企業研究

【テレビ朝日のインターン詳細】志望動機を作成するコツや回答例もご紹介

テレビ朝日は人気企業の1つ

テレビ朝日は関東を中心にテレビ放送を行う企業です。マスコミ業界は例年就活生からの人気も高く、テレビ朝日はその中でもかなりの人気企業の1つだと言えます。人気の理由は、華々しいマスコミ業界に憧れる就活生が多いということです。

普段から馴染みのある番組を作成し、知名度も高いことなどが挙げられます。また大きな企業でもあり給料や待遇の面でも優れているのも人気の要因です。人気の高い企業だからこそ、競争率も高く、志望するなら事前の入念な準備が必要になります。

内定に近づける方法とは

マスコミ業界は志望する学生が非常に多く、その中でも人気のテレビ朝日から内定を勝ち取るにはとにかく徹底した準備が必要になります。就活における準備と言えば自己分析に加え、企業・業界の研究は欠かすことが出来ません。

特にテレビ業界は同業他社も存在するため、どうしてその企業でなければならないのか?なぜテレビ朝日なのかという他社との明確な差別化が必要になります。企業研究を徹底するのは必要不可欠で、それを実現するには何といってもインターンは欠かすことはできないでしょう。

企業研究を徹底する

企業研究を徹底する方法としては企業のHPを見る。セミナーに参加する。テレビ朝日の番組を見て、そこから分析するなど様々な方法があります。企業がどんな人材を求めているのかという事や企業の文化を徹底的に研究する必要があり、とても一夜漬けで行えるものではありません。

公式のHPを見れば求めている人材像や採用コンセプトを知ることもできますし、説明会やセミナーに参加して企業の雰囲気や実情を理解したりすることもできます。マスコミ業界を志望するのであればかなり早い段階から企業研究を進めてください。

またテレビ朝日に限らずテレビ業界では、自社の番組で好きなものや何故メディアの仕事、とりわけテレビに興味を持ったのかということは必ず聞かれます。就活期間中は特に意識してテレビ朝日の番組を見るように心がけ、また時間があれば過去の番組なども見るようにしましょう。

テレビ番組からも時代の流れや、企業の取り組みなどを理解することができますので、ただ見て楽しむだけではなく、しっかり背景を分析するということを心がけてテレビを見ることをおすすめします。

インターンに参加する

企業研究で最も大事なことはその企業について知るということです。当たり前なことですが、インターネットの情報だけではその企業の全てを知ることはできません。その企業で働き、現場の人と接することが一番の理解に繋がることができるのは、インターンに参加することで実現します。インターンに参加する事により、求人だけでは分からない社内の雰囲気や文化が分かるので、より企業に対する理解は深まるでしょう。

また、実際に働いている人がどのような活躍しているのかが分かるのも、インターンの大きなメリットです。テレビ局では様々な人が働いています。そして多くの職種があります。職種ごとに活躍している人の特徴を知ることで、どのようにスキルアップしていけばいいのかもわかりますし、面接の対策なども立てやすくなります。

それ以外にもインターンに参加するメリットはたくさんありますが、生の情報に勝るものはないというのが一番のメリットです。インターンは必ず就活では有利に働きますので積極的に参加するようにしましょう。

テレビ朝日の業務内容とインターン詳細

一口にテレビ局と言っても様々な職種があります。テレビや映画を観ているときに最後に流れるスタッフロールを想像すると分かりやすいかもしれませんが、1つの番組、作品に対して膨大な数のスタッフが関わっています。そしてその業務は細分化されていて、たくさんの人がそれぞれの専門的な業務を行うことでテレビは作られています。

インターンに参加することは大切ですが、自分がどの職種を目指すのか事前に決めておきましょう。職種ごとに業務内容が違うことはもちろんですが、必要なスキルや向いている性格なども違っています。

自分の志望する職種、そしてその適性など総合的に考えてどの職種でインターンに参加するかを考えましょう。もちろんその職種で参加してみて合わないと感じれば違う職種にも目を向けてもいいので、まずはインターンに参加してみることが大切です。

番組制作

テレビ局の仕事と聞いて、誰もが一番に思い受かべるのが番組制作の仕事です。番組に登場するプロデューサーやディレクター、ADなどはこの番組制作にあたります。テレビやラジオの企画・制作を担当しており、街頭インタビューなども行うのが番組制作の仕事です。バラエティなのか、ドラマなのかスポーツなのかジャンルによって少しずつ仕事は変わります。

インターンの内容としては、現場スタッフによる番組制作についての講義や、実際の収録に立ち会いながら番組制作のお手伝い、そしてグループワークの一環として、番組の企画書の作成体験などがあり、実際の現場の業務を詳しく知ることができます。

テレビの仕事の最も核となる部分に触れることが出来るので、番組制作に関わりたいと決まっている人はもちろん、テレビ局を志望したいけど具体的な職種はまだ決まっていない人にもおすすめのインターンだと言えます。

技術職

テレビは、撮影したものをそのまま放送しているわけではありません。撮影した映像の編集や改変、音の調整やその他もろもろの作業を経てようやく視聴者のもとへ届けられます。技術職はビデオエンジニアやシステムの開発などが挙げられるので、どちらかというとエンジニアのようなイメージが強い部分もあるでしょう。

技術職のインターンでは技術スタッフによる講義や、実際に使用されている機材を体験したり、収録の手伝いなどを行います。テレビには多くの人が関わっているということを改めて知ることができるので、技術職へのインターンもおすすめです。

ITビジネス

テレビの仕事の中で特にイメージが湧かないのがITビジネスです。主な仕事は企業のHPを立ち上げたり、ネット配信。そしてネット配信を行っている媒体とコラボして番組を配信するなどBtoCやBtoBでのITビジネスを展開しているのが特徴になります。

テレビを通してだけではなくネットを通じてテレビを広げ、支えていくのがITビジネスの仕事です。ネット環境が必要不可欠になった現代において最も注力すべき職種の1つで、ネットのコンテンツを充実させるテレビ局も増えています。

ITビジネスのインターンでは社員による、ITビジネス講義や社員とのディスカッションなど、現場で働いている人に深く触れ合う機会が用意されています。イメージが湧きにくいからこそ、実際に現場に行き、理解を深めることが大切です。ITビジネスはこれからのテレビを支え、そして変えていく可能性のある職種なので興味のある人は積極的に参加するようにしましょう。

アナウンサー

テレビ局の花形とも言えるアナウンサー職は、例年人気が高いです。実際に現場へ足を運んで取材したり、担当番組では原稿を元に、視聴者に各情報を伝えるのがアナウンサーの仕事ですが、実はこれだけではありません。アナウンサーはそのテレビ局の顔。つまりイメージそのものになります。そのため番組での発言や行動だけではなく、日常生活でもイメージを崩すことなく過ごさなければなりません。

アナウンサーの仕事はリポートしているとき、原稿を読んでいるときだけではなく、四六時中アナウンサーでいること、テレビ朝日の職員であることが必要になります。様々な番組に引っ張りだこになっている、人気アナウンサーを見て夢を膨らます人も多いですが、華やかな裏には大変な責任を背負っているということを覚えておきましょう。

テレビ朝日の企業情報

テレビ朝日の企業情報をご紹介します。

正式名称:株式会社テレビ朝日
所在地:東京都港区六本木6-9-1
従業員数:1,244人
平均年齢:42.3歳
平均勤続年数:16.2年

株式会社テレビ朝日は、テレビ朝日ホールディングスのグループ会社であり、1,000人を超える従業員がいます。関東広域を放送対象地域としているため、地方だと番組枠を持っておらず、番組枠のみということもあります。レギュラーとなっている代表的な番組としては「徹子の部屋」や「アメトーク」「報道STATION」などがあります。

テレビ朝日の採用情報

募集職種

総合職:アナウンサー部門、番組制作・ビジネス部門、技術部門、デジタル企画部門
給与:月給243,030円(本給214,500円、残業手当固定文28,530円)
勤務時間:10:00~18:00

求める人物像

テレビ朝日は日本中、世界中から集まった技術が、思いが、そして才能がいっぱいに詰まった「おもちゃ箱」。 私たちが一緒に働きたいのは、この「おもちゃ箱」の中で人の心を動かすことに自分なりの「情熱」を持つことができる方です。

テレビ朝日の就活イベント「アナトーーク2018」

テレビ朝日は、インターンとは別に「アナトーーク」という就活イベントも開催しています。アナウンサーの職を希望する学生に向けています。「アナトーーク」の内容は現役アナウンサーによるレクチャーや、スタジオでのキャスター体験、アナウンサーとの懇談会となっており、2018年は5月20日(日)に開催予定です。

この「アナトーーク」に参加するためには、エントリーシートと動画による選考を通過しなくてはいけません。人気の高いアナウンサー職を志望するのであれば、参加しておきたい「アナトーーク」ですが、このイベントにも就活生は多数応募するでしょう。そのためイベントを参加するためには、エントリーシートと動画は時間に余裕を持って、十分に策を練って作成するようにしましょう。

志望動機を作成する時の3つのコツ

念入りな企業・業界の研究を終えればついに志望動機を作成していきましょう。テレビの仕事は非常に競争率が高いので、志望動機もかなりしっかりとしたものでなければ選考に進むことはできません。また書類選考だけではなく、面接でも志望動機は重要になります。

選考の全てに関係してくることですので、慎重にそして完璧なものを仕上げるようにしましょう。志望動機を作成するには3つのコツがあります。良い志望動機が思いつかないという人も、まずはその3点に注意して作成していってください。

テレビ朝日でなければならない理由

志望動機で大切なのは「なぜマスコミ業界なのか」その中でもテレビ朝日を選んだ理由。そしてなぜテレビ朝日でなければならないのかという、他社との明確な違いを述べることです。テレビ朝日ならではの魅力や、ここだからこそ、自分は志望しているのだという熱意をぶつけましょう。

テレビ朝日にしかないものを見つけるためには、HPやインターンを通して企業理念や求めている人材を知ることから始めてください。求められる人材像からは、テレビ朝日はクリエイティブで好奇心旺盛(挑戦的)な人材がマッチすると考えられるので、その点について強くアピールするようにしましょう。

積極的、能動的、向上心が強い、好奇心旺盛などのワードを上手く駆使すれば、よりより志望動機を作成することが出来るでしょう。

本質を見抜いて他と差別化を図る

他の就活生と志望動機で差をつけるには企業の本質を見抜くということが大切です。テレビ朝日の業務内容から企業課題を発見し、リアリティのある志望動機を作成することで他社の志望動機との差別化、他の就活生との差別化を図ることができます。とにかく応募者が多いので、少しでも他の人よりも目立つということを考えなければなりません。

そのためには差別化した志望動機は非常に有効であり、しっかりと分析し本質をずばり見抜くことが出来ていれば分析能力や問題解決能力も認められますし、それだけ志望度が高いという熱意も汲み取ってもらうことができます。企業の本質を知るにはHPの情報だけでは不十分で、やはりインターンへの参加での経験が重要になると言えるでしょう。

文章構成は結論ファースト

テレビ局へ提出する履歴書やESなどの文章構成は結論を最初に持ってくることを心がけましょう。志望動機やその他の項目も、結論ファーストで作成する事により、相手に先入観を与えることができます。物事に対して先入観を与えることで、それがたとえ間違っていたとしても後のフォロー次第で信じ込んでしまうこともあります。

自信を持って最初に結論を言う事で、そういうものなのだと相手に信じ込ませ、自分に有利に話を進めていくことができるのです。またこれは面接に関しても同じことが言えます。先入観を与えれば思考はそこに定着してしまい、面接での短時間ではその結論から離れることは難しくなります。結論ファーストは選考を有利に進める重要な戦法だと言えるでしょう。

今の時期に「強みや適職」を知らないと
優良企業に内定できない

就活が本格的に始まる前の今の時期、自分の強みや適性を把握するために自己分析をする必要があります。

もし自己分析をしていないと、自分に合った企業が分からず、企業選びに失敗してしまいます。そうなると入社後やインターン中にミスマッチが生じたり、そもそも選考を突破できないケースが多いです。

そこで、無料の自己分析ツール「My analytics」を活用しましょう。 簡単な質問に答えるだけで、自分の強み・弱み、適性をすぐに診断できます。

今すぐ診断し、自分にあった企業を探すのに役立てましょう!

志望動機の回答例

【回答例】

テレビ朝日は、これからのテレビを牽引していく企業であり、私もともに、新たな時代を作り たいと考え志望しました。私は小さな頃からテレビっ子で、テレビを見て育ちました。とりわけテレビ朝日の「ミュージックステーション」が大好きで、今でも欠かさず見ています。音楽番組は数多くありますが、レギュラー番組で一度にたくさんの旬のアーティストが登場し、ときには海外の大物アーティストが登場する番組は、他にはありません。また番組中に行われるようになった企画も好きで、新しいものを取り入れ視聴者を飽きさせない工夫はすごいと思います。音楽は人々の癒しであり、感動を生み出すものです。私はそんな番組を守り、そして常に可能性を模索し人々に感動や喜びを届けたいと思い貴社を志望しました。

まずはやりたい職種を見つけよう!

一口にテレビ業界と言ってもその職種は様々で、同じテレビ局で働いていても扱う仕事は職種ごとに全く違っています。それだけ多くの人が関わり成り立っているのがテレビ業界で、多様な人材が必要です。様々な個性が必要だからこそ誰にでもチャンスはありますが、それだけ競争率が高くもなります。選考を有利に進めるため、また就職してからもその仕事について良かったと思うためにも、自分のやりたい職種を見つけることはとても大事なことです。

職種ごとの向き不向きや、必要なスキルも違います。自分の目指す職種はどんな能力が必要なのかを、しっかりと知っておきましょう。テレビ業界は扱う仕事は違っても、最終的には視聴者に喜びを届ける仕事で、職種による違いはそのプロセスが違うだけです。テレビを通して人を喜ばせたいという想いを強く持ち、選考に臨みましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ