身だしなみ

【ストッキングの黒色は就活でNG】その理由と選び方を大公開!

就活で黒いストッキングはアリ?

就活において身だしなみには十分気を使わなければいけませんが、女性の場合、足元もチェックされていることも念頭に置いておきましょう。ヒールはもちろんのこと、ストッキングの色についても十分に注意しなければいけません。そこで気になるのは黒いストッキングは就活においては、アリなのかということです。次に黒のストッキングについて詳しく見ていきましょう。

黒いストッキング暗いイメージのためNG

黒のストッキングは就活ではNGです。就活においてもビジネスシーン同様、TPOに応じた身だしなみが求められています。なぜ、黒のストッキングはNGなのでしょう。まず黒という色は不自然で、悪目立ちしてしまうことが挙げられます。就活では黒は適切なストッキングの色として見なされていないのです。

黒いストッキングがNGな理由としては、黒=不吉な色を連想させてしまうからです。古来、黒は死を連想させる不吉な色として認識されてきており、葬式や法事などで使われる色として認識されていました。それゆえに黒=お悔み、死というイメージを連想させてしまい、就活で使用してしまうと、それこそTPOをわきまえていないと捉えられてしまうのです。

就活にふさわしいストッキングの色

黒いストッキングが就活には似つかわしくないことは分かりましたが、ではどんな色が就活にふさわしいのでしょうか。華美な色は言うまでもなくNGですが、ビジネスとして違和感がなくTPOに合った色を選択すべきでしょう。

ストッキングの定番色といえば、ベージュですが、ベージュの色一つとっても様々な色があります。どういったベージュがオススメなのでしょう。次に就活にふさわしいストッキングの色について見ていきます。

ビジネスシーンでもストッキングはベージュが基本

ビジネスシーンではTPOと自然さが重視されるので、就活でも同じ考えでストッキングの色を選びましょう。就活に相応しいストッキングの色は、ベージュが基本です。ビジネスシーンにおいてもストッキングの色はベージュがよいとされているため、就活においても同様のマナーを守ることが大切です。

スーツやカバンなどが黒で統一されているため、ストッキングの色も黒でいいのではと考える人もいるかもしれませんが、就活の場に相応しくないため選ばないようにしましょう。

自分の肌色に合ったベージュがおすすめ

まず、ストッキングの色としては、自分の肌色に合ったベージュを選択しましょう。なぜなら、肌の色は人それぞれ違うので、自分に合った色の方が違和感なくスーツやスカートにフィットするからです。例えば、色白の人が濃いベージュのストッキングを選んでしまったら、逆にストッキングの部分だけが悪目立ちしてしまい、違和感のある服装になってしまうでしょう。

一言でベージュと言っても種類が豊富にあるので、スーツと自分の肌に合うかどうかストッキングを試着して全体像を鏡で確認したり、色合いが自然かどうかを見てみるべきです。もしどの色がよいか迷ってしまった場合は、暗めのベージュを選ぶのが無難でしょう。

ストッキングを選ぶ時の注意点

就活に最適なストッキングの色や選び方についてみていきました。ストッキングを選ぶ際に気をつけたい点はまだあります。それはサイズとデニール(重さ)などです。また汚れや伝線対策も必要です。面接や選考会でパニックにならないためにもしっかりと対策していきましょう。以下でストッキングのデニール数や汚れ対策について詳しく見ていきましょう。

20デニール以下がオススメ

まず、重さについてのデニールを理解しましょう。デニールはタイツやストッキングを作る際に用いる糸の重さ(太さ)を表している言葉です。このデニール数によってストッキングの透け具合、保湿率が違ってきます。一般的に言われているのは、25~30デニール未満は薄手といわれており、それよりも厚くなってくるものはタイツに分類されます。就活ではより素肌に近い20デニール以下のタイツがオススメです。

黒い汚れに注意する

次に汚れやすさです。靴の革が色落ちしたり、ふとした瞬間にこすれてストッキングが黒くなってしまうことがあります。薄すぎるストッキングを選んだ場合は汚れもつきやすいです。

これは仕方のないことなのかもしれませんが、面接前にストッキングに汚れがないかどうかチェックを行い、万が一汚れが目立つ場合は、替えのストッキングに履き替えるようにしましょう。

ストッキングを履いた際の不測の事態に備えよう

ストッキングを履いた際の不測の事態に備え、常に対応できるようにしましょう。ストッキングは履き続けると伝線しますし、糸が緩くなってきて下がってくることもあります。伝線や緩みは、目立つものなので、面接官からすると気になってしまうポイントです。面接官の視点からは身だしなみに無頓着な人という、ネガティブな評価をつけかねないので何もなかったとしても必ず予備を持参するようにしましょう。

伝線用に予備かマニキュアを常備する

ストッキングの伝線対策に一番オススメなのはやはり、予備のストッキングを持っておくことです。予備を持っておけば不測の事態でもすぐに予備のストッキングに替えればよいので、対応が可能になります。かさばるものでもないので、1枚は用意していきましょう。

もうひとつオススメなのはマニキュアです。マニキュアの効果としては伝線した部分に塗ることで、伝線がそれ以上に広がらないようにしてくれます。しかし小さな伝線の対策なので広範囲に伝線した場合はやはり履き替えることが確実です。

ストッキングが下がってくる時は

ストッキングが下がってくる場合の対策としては、あまりに気になるケースなら予備で対策するのがよいですが、ひどくない場合はソックタッチやガードルなどで、下がってくるのを止めるようにしましょう。

もしくは下がってきてしまうのがあまりに頻繁な場合は、そもそものストッキングのサイズが合っていないかもしれないので、ヒップ等のサイズを確認して本当にサイズが問題ないか確かめましょう。

就活のストッキングは黒ではなくベージュを選ぼう

ここまで就活におけるストッキングの色とサイズ選択、不測の事態への対応について見ていきました。黒よりも自分の肌色に合ったベージュを選びつつ、デニール数やサイズを間違えないようにしましょう。

しかし何よりも重要なのは、自分に合ったものを適切に探すことができるかということです。TPOを踏まえつつ、自分に合ったストッキングを選ぶようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ