インターン

【インターンシップの自己PR講座】選考を勝ち抜くための書き方のコツ

インターンシップの選考は高倍率

あなたが応募したいと思う企業のインターンシップなら、他にもたくさんの就活生が興味をもつでしょうから、人気があるのは当たり前ともいえます。そんな高倍率のインターンシップを見事射止めるためには、まず書類選考に通らなければなりません。

その書類選考とは、エントリーシートの中で企業側が重要視している自己PRと、目的意識をふるいの基準にして選考されることになります。つまり、高倍率の人気のあるインターンシップに受かるためには、自分をいかにアピールして志望の企業に成果をもたらす人材になりえる可能性が大きいかを説き、それを活かして成果を出せるよう一緒に働いてみたいと思わせることができるかにかかっているでしょう。

質問に答えるだけで自己PRを完成させよう

就活において、自己PRは大きな意味を持ちます。インターンシップに参加する時点で、自己PRを考えておくのはおすすめです。自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

企業は自己PRで何を知りたいのか

インターンの選考を攻略するためには、企業が就活生の何を知りたがっているのかを理解することが大切です。企業が就活生から何を知りたいのか、どんな部分が評価されているのかを知ることが、選考攻略の第一歩になります。評価のポイントを知っておけば、それを踏まえて自己PRをすれば好印象を与えることができますし、選考の合格率も上がります。インターンの選考では就活生のどんな部分が見られているのかを知って、選考でのアピールに役立てていきましょう。

インターンシップ参加へのやる気

選考では就活生のインターンシップ参加へのやる気が見られています。面接官は自己PRだけではなく、志望動機などからもやる気があるかを判断していますので、参加への熱意をアピールすることが大切です。ただ何となく参加するというのは当然NGですし、やる気が伝わらなければ選考を突破することはできません。

インターンは職業体験の場として用意されているものですが、インターン中は企業の一員として働くことになりますので、社会人としての自覚が必要になります。インターン中に問題を起こせば、個人や大学としての問題だけではなく、企業としての問題にもなりかねません。企業としてもやる気がない学生に参加してほしいとは思いませんし、インターンを学びの場にするためにも意欲の高い学生が求められています。

企業とのマッチング度

企業とのマッチング度も企業が選考で見ているポイントのひとつです。インターンシップは学生にとっては学びの場ですが、企業が完全にボランティアでおこなっているわけではありません。企業としても優秀な人材の発掘という目的がありますし、少しでも優秀な学生、自社で活躍できる学生を探し出そうとしています。

能力が高く優秀であることは重要なポイントですが、能力があればどこでも活躍できるわけではありません。業界や企業によって向き不向きはありますし、企業の方針と違っていれば活躍することも難しくなります。ベストなのは能力があり、かつ企業とマッチしている人材です。企業はインターンの選考でも自社にマッチした人材を探していますので、企業が求める人材を把握してから選考に臨むことが大切です。

インターンに対する「目的意識」

企業は学生が何の目的で自社のインターンに参加するのかを知りたいと思っています。志望企業としてインターン参加を申し込んだのか、志望業界を研究するために参加したのか、就職に有利だから参加したのか、どういう目的での参加が気になるところのようです。

漠然と「インターンに参加したら就職に有利そう」と思っているだけではなく、何のためにインターンに参加するのかという目的意識をしっかりと持っている学生は、熱意がある、やる気がある人材として企業に評価されます。また、あなた自身も目的意識をもってインターンをする方がプラスの経験を積めます。業界や企業の風土、社会の雰囲気に触れ、自己の成長を促すいい機会になるでしょう。

インターンに参加する目的を明確に

なぜ、その企業のインターンシップに応募するのでしょう。人気で高倍率のインターンシップということは、それを目指している就活生がたくさんいることになります。その中で、どうしても受かりたいと思う他の就活生の熱意や意気込み、目的意識をあなたが制しない限りインターンには参加できません。今一度、自身の熱意や意気込みや目的意識を確認して、足元をしっかり見据えることが大事なことになります。インターンに参加する目的を明確にすることで足元を固め、目指すインターンシップへの足掛かりを確実にしていきましょう。

就活生によって目的は違う

質問:キャリアパーク会員の就活生を対象に「インターンシップに参加する目的はなんだと思いますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

【 回答 】

・会社を知ること
・少しはやく有利に就活を進める
・企業理解や自己理解
・その会社、業界が自分に合っているかどうかを身をもってしれること。社会人の方と一緒に仕事ができること。
・その企業の雰囲気を知るためです。

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「インターンシップに参加する目的はなんだと思いますか?」

回答から見ても分かるように、学生によってインターンに参加する目的は様々です。確かに、志望の業界や職種のインターンになれれば、就活の内定が早かったり、実務経験が積めて一歩先んずることができたり、向き不向きを就職前に判断できたりします。就活生にとって、参加する目的は多少違ってはいても、本命の志望度の高い企業のインターンシップを受けるため、本気度も高く難関になります。

目的を明確にすることで有意義なものとなる

インターンシップに参加することでさまざまなことを経験できますし、就活に役立てられることも数多く学ぶことができます。しかし漠然とした気持ちで参加していても得られるものは限られていますし、場合によっては何も学べないまま終わってしまうこともあります。

就活生としても貴重な時間を割いてインターンに参加していますので、少しでも多くの情報を得て学び、就活に役立てていくことが大切です。インターンを学びの場とするためには、自身の意欲も大切であり、きちんと目的意識を持って参加しなければメリットを最大限に得ることはできません。目的を持ってインターンに参加することでより有意義なものとなりますし、自身のためにもなりますので、インターンに参加する明確な目的を設定しておきましょう。

最も重要な自己PRの書き方

いざ人に、説得力を持って自分の強みを訴えるとなると、戸惑う人もいるはずです。また、アピールできることがないと思う人もいます。そんな場合はまず、紙に自分のことをリスト作成してみましょう。普段から行動するときの癖、考え方の基準にしていること、物事を決断や判断するときにどのようにするか、家族や友人からよく言われることなど、思いつくままにリストに書いていきます。

この時はあまり内容を絞らず、堅苦しく考えずに列挙してください。ここで考えて欲しいことは、強みをどう考えるかになります。長所と短所は、見方を返せば同じものです。例えば、気が短い人と言えば、短所のように捉えがちですが、決断が早い、判断力があると捉えることができます。優柔不断と言えば聞こえあまり良くありませんが、思慮深い、じっくり慎重に事に当たる人と言えば、長所になるという具合に考えるでしょう。

それらの列挙した強みに対して、どんなエピソードがあるかをそれぞれのリストに書き足していきます。できれば1つの強みに対して、なるだけ複数のエピソードを挙げてください。特に人柄を表すような内容のエピソードを書くと良いでしょう。

職種に合った強みをPRする

まず、あなたが志望する企業の職種に合った強みを選び出します。選ぶ側の企業は、あなたの人柄や目的意識を重要視し、仕事を共にしたいかを考慮しますので、応募のあった職種にどのくらい熱意があるかを重点的に書くようにしてください。実際の業務と全く関係のない強みをアピールするよりは、志望する企業の職種に合った強みを選びます。

いかに一緒に仕事をして、あなたのエピソード通りの成果を上げられるかという再現性のある強みをアピールするかが、効果的な自己PRです。せっかくあなたの志望を叶えるために強みをアピールするのですから、即戦力になりそうだと思わせることが大切になります。

PRする内容は一つに絞る

先ほど挙げた強みを書いたリストとそれに伴うエピソードが複数用意できていると思いますが、選ぶ際のポイントがもう一つあります。強みを選ぶ一つ目のポイントは、志望する企業の職種に合った再現性のある強みを選ぶことでした。2つ目は、複数のエピソードから1番合ったものを1つだけ選ぶことです。

複数の題材を取り上げて強みをアピールすることは、一見たくさんの例があって良いように感じるかもしれませんが、全体が抽象的になってしまい主張したいことがぼやけてしまって説得力が弱くなります。1つのエピソードを深掘りして、具体的に再現性をしっかり説明した方が、採用担当者を説得する力がある自己PRに仕上がるので、1番合った最上のエピソードを選ぶようにすると良いでしょう。

結論から述べる

・結論
・結論を裏付けるエピソード
・インターンシップでの再現性
・インターンへの意気込み・熱意

3つ目のポイントは、文章構成力です。あなたの強みを活かすも活かさないも文章構成に掛かってきます。たくさんの書類に目を通さなければならない採用担当者は、残念ながら1枚見ることに費やせる時間はそんなにありません。導入部が長い自己PRは、間延びして読むのが大変です。まずは最初に結論から入りましょう。

結論から入り、できるだけ簡潔に自分の強みを表現して、熱意や意気込みを読み手に伝えなければなりません。そこを鑑みて文章校正をすると上記のようになり、これらを骨子にして自己PRの文章を構成していきます。

具体的なエピソードを書く

結論について述べた後は、具体的なエピソードを書くようにしましょう。結論を裏付けするようなエピソードがあれば、相手の印象にも残りやすいです。結論とエピソードは基本的にセットだと覚えておけば、面接だけではなくエントリーシートなどを書く際にも役立ちます。

思いついたまま自己PRを書いても、何を言いたいのかが分からない文章ができあがってしまいます。多くの就活生の中で勝ち抜く必要のあるインターンシップの選考では、要点をまとめて簡潔かつシンプルに自己PRをすることが大切です。この基本の構成を覚えておけば、分かりやすくまとまりのある文章を考えることができるでしょう。自分のアピールしたいポイントが、相手にきちんと伝わる自己PRを心がけましょう。

自己PRの回答例文

ここからは、自己PRの回答例文を紹介していきます。例文のあとに解説も付け加えているので、あなたが自己PRを書くときの参考にしてください。自己PRを書くうえで特に意識するべきポイントは、「インターンシップ先の業種で活かせそうな自分の強みを書くこと」「具体的な内容であること」の2点です。ここまでこの記事で紹介してきたことの実践編のような形になっているので、インターンシップの自己PRを書く際のポイントを意識しながら読んでみましょう。

例文①

私の強みは、アルバイトで身につけた「主体性のある行動力」です。携帯電話の販売で接客したとき、当初の販売方法ではお客様が商品を比較検討しづらく、そのため接客時間も長く回転が悪いことに気づきました。そこで店長に問題点を相談して、一見で比較できる情報をまとめたパンフレットを自作し、販売ツールに使わせてもらいました。その結果、接客時間が半分以下になり、販売数が2,5倍に伸びました。その後、自作パンフレットが販売ツールとして認められ、マニュアルに組み込まれることになったことがあります。お客様の目線に立つことで気持ちよくお買い上げ頂き、仕事も能率的な流れにでき、売り上げアップにつながったことを実感して自信になりました。この体験を活かして、貴社のために成果がでるまで主体性を持って行動し貢献していきます。

①まず最初に述べる結論は「主体性のある行動力」に自信があることです。強みを述べる結論は、「行動力がある」というような抽象的な言葉ではなく「主体性のある」をプラスするなど、的確に表現してできるだけ印象に残る工夫をすると良いでしょう。

主体性とは、自主性と混同されがちですが、自主性は自ら動くことで、主体性とは自らが考え出した行動をしその行動の結果責任まで負うということで、少し意味が違います。

②結論を裏付けるエピソードとして、自ら問題点を見つけ上司に相談して改善するアイデアを出し、実践して使えることを証明する主体性を述べています。

③インターンシップでの再現性として、マニュアル通りに与えられた仕事をするのではなく、自分で問題点を見つけ出し、改善する努力やアイデアを提案して会社の利益に貢献する主体性を再現できると訴えています。

④インターンへの意気込み・熱意として、この体験を活かして、強みである主体性のある行動力で貴社に貢献したいことをアピールして締めています。

例文②

私の強みは、自分で試行錯誤しながら前に進んでいく力です。大学入学まではパソコンは苦手でしたが、ITスキルを身に付けたいと思い大学入学後に独学でプログラミングを学び、今では複数の言語でプログラムを書くことができるようになりました。最初は基本的な構文さえ使いこなせませんでしたが、勉強を始めるときに目標にしていたHPの開設へ向け参考書を読み勉強会にも出席することで、疑問点を解消し最終的にはHPを開設することができました。

この自己PR文では、自分で課題に立ち向かう力をアピールしています。IT業界では常に勉強し続けることが求められているので、その点を強く意識しています。さらに、自分のプログラミングのスキルも企業にアピールすることができています。

例文③

私の強みは、強いリーダーシップです。中学から大学まで野球部に所属していましたが、全てのチームでキャプテンを任されていました。最初は、自分の意見を強引に通すだけのリーダーでしたが、それでは部員が付いてきてくれないということを学びました。その経験から、リーダーとは自分のやりたいことを推し押すのではなく、しっかりとみんなの意見をまとめて採用し、最後の責任をとる黒子のような役割があることを学びました。

この例文では、リーダーシップに焦点を絞っています。困難に直面したとき自分がどのように考え方を変えて、何を学んだのかということを重視して具体的に書いています。責任への考え方を示すことで責任感の強さもアピールできています。

自己PRのNG例文

ここからは、自己PRのNG回答例文を紹介していきます。例文のあとになぜNGなのかという解説も付け加えているので、あなたが自己PRを書くときに気をつけるポイントとして参考にしてください。ここまで紹介してきた自己PRの書き方と比べて、何が良くないのかを意識しながら読んでみましょう。また、自分が面接官だったらこの文章をみてどのような印象を持つかを想像しながら読むと、さらに自己PRを書くときの参考になるはずです。

NG例文①

私の強みは、何事も最後まで頑張り抜く力です。小学校の頃から今まで部活を続けてきました。何度もやめようと思いましたが、頑張り抜くことが大事だと思い頑張って続けてきました。他にも、小さい頃から書道をずっと続けてきました。書道も、途中でやめたくなることがありましたが、頑張り抜くことが大事だと思い今まで頑張っています。なので、インターン生としても頑張り抜く力を生かして頑張っていこうと思っています。

この例文がNGなところは数多くありますが、まずはエピソードが全く具体的ではないところです。「頑張る」というとなんとなくポジティブなイメージがありますが、何をどう頑張ったのか全く見えてこない自己PRになっています。何をどう頑張ったのかを具体的に記載することが求められるでしょう。

NG例文②

私の強みは、フォロワーシップです。組織の中ではリーダーとフォロワーという役割に分担されますが、その中で自分がどちら側の人間かを知ることが大切です。自分のこれまでの経験を振り返ると、私はフォロワーであったことが多かったように思います。その中で私がフォロワーであるときにうまく組織が運営されることが多かったので、私の強みはフォロワーシップだと思います。

この例文は、フォロワーシップがあるという伝えたいメッセージは一貫していますが、全く具体的なエピソードがありません。さらに、全く論理的にな文章になっていません。上の例文でいうと、「フォロワーである」といことと「うまく組織が運営されること」という2つに直接の因果関係を見出すことは困難です。論理的な文章を書くために、接続詞には常に注意を払いましょう。

NG例文③

私の強みは、コミュニケーション能力とスケジュール管理能力です。大学に入ってから居酒屋のアルバイトをしているので人と楽しく話すことが得意です。また、アルバイトを二つ掛け持ちしていたので学業に支障がでないように、いつもスケジュール管理には気をつけていました。長いあいだ居酒屋のバイトをしていたので、お酒や食べ物に関する知識も豊富です。これらの経験を生かして頑張りたいと思います。

この例文は伝えたいことが複数あって文章全体がぼんやりしていまう典型的なケースです。文頭からいきなりコミュニケーション能力とスケジュール管理能力という2つの強みをアピールしているのはNGです。エピソードや強みは1つに絞りましょう。

自己PRでの注意事項

自己PRを書くの時にいくつか注意しなければならない点があります。それは、自己PRと自分の長所の違いをしっかりと把握した上でエントリーシートを書くことです。自己PRは、あなたのアピールポイントがどのような点で企業にとって有益なのかを伝えることです。つまり、あなたのスキルやキャラクターがどのように企業のためになるのかを、企業からの目線に立って伝えることが必要です。

一方、あなたの長所を面接官から聞かれた場合は、自分の目線から自分を見たときに長所だと思うことを伝えます。自己分析でわかったあなたの長所を相手にアピールしてください。インターンシップの応募や就職活動で大前提となるのは、聞かれていることに答える能力です。なのでこの違いをしっかりと押さえておきましょう。

エントリーシートで気を付けるポイント

エントリーシートで気をつけなければならないポイントは、提出期限を守る、誤字脱字がないか確認するという基本的なことはいうまでもありませんが、プラスαとしてもっと大切なことがあります。それは、自分のエントリーシートが相手にどういう印象を与えるかを常に考え続けるということです。

例えば、自己PRなどを書く時にどういう印象を与えたくてそのエピソードを選んだのかは十分考えるべきでしょう。また、エントリーシートの書き手がある事柄を説明しようとする時、選ぶ言葉によって相手に与える印象が大きく変わることも珍しくありません。したがって、細かい言葉の選び方や文法などに気をつけて、あなたが相手に与えたい印象を与えられるよう、しっかりと推敲されたエントリーシートになるようにしましょう。

面接で気を付けるポイント

せっかくいいエントリーシートを書いても、最終的に重要になってくるのは面接です。最後に面接で注意すべき点を紹介します。基本的には、エントリーシートでも面接でも気をつけるポイントは同じですが、大きな違いが一点だけあります。それは、面接は目の前にコミュニケーションをとる相手がいることです。

したがって、エントリーシートのように推敲したり、時間をかけて言い回しを考えたりする時間はありません。そこで大切なのが、自己分析です。ある程度どんな質問をされても詰まらずに答えられるように自己分析をして、面接に望むといいでしょう。面接で想定される質問の答えを暗記していくのあまりオススメできません。なぜなら、暗記していることを読み上げるだけでは、こちらの情熱が面接官に伝わらずどこか空虚な印象を与えることがあるからです。

インターンでも戦力になれる!

インターンだから、業界のことも企業のこともよく知りません。しかし視点が新しいというこということにもなります。今まで働いてきた社員にとって当たり前の日常は、インターンにとっては特別です。その新しい目線で見ることで、新しいアイデアや社内改革のきっかけを思いつくこともあり、既存の枠にとらわれない柔軟性のある発想もできます。

失敗体験やしがらみがないからこそできる、思いきりの良い行動力があるでしょう。これは組織全体に刺激を与え、活性化することができます。また、学生は時間があるので、営業やリサーチ業務のように時間をかけて丁寧に実行すれば成果につながるという仮説があれば、熱意と時間を投資してプロジェクトを実行することができます。インターンのあなたでも会社に貢献して成果を上げ、戦力になれるというアピールチャンスにもなるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ