インターン

【インターンシップに参加するメリット】各種の特徴も合わせて紹介

インターンシップに参加する就活生は増えている

皆さんはインターンシップへの参加は済んでいますか。周りの友人や学生たちもインターンシップへ参加し始め、そろそろ自分も参加するべきなのか迷っている人もいるでしょう。昨今ではインターンシップの実施数は格段に増え、参加する学生も増加傾向にあります。今回は、なぜインターンシップに参加するべきなのかを紐解いていきます。

インターンシップはぜひ参加するべきです。多くのメリットがあるインターンシップは、就職活動中の企業選びのヒントになりますし、自分自身の経験や知識を重ねる貴重な機会です。インターンシップに参加しようか迷っている人は、ぜひ参加に向けて体制を整えていきましょう。

インターンシップに参加するメリット3つ

インターンシップに参加するメリットを3つピックアップしました。インターンシップのメリットがわかれば前向きな気持ちで参加できるので、参加するか迷っている人はぜひ参考にしてください。

①企業理解が深まる

インターンシップに参加するメリット1つ目は、企業理解が深まる点です。就職活動中に企業を理解する方法として、一番有効なのは会社説明会が挙げられます。会社説明会は企業の従業員が実際に説明をし、わかりやすい内容で解説してくれます。しかし、会社説明会は企業の広報的な役割もあり、多くの学生に興味を持ってもらうための良い情報しか伝えないケースがほとんどです。

しかし、インターンシップはどうでしょうか。実際に就業しながら会社の雰囲気を味わうことで、会社説明会では見られなかった側面と視点から会社が見れます。そして、実際に就業の現場にいるということは、企業を主観的に見れるため、より深く企業理解ができるのです。よって、インターンシップへの参加により、主観的に企業が見つめられ、様々な視点で企業理解ができます。

選考においてより深く話せる

インターンシップに参加して実際に業務を体験することで、会社説明会では知り得なかった企業の側面が見れます。これは、選考には大変有利です。理由は、客観的にも主観的にも企業を見ている人物は、新卒採用で応募してきた就活生よりも、会社に対する企業理解が非常に深く、自身の適性をどのように会社で活かせばよいのかを把握しているからです。

いわば、企業研究と自己分析ができているため、企業での自己実現を明確に目標として持てるということです。そのため選考でも、他の学生よりも志望動機などを深く話せ、面接官にも好印象を与えやすいです。

②実際に働く先輩の生の声が聴ける

インターンシップに参加するメリット2つ目は、実際に働く先輩の生の声が聴ける点です。インターンシップは実際に現場で就業体験をするので、既存の従業員と一緒に業務を体験していきます。その場合、チームの一員として、先輩の下について行動することがほとんどでしょう。先輩の指導や業務の進め方に直接触れる機会にもなりますし、目の前で先輩の働く姿が見れます。

先輩の生の声は、良い面もあれば負の面もあるはずです。例えば良い面として「チームの仲が良く業務が進めやすい」「福利厚生が良く映画を安く見ることができる」といった内容を聴くと、会社に対する印象は良くなります。しかし負の面として「どうしても繁忙期は残業は避けられない」「始業30分前には出勤しなければならない」という内容は、マイナスな印象を企業に抱くかもしれません。ですが、このようなプラスとマイナスの見解は、実際に働く従業員からしか知り得ない情報なので、企業研究する際に大いに役立ちます。

③ミスマッチに早く気付ける

インターンシップに参加するメリット3つ目は、ミスマッチに早く気付ける点です。会社と自分の相性が早い段階でわかれば、就職活動中に不要な選考を受けなくてもいいですし、入社後のミスマッチが予防できます。入社後にミスマッチがわかったとしたら、残念ながら一歩遅い状況でしょう。入社してしまったら、研修が始まり、そして配属先が決まり、一社会人として責任が付き物になります。

自分の自己実現が達成できる企業と出会えるのが就職活動の醍醐味です。せっかく就職活動をしても、早期離職という結果が待っているのであれば、それは未然に防ぐべきです。インターンシップは、入社前に実際に企業で就業できる貴重な経験です。会社説明会やHPだけではわからない側面を知ることは、自分の将来の選択に密接に関わっています。

インターンシップの種類

次に、インターンシップの種類について解説していきます。「インターンシップ」と一言で表現しがちですが、開催される日数などによってインターンシップの内容が大きく変わってきます。1日で終わるインターンシップもあれば、数日から長期に渡るものまであります。次の項目で、様々なタイプのインターンシップについてご紹介していきます。

①1dayインターンシップ

まずは、1dayインターンシップについて解説していきます。1dayインターンシップはその名の通り、1日で終わるインターンシップです。1dayインターンシップはスケジュールがタイトな学生でも気軽に参加しやすく、多忙な人に適しています。

夏休みや春休みの長期休暇中に開催する企業が多く、複数の企業のインターンシップに参加する学生が多いです。自身の予定と照らし合わせながら参加日数を調整してもよいでしょう。

しかし、あまりにも短い期間のインターンシップでは、就業体験が少なく、企業の本質を知るというところまでは辿り着きにくいので、まずはインターンシップはどのようなものなのかを知りたいという人にはおすすめです。

無給の場合がほとんど

1日で終了するタイプのインターンシップは、無給の場合がほとんどです。また、2~3日の短期インターンシップの場合も無給の場合が多いです。これは、インターンシップの期間が短く、就業体験というよりは、会社説明会を兼ねた講義、セミナーなどが行われることがほとんどだからです。学生に気軽に会社を知ってほしいと考える企業が、自社の会議室や研修室などで行うことが多いです。

②長期インターンシップ

次は、長期インターンシップについて解説していきます。長期インターンシップの期間は様々ですが、1ヶ月以上から半年の期間のものもあれば、選考を踏まえて行われるインターンシップもあり、1年以上かかるタイプのものもあります。

そのため、短期インターンシップよりも、本格的な就業体験ができ会社理解が深まるのが特徴です。長期インターンシップは時間を多く費やすので、将来やりたいことが明確な人には適しています。

長期インターンシップは、企業側が選考を踏まえて行う場合があります。長期に渡ってプロジェクトを同行することで、お互いの理解が深まります。企業側も学生側も、会社との相性が判別でき、入社後のミスマッチを未然に防げます。

給与のでるケースがある

インターンシップは給与のでるケースがあります。その場合は日給、もしくは時給で給与計算されることが多いです。時給の金額は、通常のアルバイト時給の金額で設定されているケースが多いです。長期インターンシップの場合は、時間の拘束も大きいので、アルバイトとして学業と両立させた方がよいでしょう。

また、都道府県によって最低賃金の金額は違います。「未経験・就業体験ということで給与給は少なめに設定しています」と言われ、インターンシップで提示された金額が最低賃金を下回っている場合は、労働基準法に違反しますので注意しましょう。

インターンシップに参加する際の注意点

インターンシップに参加する際の注意点を2点ご紹介します。インターンシップの魅力や種類をご説明してきましたが、インターンシップの全体像は見えてきましたでしょうか。インターンシップはメリットも大いにあり、参加は大変おすすめです。しかし、有意義にインターンシップを参加するためにも、事前に注意していただきたい点があります。

人気の企業は早めに予約を入れる

インターンシップに参加する際の注意点として、人気企業のインターンシップに参加したい人は早めに予約を入れましょう。人気企業のインターンシップへの応募方法は、予約順であったり、抽選だったりと、非常に倍率が高いのが特徴です。

また、インターンシップの内容も凝っているものが多く、学生のうちから充実した経験できると大変好評です。全国から応募が殺到するので、インターンシップの情報が解禁されたら、すぐに応募することをおすすめします。ナビサイトや企業HPでインターンシップ情報を公開する企業が多いので、日々チェックするようにしましょう。

サマーインターンへの参加を考えている人は、サマーインターンマニュアルもぜひチェックしていてください。この資料には、サマーインターンに参加するための対策が掲載しています。インターンへの参加が本選へのカギを握っている場合もあるので、抜けのない対策をしましょう。

学業に支障が出ないようにする

他にも、学業に支障が出ないようにすることが必要です。学業は就活生の本業です。大学生とは、高校を卒業し、何かを専攻したり研究したりするために入学した立場です。インターンシップに気を取られ、学業を疎かにしてしまっては元も子もありません。

インターンシップと学業が上手く両立できる履修状況であれば、ぜひインターンシップに参加をしてほしいですが、アルバイトやテスト勉強が重なると予定をうまくこなすことは難しくなります。

インターンシップは余裕のある精神状態で参加した方が、多くを吸収でき、就職活動に活かせます。精神がいっぱいいっぱいの状態で参加するよりは、自身のスケジュールに余裕のある時期の方がおすすめです。インターンシップの実施時期は入念に確認してください。

インターンシップは企業や業務理解が深まるなど多数のメリットがある

インターンシップは企業によって様々な種類があります。気軽に参加できるタイプのものもあれば、応募倍率が高いものもあります。応募の締め切り日やインターンシップの実施時期などは必ず応募前に調べ、貴重なインターンシップ参加のチャンスを逃さないようにしてください。

そして、一番にお伝えしたいことは、インターンシップには多くのメリットがあります。企業を多様な視点で見れますし、入社後のミスマッチも防げます。

インターンシップに参加するか迷っている人は、まずは短期インターンシップから参加してみてはいかがでしょうか。その際は、インターンシップの種類や注意点は押さえて、自身の予定との兼ね合いを見てから応募するようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ