就活その他

理系の就活生が知っておくべき進路の選び方や選考対策

理系の大学生は進学か就職かの選択がある

大学卒業の際、迷うのが進学か就職かの選択です。進学をして知識を深めるというのも一つの選択肢ですが、進学するより早く就職して社会人として経験を積みたいと考える人もいるでしょう。

どちらかを選択しなければなりませんが、選択は自分の置かれている状況・気持ちも重要な部分です。後悔しない選択をするために、慎重に選びましょう。

より専門性を学びたい人は大学院に進む

大学院へ進学し、研究したい人は進学により有利になるケースがあります。例えば企業側で研究開発職を募集する際、修士以上としている企業もあります。必ずしも就職が保証される訳ではありません。大学での研究を大学院に進学し、今までよりさらにテーマを追及していくことで得られる知識が増えます。

自分の研究するテーマが、企業で活かせる場合、それは選考時に評価されやすいでしょう。しかし、同じ方向性のテーマという都合のいいことはなかなかありません。ですが、方向性が異なるからといってあきらめてはいけません。重要なのは大学院に進学したときに、自分が何を学び、どういった知識を企業で活かしていけるのかという点なのです。

理系が活躍しやすい業界

就活をするうえで特に悩むのが「どの企業を志望するか」です。世の中には数多くの業界があり、どれを選ぶのかによって、自分の人生が大きく左右されます。自分がやりたい仕事や、なりたい職業があれば、志望する企業もおのずと決まってくるでしょう。しかし、やりたい仕事やなりたい職業が特にない場合には、志望する企業の選択も難しくなります。

そこで、企業を選ぶ際の参考として「自分はどの業界や仕事で活躍できるか」を考えてみましょう。今回は、特に理系が活躍しやすい業界や仕事をピックアップしてみました。こちらを参考に、志望する企業を選んでみましょう。

食品・薬品業界の研究者

理学部や薬学部などで研究を行っている場合、そのまま研究者になるのも一つの手です。特に、自分が行っていた研究がそのまま仕事に繋がる場合には、就活の際に大きな武器となるでしょう。また、研究する内容に関しては企業から指示されることが多いですが、研究の結果を出すまでの過程はある程度自由がききます。自分にあったやり方やペースで仕事ができる企業もあるため、研究が好きな人にとっては天職ともいえるでしょう。

ただし、結果が出るかわからない研究をずっと続けていく必要があるため、向いていない人もいます。例えば「好奇心旺盛で次々と試してみたいことが出てくる人」や、「タフで、結果が出るまでひたすら粘り続けることができる人」は向いているといえます。しかし、「飽きっぽい人」や「結果がすぐに出ないとやる気が上がらない人」には向いていません。自分の適性も鑑みて、自分に合った職を選びましょう。

IT業界のSE

情報系の学生であれば、その知識を十分に活かせるSE(システムエンジニア)がおすすめです。SEとは、 簡単に言えば「顧客の欲しいシステムを作る職業」です。顧客から、欲しいシステムに関してヒアリングし、全体の設計やプログラミングを行います。プログラマーと混同されがちですが、プログラマーはSEの業務の中の「プログラミングのみ」を担当していることが多く、異なる職業だといえるでしょう。

ただし、一口にSEといっても、その業務は企業によって大きく異なります。例えば、顧客からのヒアリングからプログラムの作成まで、すべてをSE一人が一括で行う企業もあれば、「営業・ヒアリング担当」「設計担当」など、工程ごとに担当SEを付ける企業もあります。そのため、事前に志望している企業のSEがどんな仕事をしているのかをチェックしておくようにしましょう。

不動産業界の建築士や設計士

土木や建築関連を学んでいたのであれば、建築士や設計士がおすすめです。建築士とは、建物の設計や工事管理をする仕事です。建築士が行う業務は資格によって制限されており、「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」の3種類が存在します。取得の難しい資格のため、誰でもなれる職業とはいえません。だからこそ、職に就く人が制限されている分、安定している職業ともいえるでしょう。

一方、設計士の業務自体は建築士と同じく「建物の設計」などですが、資格が必要ない範囲での業務となります。そのため、建築士と比べてハードルの低い職業だといえるでしょう。まずは設計士として仕事をし、知識を身に付けながら建築士になる方もいます。

就活方法は一般応募か学校推薦

理系の就活の場合、就活は自由応募か大学推薦の選択があります。では、自由応募と大学推薦はどんな違いがあるのでしょうか。自由応募は、自分で受けたい企業を探して応募する方法です。何社エントリーしてもいいので、業界、企業と選択肢の幅は広くなります。もし、数社から内定をもらったのであれば、そのなかから自分の希望する就職先が選べます。自由応募のデメリットは、競争率の高さです。募集対象者であれば、誰でもエントリーが可能となっているため競争は仕方がありません。

学校推薦は、所属する研究室やゼミの先生から推薦をもらい選考を受けることです。推薦されたからといって、必ずしも内定になるわけではありません。しかし自由応募に比べて、1次審査・書類選考を飛ばして面接まで行ける、面接回数の軽減といった選考内容優遇のメリットもあります。欠点のないように見えて、学校推薦は内定が出た場合辞退できないということがありますので、慎重に検討しなくてはいけません。

推薦の決定は就活スタート時期とほぼ同じ

学校推薦の決定は、就活スタート時期とほぼ同じです。学校推薦は、希望すればだれでも推薦してもらえるものではありません。教授や研究室の先生からの推薦があってこそです。そして学校推薦が貰えるのは1人1社となっています。

そのため、学校推薦や学校推薦による内定がもらえるか不安な人は、自分で自由応募も検討しながら企業研究をすることをおすすめします。同時並行で、もし学校推薦により内定が決まったら自由応募はあきらめなくてはいけませんが、学校推薦がもらえなかった場合や、万が一学校推薦でお見送りとなってしまったときにすぐに対応が効きます。

自由応募により文系就職先に進む人も多い

理系の就活生すべてが、研究職につくのかというと、そういったわけではありません。キャリタス就活のランキングを見ると、1位はトヨタ自動車、2位がソニー、3位が日立製作所とメーカーが目立ちます。そのほか東日本旅客鉄道や東海道旅客鉄道もトップ10にランクインしています。学校推薦の場合は研究職を求める企業からの募集が多い傾向にありますが、自由応募の場合、理系就活生もメーカーや旅行業など、理系文系問わず就活しています。

理系の特権!推薦応募とは

推薦応募とは、企業から大学にオファーが来て、学内の教授などが特定の学生を推薦することです。推薦応募を利用している企業は、今あなたが勉強、研究している分野に近いことが多いです。更に日系企業の大手、中小メーカー、ベンチャーというのがスタンダードです。外資系や大手ベンチャーなどは少ないですから、そういう企業を狙っている人は、推薦応募で就職するのは厳しいかもしれません。他の道をしっかりチェックしておきましょう。

日系企業で、日本をより良く便利にしたいという志を持った理系就活生は、推薦応募を利用するのが就職への近道となります。とはいえ「推薦があるから楽」と思ってだらだらしていては他の学生たちに負けてしまいます。就活シーズンに入る前からしっかりと準備しておきましょう。

推薦応募の仕組み

企業から採用希望人数を指定され、就活生はその枠に応募し、人数が多ければ採用試験に臨むという流れになっています。推薦応募を受けられる人は「卒業の見通しが立っている」「推薦応募する企業に受かったら絶対に入るという確約をしないといけない」など、制約もあります。ですがあなたが狙っている企業が推薦応募を行っていれば、こんなに都合のいいことはありません。必ずものにすると努力すれば、希望通りの就職をかなえることができるでしょう。

更に、大学の研究室の費用を特定の法人が負担している場合は、流れで就職できる事もあります。教授が推薦してくれる場合もありますが、こちらは稀ですので大多数の人は通常の推薦応募をし、面接などを受けるという形になるかと思います。

OB訪問やリクルーター面接がある

理系の中でも特にエンジニア系などの採用は、OBやOGが大学に出向いて説明会を行うことが多いです。企業のアピールポイントを聞ける絶好の機会ですから、ぜひ参加しましょう。そのときに疑問点などあれば積極的に質問していくと良いでしょう。
その後、リクルーター面接と言って、若手社員(OB、OGが多い)が推薦を取ろうと思っている就活生を面接します。ここから本格的な採用のスタートとなります。気を引き締めて面接に臨みましょう。
OB、OG、リクルーターなどの企業の人間と話すと、その企業でどういう風に仕事をしているかなどを知るきっかけが作れます。外から見ているだけでは分からない内部を知っている人がいるのは強みです。機会を逃さないようにしましょう。

内定をもらえる確率が高い

企業からの直接指定があるので、一般募集よりも通過率が高いのが、推薦応募の多大なメリットのひとつです。リクルート面接で好感触だった場合、そのまま最終面接が入社意思を確認するためだけのものになることもあります。

一般応募に比べてメリットが多い推薦応募。あなたが希望する企業が推薦応募を採用している場合は、必ず応募しましょう。最短距離で内定へ向かって進んで行けるはずです。とはいえ有名企業であれば推薦応募の少ない枠に対して、たくさんの就活生が一挙に押しかけることにあるでしょう。その場合はむしろ激戦になります。内定を勝ち取りたい企業が人気なのかどうか、調べるためのコミュニケーション能力も必要になってきます。

落ちる可能性もある

リクルーター面接などで上手く受け答えができなかったり、悪い印象を持たれてしまうと、マッチングしないと判断されて落ちてしまうこともあります。推薦応募で落ちてしまうと、その後一般応募での入社は非常に難しくなってしまいます。

推薦応募だからといって油断せず、きっちり準備や対策を行う必要があります。特に理系就活生は職人気質の人も多いです。普段から研究や課題などでひとりになりがちではありませんか?上手く会話ができないと、今後一緒に仕事をするのが不安だと思われてしまうかもしれません。良い能力を持っていても、それをうまくアピールできなければ持っていないのと同じだと思われてしまいます。落ちないようにしっかりと対策とが必要です。

OB訪問する前に資料でマナーをチェック

理系就活生の場合、ゼミや研究室での繋がりにより、学校の先輩が希望する企業に勤めているケースが少なくないのではないでしょうか。希望する企業に先輩が勤めている場合、OB訪問がしやすいので、就活を始めたらすぐに行動するようにしましょう。

しかし、OBはいるけれどOB訪問はどんな風に始めて、どんなことを話せばいいのか分からない人もいるでしょう。そんな人におすすめする資料がOB訪問マニュアルです。この資料には、OB訪問のためのアポイントの取り方や、当日の服装、話す内容や終わってからとるべき行動などが掲載されています。OB訪問についてのあれこれが1冊にまとめられています。

OB訪問をしたことがない人も、1度経験はあるけれど正しい対応だったか不安のある人も、ぜひ一度チェックしてみてください。

理系就活生が気をつけるべき点3つ

推薦応募の流れを理解したところで、実際に就活をしていくにあたって気をつける点を確認していきましょう。推薦応募だから何もしないでいい、というはずがありません。文系就活生とは違った準備が必要ですし、注意点も違います。面接で発表を求められることもあるでしょうから、今やっている研究の成果やテーマをまとめておくことも必要でしょう。ですがそのほかにもやることはまだあります。

理系就活は長引くと卒業研究とぶつかってしまう危険性もあります。まだ大丈夫だからと油断していると、スケジュールがぶつかってとんでもないことになるかもしれません。まだまだ知られていない理系ならではの就活ポイントをしっかりチェックし、他の就活生に遅れを取らないように注意しましょう。

①志望する企業を絞りすぎない

技術職を志望していると、今やっている研究や分野を扱っている企業しかチェックしない、など視野が狭くなりがちです。そうして絞りすぎて全てだめだったときに焦ってしまい、他の可能性を考えることができなくなるのは危険です。その分野だけではなく、少し視野を広げてチェックしておくと、後々の自分のためにもなります。時間に余裕がある就活序盤のうちに色々と見ておくと良いでしょう。

自分の研究分野で使っている素材や、研究後に使われる製品など、今の研究から繋がっているものが必ずあるはずです。そういった身近なところから視野を広げていくと、全く未知の興味のない分野に挑戦して失敗してしまうというリスクがなくなります。

②コミュニケーション能力も必要

理系就活生は技術職への就職が多く、職人のように自分の仕事だけしていればいいというイメージが根強いかもしれませんが、技術職でもコミュニケーション能力は必要です。一人でできる仕事というのはありません。誰かの力を借りて、または貸して、行っていくのが仕事です。まともな会話ができない相手と仕事をするのは苦痛です。ですから、企業もしっかりとチェックしていますので、面接まで行けば余裕だからと面接対策を怠ると、そこであっさり落とされる可能性もあるため注意です。

面接で緊張してしっかり意見を伝えられないこともあるかもしれません。ですが、それ以前に、やる気のない態度や、余裕過ぎて失礼な態度を取らないように気をつけて面接に臨みましょう。

③就活と研究・論文の両立

理系就活生が気を付けるべき3点目のこととしてあげられるのが、就活と研究や論文との両立です。院への進学をしても、就活を始めるのは修士1年の4月からという人が大半です。そのため、研究と論文の作成をスケジュールをしっかり管理したうえで進めていかなくてはいけません。

就活では複数の書類準備や面接が必要になるので、適切なスケジューリングが成功のカギとなります。特に理系就活には研究成果を発表しないといけないような面接があることも。その場合、発表の準備などが必要で、文系就活生よりもひとつひとつの企業へ割く時間が多くなってしまいます。数が少なくて済むが、たくさんの企業から声をかけられた場合、文系就活生よりも忙しくなってしまう可能性が高くなります。自分の研究や課題でとても忙しい理系就活生ですが、そこも怠らず全てをこなす必要があるので、油断せず、ひとつひとつを確実にクリアしていきましょう。

理系の特権を活かした就活を

文系就活生に比べると優遇されている部分がある理系就活生。特権を活かし、有利に就活が進められます。とはいえ油断は禁物。就活が楽であるはずがありませんから、余裕を持ちすぎていると足元を掬われます。

特に推薦応募は今まで一緒に学んできた同じ専攻の仲間たちと、少ない席を奪い合うために戦わないといけないという展開も多いです。辛いですが、将来がかかっている戦いになりますからしっかり気合を入れて臨んでください。就活は情報戦であり、体力戦、持久戦でもあります。周りに置いていかれないように注意しつつ、やらないといけないことを確実にこなしていくことが重要です。晴れて内定をてにするまで、しっかり努力してがんばりましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ