就活その他

【就活生におすすめの漫画】就活が学べる漫画や漫画サイトをご紹介

就活について漫画で知りたい学生は多い

就活生にとって就活は初めての経験ため、よくわからないことが多いです。就活の仕方は学校の就職課やインターネット、本などで学ぶことができますが、最近では漫画でも就活について学ぶことができます。漫画だと楽しみながら就活について理解を深められるため、何からしたら分からないという就活生は、まずは就活漫画を読んでみてはいかがでしょうか。

就活が題材の漫画

就活について書かれている漫画といえば、ヘッドハンターが主人公である銀のアンカーや、就活生の女子を主人公としたはぴナビ!などがあります。いずれの漫画も、就活を題材としていてシリーズ化されています。就活は、就活生の一生を左右するかもしれない大事な活動です。まずは漫画を読んでイメージを掴むことから始めてもいいかもしれません。ここからは、就活が題材の2つの漫画について紹介していきます。

①銀のアンカー

銀のアンカーは、2006年から2009年までスーパージャンプに連載されていた漫画であり、単行本は全8巻です。銀のアンカーの作者は三田紀房になります。内容は、同作者がモーニングに連載していた有名な受験漫画であるドラゴン桜の就職版というイメージです。

アメリカの経済界で「草刈機」と呼ばれた元カリスマヘッドハンターの白川義彦が、突然日本に帰ってきて就職セミナーを訪れて、講師が語る「キャリアアップ」という言葉の怪しさについて論破することから物語が始まります。その後、主人公の白川義彦に感銘を受けた大学生達に、就活指南をしていきます。銀のアンカーの全8巻の中で、主人公が語る就職への事前準備の大切さや、就職活動の仕方などが就活生にはとても役に立ちます。

②はぴナビ!

はぴナビ!は、著者がみづき水脈で、企画・原案が石田衣良の女子大生の就活生の就活について書かれている漫画です。デザートで連載されていた就活漫画で、単行本は全2巻が発売されています。主人公で合唱部の水越千晴がマスコミを目指して就活を始めて奮闘していく姿が描かれています。

主人公の水越千晴は、就活で有利になるコネもなくて、また、学生のためお金もありません。さらに、彼氏もいないので無い無いだらけの女の子です。はぴナビ!は、そのどこにもいるような女子の水越千晴の就活について描かれていますので、共感できるポイントもでしょう。

あなたの就活力は何点?

就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

就活を漫画でわかりやすく解説している本

就活の対策本は数多くありますが、漫画版もあります。漫画を交えながら解説しているため、情景が浮かびやすいのがメリットです。就活本を読んだけどいまいち内容が掴めなかったという人や、すぐに飽きてしまうという人は、ぜひ漫画で解説している就活本を読んでみるといいでしょう。ここでは、銀のアンカーシリーズをご紹介していきます。

無敵のエントリーシート・自己分析・自己PR・志望動機 2019年(内定請負漫画『銀のアンカー』式)

無敵のエントリーシート・自己分析・自己PR・志望動機2019年(内定請負漫画『銀のアンカー』式)」は、内定請負漫画「銀のアンカー」に描かれている内容とともに、わかりやすく解説している本です。人気企業や大手企業を含む複数の人事担当者から就活に関する話を聞き、人事担当者目線で書かれている本になります。

その中で、人事担当者がこの就活生は通過させたいと思わせる自己PRの書き方や、人事担当者に良いと思わせる志望動機や、エントリーシートの書き方などが書かれているのです。就活生にとって、人事担当者目線の就活ポイントを「銀のアンカー」とともに書かれているので理解がしやすい本となっています。

無敵の面接 2019年 (内定請負漫画『銀のアンカー』式)

無敵の面接2019年(内定請負漫画『銀のアンカー』式)」は、内定請負漫画「銀のアンカー」とともに、企業の人事担当者の目線からわかりやすく解説している本です。この本は、就活生目線ではなく複数の人気企業や大手企業などの人事担当者に聴取したことが書かれている人事担当者目線の本になります。

頻繁に面接で聞かれる45の質問に対して、内定を受けるための回答のポイントが人事担当者の目線で書かれています。また、人事担当者側からの内定を出す方程式が業種ごとに書かれています。

無敵の就活パーフェクトナビ 2019年 (内定請負漫画『銀のアンカー』式)

無敵の就活パーフェクトナビ 2019年 (内定請負漫画『銀のアンカー』式)」は、内定請負漫画「銀のアンカー」の主人公である白川義彦の就活に対する考え方を、わかりやすく解説している本です。就活を始めようとしている就活生が最初に読むには、最適な本です。

この本を読めば、就活のスケジュールや、就活に対する疑問や悩みなどがすべて解決できるように書かれています。就活の初めから内定までを7つのステップに分けてそれぞれの状況を説明しています。自分が今どの位置にいて、何をすればいいのかが明確に分かるでしょう。また、就活生の先輩の成功例や失敗例も書かれています。

就活中の息抜きに漫画が読めるサイト

電子書籍は、紙媒体の漫画をわざわざ買いに行かなくても読みたい時にすぐに読めるためとても便利です。ここでは、あまり時間のない就活生にとって、就活の息抜きに漫画が読めるサイトの内、コミックシーモアとまんが図書館Zとブック放題について詳しく説明していきます。

コミックシーモア

コミックシーモアは、国内最大級の電子書籍サイトの中のひとつです。品揃えが豊富なため、読みたい漫画もすぐに見つかること間違いなしです。コミックシーモアの特徴としてキャンペーンをたくさんおこなっているため、読みたい本をお得に読むことができます。また、無料で読める本もたくさんあります。

さらに、セールで安く購入できる本もたくさんありお得です。他にも、毎日来店するだけで来店ポイントが1ポイント貯まるため、ポイントが貯まりやすいサイトでもあります。スマートフォンでもパソコンでもタブレットでも読むことができ、ブラウザでもアプリでも読むことができます。

まんが図書館Z

まんが図書館Zは、すべての漫画を無料で読むことができます。仕組みとしては、絶版になった漫画などを、作者の許可をもらってすべての漫画に広告を付けて公開しているのです。そのため、読者はすべて無料で読むことができますし、作者にも広告料が入る仕組みです。

出版社を通さずに作品をサイトに掲載するため、聞いたことのない作品が多くあります。しかし、無料ですべてを読むことができるので、就活生の息抜きにはもってこいのサイトです。

ブック放題

ブック放題は、月額500円で漫画や雑誌などが読み放題のサイトです。読める漫画は20,000冊以上あり、雑誌は170誌以上、るるぶは100冊以上の中から好きなだけ読むことができます。初めの1ヵ月は無料でお試しできます。ブック放題の運営会社はソフトバンク株式会社のため、ソフトバンクユーザーにとっては馴染みがあるかもしれません。

ソフトバンク以外のユーザーでもアプリをダウンロードすれば、スマートフォンで利用することができます。月に読める漫画の制限もなく、月額料金も安いため登録してみてはいかがでしょうか。

就活のやり方や息抜きに漫画を活用しよう

就活をする方法や考え方などを学ぶのに、就活の本を読んだり、就活サイトを活用するのが一般的ですが、就活漫画もおすすめです。就活漫画を読むことで楽しく就活について学べます。就職活動はほとんどの人が初めての経験になるため、ストレスが溜まることもあるでしょう。また、なかなか内定が取れなくて長期的な活動になることもあるかも知れません。そのような時には、好きな漫画を読んでリラックスしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ