身だしなみ

女性のスーツの着こなし方【おすすめのブランド5選付き】

スーツの着こなし方で印象は変わる

女性は、スーツの着こなしひとつで、相手からの印象は大きく変わります。色や形、素材などスーツを選ぶにあたって違いはたくさんあります。

パンツスーツか、スカ―トにするかでも大きく変わりますよね。ここでは、女性のスーツの着こなしについて紹介します。営業職のため、毎日スーツを着なくてはいけない人や、お客様にお会いする機会の多い人などは特に参考にしてください。

場面に応じて着こなそう!

就活に向けてスーツを買ったら今度はその着こなしを考えていきましょう。就活では場面ごとに着こなしが変わってきますし、忙しくなるとスーツ一着ではなかなか回らないので数着まとめて購入しておくといいでしょう。

また、このときに同じものを数着買うのではなく、違うものを買えば場面に合わせて着こなしを変えることもできますし、スーツが変われば相手への印象が変わると同時に自分の気分も変わってきます。スーツは上手に着こなし、デキる女性であることを演出していきましょう。

女子学生必見の就活マニュアルをチェックしよう

就職先の選び方に悩んでいる女子就活生も多いのではないでしょうか。結婚・妊娠などのライフイベントやキャリアアップを考えると、特に慎重になりますよね。そこで活用したいのが女子学生必見の働きやすい会社の選び方マニュアルです。

女性が働きやすい企業の選び方や、先輩社会人が教える「こんな会社はやめておいた方がいい」という特集も収録しています。無料でダウンロードでき、企業研究をする際に注目したいポイントを多くご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

女性のスーツの選び方

女性がスーツを購入する際、選ぶ点としては大きく3つあるでしょう。1つめが「色」2つめがボトム、3つめがインナーです。

ここでは、スーツを選ぶ際の上記3つの選び方についてご紹介します。スーツの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

①色

店頭で販売するスーツで最も多い色が、黒・ネイビー・グレーです。スーツの色によって相手に与える印象だけでなく、インナーの選び方も変わってきます。黒は「清潔感」「奥ゆかしい」雰囲気を演出する色だと言えます。

続いて「ネイビー」は、一目見ただけではほぼ「黒」と違いはありませんが、黒よりも自然で優しい印象を与えます。また「グレー」は、「知的」「誠実」「落ち着きがある」といった印象を与えますし、黒よりも汚れが目立ちにくいというメリットもあります。実際に試着してみて、違和感のないしっくりくる色を選んでみましょう。

②ボトム

女性の場合、男性と違って「スカート」「パンツ」から選べるので、どちらにしようか迷う人も多いのではないでしょうか。もちろん決まりはないので、スカートでもパンツでも構いません。「スカート」のスーツの場合、やはり女性らしさを表すことができます。優しそうなど、やんわりとした女性らしいイメージを与えることができます。

それに対して「パンツ」スーツの場合は、「アクティブ」「サバサバしていそう」「積極的」などといったキャリアウーマン的な印象を与えます。どちらが良いということはないので、自分に合ったイメージや営業先の雰囲気に合わせて選ぶようにしましょう。

③インナー

続いて、レディーススーツに合わせる「インナー」選びについて見ていきましょう。インナーは大まかに分けて「ブラウス」「カットソー」「Tシャツ」の3種類があります。同じスーツでもインナーによって印象は大きく変わっていくので、それぞれの印象の違いを知っておくことが大事です。

「カットソー」は、カジュアルな印象を与えるものが多く、選びやすいのではないでしょうか。続いてボタンや襟のない「Tシャツ」タイプのインナーも女性の営業職がさらっとスーツを着こなすうえではおすすめです。きちっとした感じを出したい場合のインナーは「ブラウス」が一番です。ブラウスのなかでも、最近では「スキッパーカラー」と呼ばれる第一ボタンの位置が空いているタイプもあります。スキッパーカラーは、首元がすっきりし、顔の印象が明るく見えるのでおすすめです。

ワンランク上の着こなし方をするには

型どおりの黒のスーツにインナーはブラウス。就活生のころと同じで代わり映えがしないなと悩んでいる人はいませんか?スーツを着こなす女性がいつもと違ったワンランク上の着こなし方について紹介します。

ノーカラージャケットで上品な雰囲気にする

スーツの種類の中に「ノーカラージャケット」というものがありますが、これは襟がないジャケットのことを指し、日本でもここ数年でかなり人気が出ているようです。

ノーカラージャケットには襟がない分、首回りがすっきりと見えて小顔に見せる効果があります。小顔に見えることで全体のスタイルも良く見えますし、首周りが空いていることで鎖骨などの女性らしさを強調させる効果もあります。ノーカラージャケットを着用すれば、女性らしさや個性を感じさせることができます。

上下別々のカラーのスーツにする

最近では上下の色や柄が異なるスーツを上手に着こなしている人も見られます。スーツの着こなしは意外と自由なところがあり、上下別々のカラーでもNGではなく、自分に合っていることの方が大事です。

異なる色や柄を上手く組み合わせることでより印象的な着こなしをすることができます。慣れていない人が選ぶとアンバランスな組み合わせになってしまい「何か変だな」という印象を与えてしまうこともあります。上下別々のカラーを組み合わせる場合は、色味はおかしくないか、自分に合っているのかをチェックすることが大事です

おすすめのスーツブランド5選

洋服の青山

知らない人はいないであろう「洋服の青山」は、日本の有名なスーツ・紳士服ブランドとしてスタンダードな地位を確立しています。スーツの販売数世界No.1を達成しており、安定感のあるブランドでもあります。最近では人気モデルとタイアップしてお洒落なブランドとして若い女性の人気を集めています。

青山のスーツは値段の割に良い製品が多く、ストレッチ素材で着心地が良く、コスパが高いことでも知られています。上下セットで3万円~4万円のスーツが多く、店頭販売よりもネットの方が若干安く買えるようです。また、消臭機能が付いているので暑い時期でも体臭が気になりません。また、スーツの裏地がドットで可愛い仕様であったり、着た感じのシルエットも可愛く見えたりと、若い女性には特におすすめしたいブランドの一つです。

アオキ

アオキは、最近では雑誌とコラボしたりと、10代~20代を中心に女性にだんとつ人気のあるスーツブランドです。値段的にリーズナブルなところと、どこにでもあるという点でもレディーススーツの絶対的な人気を確立しています。

アオキのスーツの特徴は、「ウェッシュアブル」と言って家で洗濯ができてしまうところです。外回りなどで何かと忙しい場合、わざわざクリーニングに出向いて数日待たされる、なんてことは避けたいですよね。洗濯してもシワになりにくいので暑い時期でも気兼ねなく洗濯を繰り返すことができます。店舗数も多く、大抵の大きな街では見かけるのではないでしょうか。

スーツカンパニー

スーツカンパニーは、人気ファッション誌とコラボしたりと女性に大人気の定番スーツブランドです。特徴はバストラインとヒップラインにゆとりがある作りなので、シルエット綺麗に見える割には着心地がゆったりとしています。あまりキツくないスーツは、ハードで疲れやすい営業職の女性にはかなり重宝するのではないでしょうか。

また、使っているうちにどんどんストレッチが効いて体にフィットしてくれるのもおすすめで、着心地を重視したい人にはもってこいです。スーツカンパニーはスーツはもちろんのこと、バッグやパンプス、コートなどのアイテム全般を取り扱っています。忙しくていろいろな所に買いに行く暇がないという人でも、ここで全て揃うので時間短縮にもつながって便利です。

COMME CA ISM

「ずっと使い続けたい」という人におすすめなのが「COMME CA ISM」です。レディースファッションはもちろんのこと、メンズファッションやキッズウェアまで、シンプルかつモードなファッションを展開しているCOMME CA ISMはスーツブランドとしても絶大な人気を誇っています。

COMME CA ISMは値段もユニクロ+αでリーズナブルなのが特徴ですが、流行は絶対に外さないので格好良く決めたい女性におすすめです。特にウェストラインが引き締まって見える作りになっているので、スタイルが良く見えて第一印象もアップします。素材も良いですし、無駄のない作りになっているのもおすすめです。

ニッセン

オンラインショップとして定番の「ニッセン」は、店舗に足を運ばなくてもスーツが買えるので本当に便利です。ニッセンのスーツは種類が豊富で、小さいサイズ~通常は売っていないような大きいサイズまで取り揃えているので、サイズがなくて困っている人にもおすすめです。スーツ自体は丸洗いできるものが多く、素材もチープではなく本格的な素材を使っているので大事な就活場面でも全然使えます。

上下セットで何と1万円以下で買えてしまうというコスパの高さはかなりハイレベルだと言って良いのではないでしょうか。ニッセンは、ネット通販ならではの強みを最大限に生かしているので、コスパの良さを求める人にはもってこいのブランドだと言えるでしょう。

スーツを着こなすうえで注意すべき点

社会人になり初めてスーツを購入する人も多いでしょう。スーツには、色味や素材選びなどの他にも抑えておくべきポイントがたくさんあります。身だしなみを整えるということにおいて、相手にどういう印象を与えるかを考えることが大事です。

ルールを知らずに奇をてらった格好をしてしまうと、営業の場ではマイナスな印象を与えてしまいかねません。オーソドックスなスーツを選び、自分に合うかどうかをチェックすることは基本ですが、それ以外にも守るべきルールや注意点があるので見ていきましょう。

着丈は絶対に合わせよう

服をおしゃれに着るためにはサイズ感を合わせることが重要です。スーツではおしゃれに着こなすこともそうですが、それ以前にサイズ感をきちんと合わせていないとかっこよく着こなせません。大は小を兼ねると言いますが、ぶかぶかのスーツはだらしない印象を与えるのでNGです。また体のラインを強調してタイトに着たいからといって小さすぎるスーツは不自然に見えるのでこれもNGです。

アクセサリーは小ぶりな方が上品さがでる

女性の場合、アクセントとして何か付けておきたいという人もいるかと思います。そういう場合は、例えば指輪やピアスなどの場合はなるべく小ぶりのものの方が好印象ですし、女性らしく上品に見えます。ピアスはリングや長く垂れているものなどは派手なイメージを与える可能性があります。

また、色もシルバーなどのシンプルな物をチョイスするようにしましょう。さらにネックレスであれば、細いチェーンにワンポイントで小さな宝石が付いているものなど、あまり目立たないものが良いでしょう。アクセサリーをつける場合には小ぶりでシンプルなものがおすすめです。

女性はスーツもおしゃれに着こなそう

スーツの着こなしによって印象も変わりますし、身だしなみを整えるというのはビジネスにおいてとても重要なことです。

毎日同じ格好をし、周りのみんなと同じでは気分も落ち込んでしまいます。そんなときは派手になり過ぎない範囲でおしゃれをしましょう。髪型もアレンジしても構いませんし、カジュアルすぎなければおしゃれなスーツを着ることだってできます。

おしゃれとは程遠いと思っている人も多いかもしれませんが、ファッション誌とのコラボすーちがあったり、流行を抑えたデザインのものも数多く売られています。おしゃれを上手に楽しみ気分を上げて仕事をしていきましょう!

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ