこともあり得るので、時間のある限り上達を目指して演習を続けましょう。CAB対策は入社後も絶対に役立ちますからやって損はありません。時間内により多くの問題を解く為にも「実際にどんな問題が出たか」わかる本書で時間のかかる問題を見分ける効果も期待できます。

おすすめ本③

分かりやすさバツグン! あっという間に対策できる! 最速マスター SPI3&Webテスト 2019年度版 (日経就職シリーズ)

こちらも就活生に評判の「内定ロボット」編です。内定ロボットシリーズにはタイトルにCABと入っているものはないのですが、本書でわかりやすく説明されています。CABだけでなく、SPI・玉手箱・TG-WEBも対策でき、SPIに関してはペーパー・テストセンター・WEBテスティングサービスの3方式が対策できます。

このことからもわかる通り、CABだけを詳しく解説している訳ではなく「広く浅く」という感じです。本書は入門編として捉え、ポイントを押さえた上で実際に受験するまでにはさらに演習を重ねると良いでしょう。

SPIとCABの試験内容と特徴まとめ

このように、SPIとCABは根本的に目的は異なるものです。それぞれに対策方法は異なるので注意が必要です。いずれにしても、仕事に取り組む姿勢や社交性などがセットで評価されるという点が共通することになります。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。