【就活】面接の正しいマナー|身だしなみから入退室までの流れも紹介

受け付けから面接は始まっている

あなたは採用担当者との受け答えだけが面接だと思っていませんか?だとしたらそれは大きな間違いです。企業の面接においては面接会場の中はもちろん、待合室や受付での態度や姿勢など意外と見られています。面接は受付からすでに始まっているのです。

面接マナー【身だしなみ編】

null

面接の際にまず注意すべき点は、身だしなみです。身だしなみをマナーにそってキチンと整えておくと、面接で対面した採用担当の印象は良いものになるでしょう。場合によっては天気の都合などによって、面接に行くまでに乱れてしまう場合もあります。

そういったときも想定して、面接に向かう前にきれいに整えられる道具なども持ち歩くことをおすすめします。

基本的にはリクルートスーツ

基本的な面接での格好は、リクルートスーツを着用するのが基本です。女性の場合はパンツタイプ、スカートタイプのリクルートスーツがありますが、どちらの格好でなくてはいけない訳ではありません。状況や使いやすさを考えた上でスーツを選んでください。尚、スーツ自体は身の丈にあったサイズを選びましょう。

あまりにきつすぎたり、ゆとりがありすぎるのはだらしなく見えてしまいます。企業の社風などによっては、私服での面接が可能であったり私服必須と指定される場合もあります。その場合は社会人のビジネススタイルを参考に、スーツ以外のTPOに合わせた服装をしましょう。

清潔感が重要

社会人らしい格好と言いましたが、就活生の場合はそれに加えて、清潔感が大切です。清潔感のある格好や身だしなみを意識すると、フレッシュな印象を与えます。髪型については、あまりに短髪にしすぎたり寝癖を直さないまま面接しないようにしましょう。髪を整えるために整髪料を多少使うのは、問題ありません。女性の場合は後ろ髪や前髪が顔にかからないよう、黒のゴムやヘアピンで整えるようにしてください。

他は手元や顔周りです。男性の場合は髭剃りを、女性の場合はシンプルなものでいいので、顔全体にメイクをしましょう。合わせて、ハンカチなども常に清潔な物を持つようにしておきましょう。

面接マナー【受け付け編】

null

面接に向かった際、まず目に入るのが受付です。受付は企業の顔とも言える場所なので、社内に入る前からしっかりと緊張感を持って行動することを心がけてください。とはいえ、受付で守るべきマナー自体はそう多くありません。時間通りの到着が大切です。当然ですが遅刻はマナー違反ですので、交通渋滞や遅延などやむを得ない場合以外は、早めに企業に向かいましょう。

コートは会社に入る前に脱いでおく

通常の外出の場合、コートは室内に入ってから脱ぐことが多いのではないでしょうか。普段とは違い、面接の場合や企業訪問の場合は、会社内に入る前に脱いでおくのがマナーです。外の汚れを中に持ち込まないように、という理由でおこなわれますが、これは意識していないとうっかり間違えてしまうこともあるかもしれません。

基本的にはコートは防寒着として、屋外でのみ着用するものであると思っておきましょう。会社に入る前には脱いで、着用は屋外に出てからというのが一般的です。脱いだコートはそのままたたんで持つのではなく、汚れが落ちないよう裏返してたたむのもマナーのひとつです。きっちりでなくてもいいですが、ある程度はきれいに畳んでください。

面接5~10分前に受付を済ませる

面接のギリギリに受付を済ませるというのは、あまりいい印象を与えない行動です。社会に出るにあたって、行動は常に余裕を持っておこなうことを心がけておきましょう。

具体的には、面接が始まる5~10分前には受付を済ませておき、指定された場所で待機しているのが理想です。できる限りは10分前に受付をしておくのがベターです。

また、電車の遅延や交通渋滞などで遅くなってしまうことが分かっている場合にも、面接の10分前までには企業側に連絡を入れておくのがマナーです。面接に向けて何かしらの行動をする前は、実施される10分前には準備ができている状態を意識して行動するといいでしょう。

面接マナー【入室編】

null

入室と退室は、面接の中でも特にマナーを守れているかが見られる部分になります。しっかりとマナーを覚えて面接に臨みましょう。

まず、入室の際は面接室のドアを3回ノックします。あまり強く叩くと乱暴な印象になるので注意しましょう。呼ばれるなどして相手がノックに反応したら「失礼します」と声をかけて入室します。この時、ドアを閉める際は面接官の方を向いて閉めます。後ろ姿を見せるのはマナーが良くありません。ドアを閉めた後、改めてドアの前で挨拶をし、一礼します。体の角度は45度に曲げて、言葉を言い終わった後にお辞儀をするといいでしょう。

椅子に案内されたら椅子の横へ移動し、再度挨拶と一礼をおこないます。「お座りください」と言われるまでは座らないようにしましょう。

表情や声のボリュームも大切

入室時に気を付けておきたいのが、マナーを守ることに加えて表情や声の大きさです。できるだけはきはきと明るい表情で話し、適切な声の大きさを出すように心がけましょう。

緊張してしまうと表情もどうしても固くなってしまいますが、あまりに無表情だと面接官は「この人は面接を真剣に考えているんだろうか」と思うかもしれません。軽く微笑む位の柔らかく、爽やかな表情を忘れないようにするだけでも、印象がガラッと変わります。緊張を表情に出しすぎないようにするだけでも、顔の雰囲気は柔らかくなるでしょう。

また声が小さいと相手に言葉が届きませんし、かと言って大きな声を出せばいいという訳でもありません。相手が聞き取りやすい適度な大きさの声で話すのがベターです。

面接マナー【退室編】

null

退室の際のマナーは、入室の時ほどは多くありません。ですが最後まで気を抜かずに行動してください。面接が終了するのは、面接官から「本日の面接は以上です」と声をかけられたタイミングです。それまでは勝手に立ち上がらず、椅子に座っていましょう。声をかけられたら座ったまま「本日はお忙しい中、貴重なお時間を割いていただき、誠にありがとうございました」とはっきりした声でお礼を述べ、お辞儀をしましょう。

その後立ち上がった後も改めて一礼します。必要な荷物などを持ったら、ドアの前までキビキビと移動し、最後にもう一度面接官に挨拶をしましょう。そして静かにドアを開け、部屋から出ていきます。部屋から出る際は面接官側を向いて、面接官と目を合わせながらドアを閉めることを心がけてください。

最後まで慌てずに行動する

面接が終わった後というのは、やはりどうしても気が抜けてしまうものです。ですので、ちょっとしたミスなどが発生してしまうこともあるかもしれません。こうなってしまうとどうしても慌ててしまいがちですが、面接の場では慌てずに最後までキチッと行動するようにしましょう。慌ててしまうと、せっかくの最後の印象づけが残念な結果になってしまいます。多少の言い間違いや行動のミス程度であれば面接官もそうそう咎めませんし、その後の行動で挽回もできるので、まずは冷静に行動しましょう。

もちろん、終わったからといってすぐに気を抜くのはもってのほかです。会社を出るまでは、適度な緊張感を保った行動をするのが一番のマナーと言えるでしょう。

面接はマナーを守った行動により評価は異なる

null

面接の場で自分の考えを正しく話せるのは良いことですし、後々の採用にもつながるものです。ですがそれと同じくらい、基本的なマナーを守った行動も重要になってきます。特に面接という場の場合、後々社会に出るにあたってルールやマナーを正しく理解し、守ることができるかどうかという評価点にもなるのです。まずは正しいマナーを覚え、それを実際に面接の場で実行できるようにしましょう。適度に緊張感を持ち、真面目な行動をしようとさえ心がけていれば、そうそうマナー違反にはなりません。

マナーを守った行動を取れれば、面接官への印象や後の評価は、マナーを守らない状態に比べれば、遥かによくなるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ