就活その他

【海外でのインターン希望者必見】参加方法からメリットまで紹介

海外でのインターンを希望する人は少なくない

日本企業と海外の企業は仕事の取り組み方や、キャリアについての考え方、制度など異なる点が多くあります。日本企業が年功序列が多いのに対し、海外企業は出来高、成績により出世や給与に影響するのです。

働き方の違いなどから、海外企業へのインターンを希望する人は年々増えています。身近に海外の企業でインターンする人もいるのではないでしょうか。ここでは、海外でのインターンに参加するメリットや、インターン先を探す方法について紹介します。

海外でインターンに参加するメリット

まずは海外の企業でインターンに参加するメリットからご紹介します。

業務と並行して語学力が身に付く

毎日英語に触れる事になるので、仕事と並行して語学の勉強もできるメリットがあります。机の上でやっていてもなかなか上達しないと悩んでいる人は、思い切って飛び込んでみるのも悪くないでしょう。

実際に海外の方と接することにより、自然と英語が身に付くケースは少なくありません。また、現地で学ぶことで、本場の英語が身に付けられます。

職種によっては志望動機の題材になる

日本での就職を考える人も、海外と繋がりがある職種を志望している場合は、就活時の志望動機に繋がります。面接の際に海外インターンで経験したことを述べれば面接官の印象に残るでしょう。海外で体験したことを写真やメモにしておくと、面接などでも役立ちます。

また、実際に海外で働き生活していた人材は企業にとっても貴重です。実際に海外で仕事をする際は、インターンで培った人脈が有益になるケースもあるでしょう。

視野が広がる

日本にはないスキルや文化を実際に目にするため、日本しか経験したことのない人よりも視野が広がります。海外旅行や留学で、生活するだけでもいろいろなものを目にするでしょう。しかし、そのうえ仕事をするとなると、さらに身に付ける知識や得られる人脈は増えます。

夏休みに参加するのがオススメ

海外でインターンをするのであれば、1、2年生の夏休みの利用がおすすめです。海外でのインターンは日本のように1dayや1weekは少なく、長期にわたるものが多いです。そのため、海外の企業でインターンをする人のなかには、休学する人も少なくありません。

大学の夏休みであれば1か月からそれ以上という人も多いでしょう。この長期休暇をいかに有効に使うかで、あなたの就活は大きく変わるはずです。

有給のインターンが多数ある

インターンは、業務と並行して実際にお金を稼ぐこともできます。アルバイトとの違いは、実際の業務に即せるかどうかです。

アルバイトの場合、できてあたりまえのマニュアル通りの作業が求められあすが、インターンの場合は仕事に即しているため、クライアントや取り掛かるプロジェクトによって臨機応変な対応も入ります。お金を稼げるのは同じであっても、できる経験にとってはインターンとアルバイトは大きく違うことを把握しておきましょう。

海外のインターン先を探せるサイト3選

海外インターンに興味を抱いたら、まずは情報収集です。以下のインターン先を探せるサイトをチェックし、海外へ羽ばたく一歩目を踏み出しましょう。

ICC国際交流委員会

ICC国際交流委員会はサポートがしっかりしていて、年中開催しています。まずは全国にあるオフィスで、無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。インターン先の情報や受け入れ人数、英会話のレベルなどが記載されているので自分に合った選択が容易にできます。また、業界の多さも特徴です。

実際に申し込む際に安心なのが実践重視の研修システムが組まれており、渡航前や後のサポートも充実していることです。遠方の場合はスカイプでの個人レッスンも受け付けています。渡航中は報告会などもあり、モチベーションを保つのが難しい人にも絶好の機会です。帰国後はキャリアカウンセリングや帰国報告会、国際交流会などの場も設けられています。

InternStyle

InternStyleはアメリカ、カナダの北米国やシンガポールなどのアジア諸国だけでなく、オーストラリアや、更にヨーロッパでの経験もできます。留学や資格取得などにも利用でき、なんと50以上ものプログラムがあるので、あなたのやりたいことに合ったプログラムがきっと見つかることでしょう。働き方から探すという項目もあるので、条件が見つかりやすいです。海外での留学や就労の経験があるカウンセラーに相談もできます。

INTERNGATE

INTERNGATEは15年以上の実績があります。世界約25カ国からインターン先を選べるため、自分の希望する国を探してみてください。国別の説明があり、そこに募集業種例なども記載されているので、すでにどんな業界を志望するか決まっている人にオススメです。インターンシップに特化された会社なので、留学を薦められてしまうというようなこともありません。

アジア圏で探している場合、語学がどれくらいのパーセンテージで必要なのかも記載されているので、現地語ではなく英語を学びたい、またはその逆という希望がある際も事前にチェックすることが可能です。ES添削のサービスもあるので、こちらは有料ですが、経験を知っている人からアドバイスしてもらえます。

今後の就活を考えて海外インターンも視野に入れよう

null

海外インターンはメリットが多く、経験は必ずあなたの力になります。今の日本は海外でも通用する企業を目指しているところが多くあるため、海外でのインターン経験が日本企業への就活の際も力になるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ