身だしなみ

【スーツに似合う時計の選び方】就活中は謙虚におしゃれを楽しもう!小物でも面接官に好印象を

就活時につける腕時計ってどれがベスト?

「つけても良い腕時計」と「つけると良い印象を与えない腕時計」の区別、難しいですよね。面接官によっても与える印象は違うので線引も曖昧です。例えば、就活生の先輩でもある現役ビジネスマンの腕をちょっと見てみましょう。どうでしょうか。結構おしゃれな腕時計や高そうな腕時計をつけてる人も多いですよね。
でも、就活生がそういった時計を付けるのはあまり良しとされないことが多いです。就活生といえば大学生ですが、大学生なのに派手な腕時計をつけていると浮いてしまいがちです。そんなに見えないし、ちょっとくらい派手でおしゃれな時計をつけてもいいかなと、思うかもしれませんがあまり見えないからこそ、目に入った時に派手だと印象がとても強くなります。ですので、腕時計は派手すぎないものが良いでしょう。

就活のマナーを確認しよう

服装に気を付けること以外にも、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。マナーは身だしなみだけではなく、到着時間や荷物の取り扱いなど細かいところでも求められます。他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。

そこでおすすめなのが「就活マナーマニュアル」です。こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

腕時計は就活生の必須アイテム

そもそも腕時計って必要なの?っていう声もよく聞きますね。最近だとほとんどの人がスマートフォンや携帯電話を持っていて、そこで時間を確認できるから必要なさそうと考えてしまいがちです。でも結論から言うと腕時計は「あったほうが良い」です。具体的には以下の3点が必要な理由になります。

  • 就活では細かい時間の確認が必要
  • 携帯電話は電源を切っておくので腕時計が必要になる
  • 待合室などで携帯電話を操作していると印象が悪い

実際に就活の場面を思い浮かべてみましょう。グループディスカッションなどをする時にスマホを出しっぱなしにしておくことはマナー的にありません。また、こういうときには時計がない部屋であることも多いです。となると、時間を確認するには腕時計しかなくなります。

腕時計を「しない」はNG?

腕時計をつけることはマナーと言えます。じゃあ面接官は腕時計をしているかどうかをチェックしているのでしょうか。こういうときは実際の社会人になったことを考えてみましょう。面接官は常に就活生をうちの会社で働いたらどうなるかを想像しながら見ています。社会人でも腕時計をしていない人はいます。そう考えると、腕時計をしていないから落ちる、という事はありません。時間を確認するのに携帯があれば十分という認識が広まっていることも大きいです。
しかし、面接官にもいろいろな人がいて、それぞれ基準が違います。中には「腕時計すらつけていないなんてマナーがなってない!」という古風な面接官もいます。なので、どんな人が見ても失礼がないようにつけていて損はないので、つけておいた方が無難でしょう。

就活では謙虚におしゃれを楽しもう

腕時計が必要だということを見ていきましたが、どんな腕時計をつけても良いというわけではないのです。面接の場はビジネスシーンではありません。そこには就活生と面接官という立場があるので、面接官に良い印象を持ってもらうことが重要になってきます。そう考えると派手すぎるものは避けましょう。
これも面接官で違いますが、派手でおしゃれな時計をつけている人を「個性的だな」と評価する面接官もいれば「自己主張を抑えられない人」という印象を受ける面接官もいます。そう考えると、最大公約数的な時計をつけたほうが少なくとも悪い印象を与える可能性は少ないことがわかります。でもどうせつけるなら、おしゃれな時計をつけたいですよね。そこでどんな時計ならつけても良いのかを見てみましょう。

文字盤は見やすいものがマスト

まず気になるのが色ですね。見た目の大部分を占めると言ってもいいでしょう。色は黒や茶などシックな色を選びましょう。こういった色は真面目だったり堅実な印象を与えます。ビジネス・フォーマルな色なので、ビジネスマンでもある面接官には馴染みのある色でもあります。赤や黄色といった派手な色の時計はオシャレですが、個性が出すぎるためビジネスの場でこういった時計はあまり好まれません。
個性が活きる職場ではありかもしれませんが、黒や茶色を選んでおいたほうが無難でしょう。また文字盤は大きく見やすいものがベスト。これはふとした時に時間を確認しやすいからという実用的な問題です。面接をしている際に腕時計を見て、どれくらい経ったかをさり気なく確認できると時間管理が楽になります。

革ベルトと金属ベルトはどちらでも良い

時計のベルトも気になるポイントです。革製のものと金属製のものがあり、どちらが良いのか悩む人も多いのではないでしょうか。なんとなく革ベルトのほうがフォーマルな感じがするためか、革ベルトを選ぶ人も多いようですが、これはどちらでも大丈夫です。見えたときの印象としてはどちらであっても、そんなに変わりません。
実際のビジネスシーンでもどちらのタイプも目にしますし、どちらの時計を見てもそんなにうるさくないものが多いですよね。むしろベルトよりも視覚情報が多い色のほうが印象に残ります。あまりにもデザインの自己主張が激しすぎるものは問題ですが、そうでもなければベルトは気にせず好みで選んでOKです。スーツのデザインに合うものを選びましょう。

スーツのランクに合わせて選ぶ

時計のランクも重要なポイントです。就活生のうちはわかりにくいかもしれませんが、スーツは見ただけでなんとなく高いものか安いものかわかります。面接官ともなれば何人もの就活生と相対しているわけですから自然と多くのリクルートスーツを目にします。スーツも就活生だとオーダーメイド品を着ている人は少ないですよね。そこで時計だけ高いものを付けていると頭でっかちならぬ、腕でっかちになってしまいます。
小物の1つである時計だけハイブランド品をつけていて異様に目立っていたら、アンバランスに見えてしまいます。ですので、ハイブランドなど高価な時はNGということを覚えておきましょう。時計はスーツに合わせたランクのものにしておくのが基本です。

コスパが良いスーツに似合う時計〜男性〜

では実際どんな時計をつけたらいいのでしょうか。ここでは男性用のコスパの良い時計を紹介していきます。例えば、具体的にブランド名を挙げていくと「カシオ」や「セイコー」の時計だと評判が良いです。ビジネスライクなデザインになっているため、社会人になってからも使うことができる物が多いです。色はもちろんのこと、ベルトも革製のものも金属製のものも幅広く揃っていますので、個性も出しやすいです。
また時計としての作りもよく、価格も抑えめなものが多いのも何かとおお金がかかりやすい就活生としてはうれしいところ。性能も良い時計ばかりですので、まずはこの中で、着ているスーツと比べて見劣りのしない時計を探すと良いでしょう。

コスパが良いスーツに似合う時計〜女性〜

続いては女性編です。女性も同じく「セイコー」や「カシオ」の時計を選んでも良いでしょう。しかし金属製のベルトのものやプラスチック製のものが多いです。プラスチック製はカジュアルすぎますし、金属製のベルトのものをつけているとちょっと無骨な感じがしてしまうかもしれませんね。スーツとの兼ね合いでこれらの時計が良いこともありますが、女性には「シチズン」の時計をおすすめしたいです。
シチズンの時計は女性向けのちょっとおしゃれな時計が出ており、価格も1万円程度の範囲内で選べます。もちろん有名メーカーですので、ノーブランドの安すぎる時計に比べ性能も問題ないです。

小物で自分を演出しよう!

腕時計1つを取っても色々と選択肢があることがわかりますね。色やベルト、文字盤のデザインや時計そのもののデザインなどなど。派手すぎるものを選んでしまうと悪い印象を与えることもありますが、かといって何の変哲も無い、周りがつけているような時計を身につけていては自分を印象づけることはできません。腕時計1つを取ってみれば小さな印象かもしれませんが、他の小物でも自分らしさを出せるように選んでいけば大きな差をつけることができます。
就活は一種のセルフプロデュースとも言えます。どうしたらたくさんいる他の就活生とは違うと自分を印象づけられるか、そんなことを考えながら就活中でもおしゃれ心を忘れずにいると面接官の目にも留まりやすくなるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ