就活その他

【社会人に人気の習い事】男女別におすすめの習い事をご紹介

社会人になっても趣味を楽しもう!

社会人になったら、とにかく仕事で自分の時間を取れないのではないかと心配する就活生は多いです。社会人になれば仕事が生活の中心になるのは間違いありませんし、仕事に慣れるまでは自分の時間を持つというのは大変かもしれません。

しかし、平日にみっちりと働いて休日は疲れを取るためにダラダラと寝ているだけというのはもったいないです。ダラダラしているだけでは疲れは取れませんし、またすぐに仕事が始まると考えれば嫌な気持ちになるだけです。社会人になってもしっかりと自分の時間を持ち、趣味を楽しみ休日を充実させることが大切になります。

社会人になったと言っても仕事ばかりで全く時間の余裕がないというわけではありません。しっかりとスケジュール管理を行えば時間にも余裕を持つことができ、趣味を楽しむこともできるのです。

36の質問に答えて自分のタイプを把握しよう

自分がどのようなタイプなのかを知るためにおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプを診断できます。

技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

習い事をするメリット

働くにあたってしっかりと自分の姿をイメージするのは大切ですが、それ以上にプライベートの自分の姿についてもイメージしておくのは大切なことです。社会人になれば仕事が生活の中心になることが多いですが、あくまで中心であって全部ではありません。

ワークライフバランスという言葉があるように仕事とプライベートの両方を充実させるということが大切です。プライベートの充実は生活の質を上げ、それが結果的に仕事の充実に繋がるということもあります。一見関係別物に思える仕事とプライベートは、密接な関係にあるので両方を大事にして充実させる必要があるでしょう。

リフレッシュは仕事の効率を上げる

なぜプライベートを充実させることが大切なのか、それはプライベートが充実していればそれだけでリフレッシュの効果があるからです。ずっと仕事をしていれば、それがどんなに好きな仕事であっても少しずつ疲労やストレスは溜まっていきます。仕事が上手くいかないと遅れを取り戻そうと焦り、さらに仕事に必死になるということもあるでしょう。

仕事に打ち込むのは悪くありませんが、仕事とは全く違うことに取り組むことで思考をリセットでき、逆に効率が上がるということが考えられます。仕事で行き詰ったときこそプライベートでリフレッシュを図り、頭をスッキリさせることが大切です。プライベートの充実は思考をリセットするというだけではなく、疲労回復やストレス解消の効果もあります。仕事に焦っていると遠回りに思えるかもしれませんが、プライベートを楽しむことが突破口となる場合もあるのです。

モチベーションを保てる

プライベートの充実にはリフレッシュ効果だけではなく、プライベートで楽しめる事があると仕事面だけではなく、日々のモチベーションも保ち続ける事ができるということが期待できます。プライベートも仕事も同じ生活という分類の中にあり、モチベーションは共通している部分も多いです。

モチベーションが高いというだけでどんなことでも楽しみ、積極的に行動していくことができます。プライベートのモチベーションのアップは仕事の成果に繋がりますし、仕事での成功は達成感を得られるだけではなく、上司からの評価や昇進にも繋がるので、仕事で成功すれば生活も豊かになり、さらにプライベートも充実するでしょう。

またモチベーションを保つことが出来るとそれだけで良いサイクルが生まれ、そのサイクルを最初に生み出すのはプライベートの充実です。プライベートを楽しむことは、仕事を含めた人生を楽しむことに繋がります。

社会人におすすめの習い事【男性】

社会人になると会社と家を往復する生活をしている人や、会社の付き合いで飲み会の予定も多く、自分の時間を持つことが難しいと考えている人も多いのではないでしょうか。習い事を始めたいと思っても、なかなか時間がないと感じている人もいるかもしれません。

しかし、習い事には短い時間でできるものや、回数券を購入し、自分で好きな時に行くことができるコースがあるものもあります。月に1・2度というように少ない回数から始められるものもありますので、ぜひ挑戦してみてください。

料理教室

料理は女性がするもの、台所には女性が立つべきなどという言葉は、現代の人にとっては古い言葉になりつつあります。料理上手な男性は、女性からの支持も高いです。夫婦共働きの家庭が増えたことからも、料理は男女関係なくできるようにしておいたほうがよいといえるでしょう。

料理教室に行こうと思っても、男性が1人で通えるのかと不安になる人も多いかもしれません。しかし、男女関係なく募集している教室も多いほか、男性だけのコースや男性の初心者向けコースなど、さまざまなコースが準備されていることも多いです。一度自分に合ったコースを調べてみてください。また、回数も短期、1回限りのものから、月1回や週1回などたくさん用意されていますので、参考にしてみてください。

英会話

近年、社内の公用語が英語という企業も増えてきています。また、日本企業が海外に進出することがあることで英語が必要となり、就職後に勉強に追われるといったケースも少なくありません。必要時に焦らないでいいように、勉強が出来るときにしておくとよいでしょう。

独学しようと考えている人もいるかもしれませんが、なかなか就活をしながら習得するのは難しいです。英会話スクールは駅前などにもあるため、挑戦するといいでしょう。最初の一歩が踏み出せないという人は、無料体験を実施している英会話教室に申し込んでみるのがおすすめです。

書道

現代社会ではパソコンやスマートフォン、タブレットが普及した影響により、書類を紙ベースでやり取りすることも少なくなり、環境の問題からペーパーレス化が進んでいます。字を書く機会が少なくなったとはいえ、全くなくなったというわけではなく、やはり字を書くということは就職してからも非常に重要なことになってきます。

字の綺麗な人、丁寧に書くことが出来るというのは、ビジネススキルとして評価されることです。字の美しさを向上させるために、書道を習い事にする人は多いようです。書道で心を落ち着かせる時間を持つことで、リラックス効果も期待できるでしょう。

ボルダリング

ボルダリングという競技を知っていますか。初めて聞いたという人や、聞いたことはあるけれどどのような競技かは知らないという人も多いのではないでしょうか。ボルダリングとは、壁に打ち付けられた岩をつかみながら登っていく競技です。

ボルダリングは大きな施設の中に設置されている場合や、ボルダリング専門の教室などもあり、近年注目を集めている競技となっています。ボルダリングはスポーツであることから、仕事の疲れを吹き飛ばしてくれると特に男性に人気です。

ワインスクール

ワインスクールに入っている人のきっかけはさまざまです。ワインの知識を得たい、自分に合ったワインを知りたいなどのきっかけがあってスクールで学んでいます。ワインスクールはワインについて知りたいと考える初心者コースから用意されているスクールや、ワインソムリエを目指す方専門のスクールまで存在しています。ワインソムリエの資格を持っていると趣味が広がるほか、得意先との話のきっかけにもなりますので、おすすめの習い事です。

ゴルフスクール

ゴルフ同好会がある会社も多くあります。同好会などに参加すると同じ会社で働く先輩、後輩とスポーツを通して交流出来るため、人脈を築く意味でもおすすめです。ゴルフ未経験という方は、ゴルフスクールで基礎力をつけてみてはいかがでしょうか。

ゴルフの打ちっぱなしが出来る施設でおこなうスクール、商業施設の中や駅前などの気軽に立ち寄れるスクールがあります。さまざまな種類のスクールがあるため、自分に合ったスタイルのスクールを見つけることができるでしょう。

社会人におすすめの習い事【女性】

女性の社会進出が進む中で、仕事が忙しく自分の時間をとれないという人も多いでしょう。アフターファイブを楽しみたいと思っていても、疲れでなかなか一歩が踏み出せないという女性も多いのではないでしょうか。

女性の習い事といえば、お料理教室や着付け教室などのイメージが強い人も多いかもしれません。しかし、現代では習い事の種類も豊富になったため、より広い選択肢から選べるようになりました。自分の趣味を見つけることで仕事のやる気が倍増し、生活にハリが出るでしょう。

ネイルアート

会社によってはネイルアートを認めている企業もあるため、ネイルをしている女性も多いのではないでしょうか。自分でしてみたい、ネイルアートの資格が欲しいと思っていても一歩を踏み出せないという人もいるのではないでしょうか。ネイルアートは、学校に入学しなければ取得できない技術だと思っていませんか。

実は、最近では社会人でも通える教室があり人気を集めています。好きなネイルを自分でしてみたい、資格を取っておきたいと考えている女性は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

フラワーアレンジメント

女性に人気の習い事として、「お花を習う」というと生け花を想像する人が多いでしょう。しかし、現在人気が急上昇している習い事としては、フラワーアレンジメントがあげられます。お花を自分でアレンジすることで殺風景だった家が華やかになるということから、女性からの人気を集めています。

フラワーアレンジメントは生花ですが、造花のアレンジや最近ではハーバリウムなども流行しているため、教室もたくさん増えています。花は癒しを与えるため、少しでも今の生活を変化させたいという方におすすめです。

パン教室

近年、街中にカフェやパン屋がどんどん増えています。番組や雑誌などで取り上げられるパン屋が増えたり、食パンの専門店なども多くできていることから、パンの人気がわかります。たくさんのおいしいパンを食べる中で、自分でもパンを作りたいという人も増えてきており、新たなパン教室も続々と開業しています。パン教室といっても、そのコンセプトは教室によりさまざまです。作りたいパンをイメージして、それを実際に作ることのできるパン教室を選びましょう。

ヨガ

ダイエットをしたい、体を整えたいと思ってまず目に浮かぶのは、フィットネスジムではないでしょうか。フィットネスジムではランニングマシーンや筋肉トレーニングの補助道具がそろっているところが多く、24時間営業のジムは特に人気を集めています。しかし、激しい運動が苦手な女性も多いです。

そこで、ゆるやかに体を整えたい女性におすすめなのがヨガです。スポーツ店にはヨガ専門のコーナーがあることが多く、女性らしいデザイン性に富んだウェアを楽しめるのもひとつの魅力といえます。ヨガ教室には資格を取得できるコースもあるため、資格取得を目指してヨガに励む女性も多いです。

アロマテラピー

日常に癒しが欲しいと考える女性には、アロマがおすすめです。アロマは人の嗅覚を刺激することで、リラックス効果をもたらすと言われています。また、アロマによってはリラックス効果だけではなく、頭が働く香りや、安眠効果のある香りなどもあります。

美容や健康、スポーツ、介護や医療、予防医学などでも広く活用されているのです。以前より親しみやすくなったアロマテラピーは、幅広い年齢層に人気の習い事のひとつになりました。ヨガと同じく資格を取得できる教室もあるため、将来的にアロマテラピストを目指す女性にもおすすめです。

キックボクシング

キックボクシングを習うと聞いたら、男の人か汗を流しながら練習している風景が頭に浮かびませんか。そのような中に一歩を踏み出すには勇気があるかもしれないということで、近年女性向けのフィットネスクラブが次々に増え、キックボクシングは女性に大変人気の習い事にもなってきました。

キックボクシングは全身を引き締める効果があります。マンツーマンで指導してくれる教室も多く、女性人気が加速しているのです。仕事や家庭のストレスを抱えがちという女性は、ぜひキックボクシングを習ってみてはいかがでしょうか。

掛け持ちで習い事を楽しむのもおすすめ

社会人でも出来る習い事を知ればどれも魅力的に映り、今度はどれにしようか迷ってしまうということもあるかもしれません。しかし必ずしもひとつに絞る必要はありません。先輩社会人には欲張りに掛け持ちをしている人もたくさんいます。

プライベートの多忙さが仕事に影響するのは良くありませんが、自分の管理できる範囲であればいくつ掛け持ちしても問題はありませんし、趣味ですので、飽きたり自分には向かないと思えばやめてしまっても構いません。気軽に楽しめるというのが習い事の良いところです。

色々挑戦してもいいですし、一つをじっくりとやるのもいいでしょう。習い事は掛け持ちが可能なぐらいなので、一つに挑戦するというのはわけもないことです。自分のやる気さえあればすぐに始められるので、気になったものがあれば躊躇せずに始めてみましょう。

社会人は習い事をすると何かと役に立つ!

社会人になって趣味を持つことが大切なのはプライベートを充実させるためであり、プライベートの充実が仕事をする上でも役に立つからですが、それだけではありません。入社当初や部署異動、社外の人との飲み会など、社会人には簡単な自己紹介をしなければならない場面が多数あるので、自分を覚えてもらうためにも趣味があった方が有利だと言えます。

また趣味が一つあると話を広げやすいというのもメリットになり、何気ない会話が仕事の成功に繋がることもありますし、多くの人と親しくなり人脈を持つというのは社会人にとって大切なことです。プライベートの充実は仕事での充実にも繋がり、仕事の充実が今度はプライベートの充実に繋がります。趣味はそれを楽しむだけではなく、その他の部分でも大いに役立つものなので、趣味を持ち充実した社会人ライフを送りましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ