就活その他

【証明写真のメイク講座】自分の肌色に合わせてキレイに撮るコツ

証明写真は一番に目に入る

証明写真は履歴書やエントリーシートの中でも特に目に入る部分です。というのも、企業が最初に目に通すのがあなたの書いた書類で、どんな人物か知るために重要な道具になっているためです。いわゆる写真で、第一面接がほぼ決まるといっても過言でもありません。
証明写真自体は、今ではわざわざ写真屋さんに頼まなくても気軽に写真機で撮影できるようになっていますが、値段が高いうえに中々上手く撮れなくて悩みますね。まず写真機で撮影する場合は、目線の位置を合わせるためにイスの位置を調節します。イスに座り、カメラの奥を見るようにして、機械のふちにある目線案内の線にあわせて少しアゴを引いておくと、自然に目が大きく写るように見え、輪郭もすっとスッキリ見えるので撮影時の顔のバランスもよくなります。

履歴書の正しい作成方法をマスターしよう

履歴書を作成する際は、証明写真以外にも基本的なルールやマナーを守る必要があります。履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか作成前後にチェックすることが大切です。

そこでぜひ活用したいのが「履歴書作成マニュアル」です。履歴書の書き方に悩んでいる就活生におすすめです。無料でダウンロードできるので、実際に履歴書を作成する際のお手本としても持っておいて損はありません。

バッチリメイクはNG

お出かけや普段の行事で、着飾るためにもメイクは女性に欠かせないものです。もちろん就職活動においてもメイクは必須です。しかし、いつもの遊びにいくような華やかなメイクではNGな事が多いです。特にばっちりアイラインや、ばさばさするつけまつげ等は、普段は自分を良く見せようとしますが、仕事上ではかえって不潔感やけばけばしく見えることもあるので、相手を不快に思わせてしまいます。
面接では相手に好印象を与えるため、過度のメイクは就職活動では控え、清潔感を印象つけるナチュラルメイクを心がけましょう。

すっぴんも避けた方が良い

過度の化粧は相手を不快に思わせてしまいますが、かといって逆になにもしない、すっぴん状態も、人によっては失礼ととる人もいるので、結果あまり良い印象を与えません。それは適度の化粧は社会人の女性では当たり前のマナーなのです。特に接客業に就職を考えている方は、すっぴんでお仕事することはご法度です。もちろんあまり関係のない会社も中にはありますが、会社面接は初対面の相手と顔を合わせるので、失礼にないよう、必ずメイクはするようにしましょう。

それは証明写真も同じくです。常に人に見られる意識を持つようにしましょう。しかしお肌が弱く中々化粧が出来ない場合、お肌の弱い方用のコスメも存在しているので、一度化粧の仕方やスキンケア用品などで工夫してみることをお勧めします。

志望先に合わせたメイクをする必要がある

証明写真を撮る際は、企業や業界によって、どのような印象を求められているかを考えてからメイクをしましょう。華やかな業界である場合は、パーツをはっきりさせるようなやや濃い目のメイクが好まれます。誠実さを求められる場合は、知的な印象を与えられるようにナチュラルメイクと血色の良さを出しましょう。

公務員や金融業界のように知的で堅実な人物が好まれる業種は、派手なメイクにならないようにしてください。チークやリップで血色を演出し、健康的な明るさを出しましょう。

外資系企業は顔立ちをはっきりさせるメイクにして、女性らしさが映えるようにしてください。日本人は幼く見えることがあるので、他国の応募者より若く見られないようパーツの立体感を意識したメイクで、きりっとしたメイクを目指しましょう。

接客業であれば、柔らかで優しいイメージのメイクが好まれます。清潔感と落ち着きのある穏やかなメイクのコツは、チークとリップの色を揃え、ふんわりした眉毛に仕上げることです。

証明写真を撮る時のメイクのコツ

さて、上記のポイントまでは、就職活動時面接でも守るべき大まかなポイントになっています。少しでも写真で好印象になるようにいざメイクをしてみると、どの具合でメイクすればよいのか迷ってしまいます。

挙句の果てにいざ撮って見るとなんだか野暮ったく見えるなど、せっかく高い撮影料金も無駄になってしまうかも。写真も面接時も、どちらも意識として第一に大切なのは、「清潔感」です。では証明写真撮影時は、どのようなメイクをすれば綺麗に写るのでしょうか。

口紅はパーソナルカラーに合わせて選ぶ

証明写真撮影機にはストロボが8つほど設置されています。これは肌をより綺麗に取れるように必要なものなので、荷物などを置く際など配置に気をつけます。そしてメイクですが、例として口紅もピンクといってもたくさんの種類があります。同じピンクでも印象が全然違う経験をした方はいると思います。人の肌は基本的に「ブルーベース」と「イエローベース」に分かれています。

このベースカラーは洋服やメイク、髪色のあわせの土台として重要なものになっています。ベースカラーには自分に似合う4つのカラー分類があり、それがより自分を綺麗に映えさせる、好印象をもたせやすい色味が分かるので、洋服選びの際にとても参考になります。例というと「ブルーベース」は寒色系なので、口紅はローズピンクやベビーピンク。「イエローベース」は逆に暖色系なのでサーモンピンクやコーラルピンクが、相性が良いとされています。

自分は何ベースか分からない方は、まずベースカラー診断を行ってみてみましょう。ベースカラー診断は百貨店の美容品店にて無料で行なってくれるところもありますので、気軽にいけるのも魅力的です。

アイシャドウはブラウン系がオススメ

普段の化粧でも特に気合を入れるのがこの目元です。普段のお出かけにする化粧では、カラフルな色味を重ねて華やかにするアイシャドウですが、仕事中はその華やかな色は控えないといけません。仕事では、どちらかというと目元のくすみなどを目立たなくし、自然に見せることを意識するのがポイントです。肌色に近いブラウン系は、他の色と比べると肌色ととてもなじみやすいので、ナチュラルかつ、綺麗な目元を作ることが出来ます。かといってもちろんつけすぎは禁物です。特にアイラインを引く方は、よりはっきりきつく見えてしまうので、証明写真でも強めに出てしまいます。

その場合はアイシャドウの主役カラーを、黒目の位置に軽く乗っけるようにするとバランス良くお仕事メイクになります。またブラウン以外ではピンクもお肌に近い色なので、お仕事メイクに使用してもナチュラルに見えます。バランスが良く分からない方は、一度美容用品店のスタッフさんにベースカラー診断と一緒に相談してみると良いでしょう。

眉毛は左右対称に

目元の次に、中々難しいのは眉毛のバランスです。整えようと剃っていくと、だんだん細眉になって、下手すると眉なしなんてことも。それは写真も同じで、細眉はあまり良い印象にはなりません。良い印象を与える眉は、少し太めのバランスが取れているものです。例でいうと、女優の石原さとみさんや綾瀬はるかさん等の眉毛は、女性らしい柔らかな印象の代表です。
なかなか難しいですが、少しずつ整え、鏡から少し距離を置いて左右バランスを見ながら綺麗に適度に整えましょう。万が一、眉毛がなくなってしまった、どうしても眉毛の左右非対称だったりバランスが崩れてしまっている場合、今では理想の眉毛の形のプレパラートも販売されているので、もっと手軽に整えられることが出来ます。

ファンデーションはナチュラルに

ファンデーションは、顔の明るさを左右する大事な化粧の土台です。ファンデーションでその日の化粧栄えが決まります。しかし、明るくしようとして、明るい色のファンデーションをつけると、顔と首の色がはっきり分かれてしまい、不自然になってしまいます。ファンデーションを選ぶ時は、自分の肌色に近いもの色味を選びましょう。
なお、夏場は肌が日焼けをしやすいので、焼けてしまった場合は普段のものより色のトーンを落とすことによって自然な肌色に見せることが出来ます。

顔色の悪さやクマを無くして健康的に見せることが大切

・青色のクマ
青いクマの原因は不眠や血行不良です。青の正反対の色である、オレンジやピンクの色味が入ったコンシーラーがおすすめです。

・茶色のクマ
茶色のクマは色素沈着が原因です。イエロー系コンシーラーを使用して肌なじみをよくし、茶色の色味を消していきましょう。

・黒色のクマ
黒いクマは肌のたるみの影です。黒色をカバーするのは難しいので、パールが入ったコンシーラーを使用して光の反射でクマをカバーしてください。

採用担当者が証明写真を見たときに、この人と会ってみたいと思えるような明るさや健康らしさを感じさせることがポイントです。目の下にクマがあり不健康そうな人や、血色が悪く人間味がないような人に、採用担当者は会ってみたいとは思いません。クマはコンシーラーで隠すことができるので、メイクで無くして写真撮影をしてください。クマの色ごとにコンシーラーを選ぶと、しっかりと隠れて顔色が明るくなり、健康味が出てきます。

自分の肌色に合わせたメイクをする

ここまでメイクのポイントを記載しましたが、就活中のメイクは自分の好みの化粧ではなく「肌色に合ったメイク」を心がけましょう。普段気合を入れて、自分を華やかにみせるメイクは、職種にもよりますが基本スーツや仕事へのスタイルには適切ではなく、合わないことが多いのです。濃くならないように、適度に自分を綺麗に見せるナチュラルメイクは心がけましょう。
また髪型も同じく、メイクにあわせて顔の輪郭がはっきりスッキリ見えるように、一束にしばるか、まとめ髪をするとより誠実な印象も与えることが出来ます。

最近は加工できる機能もある

最近ではスピード証明写真機でも、プリクラや加工カメラアプリのように自分の顔を加工することが出来ます。もちろん、証明写真なので自分の顔を綺麗にする事が出来るレベルです。にきびや肌荒れ、クマなど、メイクでは隠しきれない部分には、この加工できるスピード証明写真機で隠せるので、いざというときはとても便利です。
しかし普段のプリクラのように、目を大きくしたり、鼻筋を通したりなど、極端に自分の顔からかけ離れしまうような過度の加工は、いざ面接のとき面接官から指摘をうけてしまうので、適度な範囲になるように気をつけましょう。

証明写真を撮るときの髪型のコツ

・髪色は暗い色にする
・前髪はピンやヘアスプレーで留める
・長い髪は束ねる

それでは次に、証明写真を撮るときの髪型のコツをご紹介します。髪がうまく束ねられなかったり、いまいちパッとしない髪型になったりしないように基本の就活ヘアスタイルを解説していきます。染髪や脱色、パーマなどのヘアスタイリングは自分の個性を表すことができるので、髪型の個性にはこだわりのある人が多いと思います。しかし、就職活動中は髪型のお洒落は不必要です。落ち着いた髪色に戻し、清潔感のある髪型をするようにしてください。特に履歴書に貼る証明写真はあなたの第一印象になります。細心の注意を払うようにしてください。

上記3つのポイントに分けて説明します。なぜ髪色を暗くしなければならないのか、なぜ長い髪は束ねた方がよいのか紐解いていきます。自分をアピールできる写真を最大限に活用できるように撮影しましょう。

髪色は暗い色にする

髪色は暗い色にしてから証明写真を撮影しましょう。金髪や過度に明るい茶髪は、ビジネスの場にふさわしくなく、就活生という立場上印象は良くありません。企業は社会人としてこれから活躍してくれる人材を募集します。派手な髪型の学生は社会人になる自覚が足りないと思われかねません。黒色や自然な暗い茶色に髪色を戻してから証明写真を撮影するようにしてください。

地毛がもともと明るい色の方は、昨今は個人の尊重を重視している企業も多いので、業界によっては地毛の色のまま自分らしく撮影しましょう。一方、公務員、銀行員などの知的で誠実さが求められる業種を希望する人は、その業界に染まるという意思表示のために、髪色を暗くした方がいい場合もあります。どうしても気になる方は1日だけ染髪できる髪色戻しスプレーが販売されているので、試してみてください。

前髪はピンやヘアスプレーで留める

前髪はピンやヘアスプレーで留めましょう。ただ流しているだけの前髪や、眉毛が隠れきってしまう長さの前髪だと印象が暗くなりがちです。おでこを出すことで清潔さと顔全体の明るさを演出することができます。

前髪が眉毛を覆っていたり、眉毛に差しかかったりしている場合は、眉毛をすっきり見せた方が顔立ちがはっきりと映えます。前髪を斜めに流してピンで留めるかヘアスプレーで固定し、おでこと眉毛を見せるようにしましょう。前髪が眉毛より長くある程度長さがある人は、ゆるやかに耳の方に流れるようにピンやヘアスプレーで固定すると、女性らしく柔らかな印象になります。前髪を固定する際は、生え際の短い毛がはみ出さないように、ヘアワックスやヘアスプレーで固めて、全体的に清潔感を出すようにしましょう。

長い髪は束ねる

証明写真を撮影する際は長い髪は束ねるようにしましょう。長髪をそのまま下ろして撮影してしまうと首や耳が隠れて、全体的にもったりとした印象になります。首元をすっきりさせ、両耳を出した方が明るく爽やかな印象になります。髪を束ねる際に注意してほしいことは、顔を小さく見せようと耳周りの髪の毛だけを残して髪を束ね、触角のように顔周りに垂らすことです。そのようなヘアスタイルは、学生らしさが残り社会人としてのイメージが浮かびにくくなります。何よりもビジネス感がなく幼く見えてしまいます。

髪がミディアムで肩にかかるくらいの人は、ハーフアップも効果的です。ハーフアップにすることで、両耳を出しつつも、髪の毛先が首回りに流れ、丸みを帯びた優しい印象になります。知的で優しい雰囲気が出るので、髪を束ねる際は企業が求める人柄も想定してみましょう。

白浮きには気をつけよう

ここまで準備をして、ばっちりと思い写真を撮ってみると、なぜか顔が大きく見えてしまったり、ものすごく白浮きして、ゾンビのようにみえてしまうことがあります。顔が大きく見える場合、まず服装をチェックしてみましょう。もし色味が暗いものや、首元が詰まったものだと、首の面積が狭まり、大きくみえてしまう事があります。白色のブラウスや、首元が適度に見えるものをセレクトしましょう。この際、アクセサリーの着用はしないようにしましょう。

白浮きは上記に記載しましたが、写真証明機には8つ以上のストロボが搭載されております。この光は肌を綺麗に見せますが、ここで例えばファンデーションに日焼け止め成分が含まれていたりすると、この白浮きは発生しやすくなります。白浮きが気になる方は、まず使用しているファンデーションをチェックし、証明写真のときは少し色を濃い目にしたり、顔に影をつくるように少し暗めのコンシーラーやアイシャドウを使用してみると解消されます。

そして逆に、光を使用しないと肌色が悪く見えたり暗い印象を与えてしまうような写真が出来上がってしまいます。もし、白浮きではなく明るさを足したい場合は、膝の上に白色の布(ハンカチやハンドタオル)を敷いておくと、カメラ撮影で使用するレフ版の役目を果たし、綺麗な写りになるので、撮影の際はもっていくと便利です。

薄いナチュラルメイクで好感度アップ!

ここまでいくつかポイントを挙げましたが、証明写真だけでなく、実際の面接でもメイクはなるべく統一しないと、折角面接までこぎつけても気合の入れたメイクで、顔が違うということで落とされてしまうことがあります。メイクは社会人の女性のマナーです。相手の好感度を持たせるには、自分を自然にみせるナチュラルメイクが一番適切です。
自分の肌色にあったナチュラルメイクは、仕事上どこでも合わせられるのと、スーツやオフィススタイルの洋服に合わせられ、どのような人にも好まれるメイクです。第一の面接試験である証明写真で、人と違う好印象を持たすために上記のポイントを抑え、しっかりと準備をしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ