面接対策

面接で気をつけることを知って通過率アップ|最低限のマナーや話し方

面接の準備は本当に整っていますか?

面接は就活の本番で最も緊張する場面です。それまでどれほどの実績があったとしても、面接本番できちんと自分の魅力を伝えることが出来なければ、内定をもらうことができません。逆に誇れる実績がなくとも、自分の魅力を最大限アピールすることが出来れば、内定を勝ち取ることは出来ます。面接では自分の実力を出し切れるかということが重要になり、力を出し切るためには事前の準備が必要です。

面接の準備はいくらやっても足りないぐらいですが、しっかりしたつもりでも、実は完璧ではないということはたくさんあります。面接の準備はそれぐらい大変なものなので安易に思わず、必ず最終確認をしてから面接本番に臨むようにしましょう。

あなたの面接力は何点?

面接において、服装などの身だしなみは第一印象に大きな影響を与えます。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードして、効率的に面接対策を進めましょう。

面接で気をつけること4点

  • 身だしなみ
  • マナー
  • 話し方
  • 回答の内容

面接本番に臨むときに一体どんなことに気をつけているでしょうか。面接では短時間でその人のことを判断するので、第一印象が非常に重要です。ここでは、上記の4点について詳しく紹介していきます。

面接で気をつけること①身だしなみ

面接を受ける時には誰しもが「身だしなみを良くしよう」と思うことでしょう。そもそも身だしなみとは、「容姿や見た目、衣服やファッションなどを良くしようという心がけ」のことを言います。

身だしなみを整える際には、衣服や髪形などの形はもちろんですが、目に見えない部分にも気遣いをすることが大切です。では、相手に対して気遣いをし、気持ちを伝えることができる身だしなみとはどういうものでしょうか。

清潔感はマスト

まずは自分の衣服を清潔に整えることから始めましょう。清潔感がないと相手が不快に感じてしまいますし、人としてマイナスな印象を与えてしまいます。清潔な身なりに整えることは、これから仕事をする準備が万全にできているということを表します。

特に無精ひげやノーメイク、濃すぎるメイクは不健康に見られ、印象も悪くなるので厳禁です。また、業界の特性や企業の方針、仕事の内容や季節といった様々な背景と調和がとれているかも大切です。例えば、学生はいかにも高価なブランドスーツよりはリクルートスーツが似合いますが、逆に社会人経験が長い人にはリクルートスーツは不向きである、といったように周りからのイメージとの調和をとっていきましょう。

服装だけでなく臭いや髪型も要確認

先端部分と言われる「髪形」「手・爪」「靴」この3点は意外と見られているので気を付けましょう。特に「髪形」は一目で清潔であるかどうかが判断されてしまいますので注意が必要です。寝癖や頭髪料の付け過ぎは清潔感が感じられずにマイナスイメージです。

また、若い就活生の皆さんには「オールバック」や「前髪ぱっつん」などはあまり適しているとは言えません。髪形のポイントはいかに「スッキリ」見せるかということです。男性であれば耳にかからない長さに髪を切り、もみあげも整えて下さい。女性は髪が長い場合は耳にかけたり後ろで束ねましょう。

そして髪色は黒が基本です。明るすぎたり奇抜な色にはせず、自然な黒色にすることで清潔なイメージを与えることができます。さらに、就活において「臭い」は身だしなみの大事な要素です。スーツにタバコ臭が付いていたりするのは厳禁ですし、それを消そうと香水を付けるのもNGです。香水が良くないからと言って自然のままで汗臭さや体臭が残っているのも良くありませんので、臭いが気になる場合は消臭スプレーや制汗剤などを利用しましょう。

また、就活中は人と話す機会が多くなるので口臭にも気を付けましょう。歯磨きを徹底する、ブレスケア商品を活用する、マウスウォッシュを携帯するなど、日頃から口臭ケアをおこなっていきましょう。

面接で気をつけること②マナー

面接官は就活生が入社後、どのような働きをするのかを見極めようとしています。そのために面接官がチェックしているのは面接の内容ばかりではありません。それ以上に立ち振る舞いなどから感じられる人物像が影響を与えることが分かっています。

「この人は明るい笑顔ができるか」「人当たりは良いか」「会社の人間として顧客に会っても大丈夫な人物なのか」という観点で見られていますので、常に企業で働くイメージを意識していることが大切です。

遅刻は絶対にNG

社会人として約束を守ることは最低限のルールですので、絶対に遅刻はしないように気を付けましょう。企業に到着するまでの時間を逆算して、5分前には到着するように設定しましょう。時間にゆとりを持っておき、着いたら身だしなみの確認や携帯の電源オフなどを最終確認します。ゆとりを持ちたいからと言って早すぎる到着は企業の迷惑になってしまうので、5分~15分くらい前を目安にしましょう。

万が一、公共機関の遅れなどで遅刻しそうな場合には、必ず連絡を入れましょう。その際は、メールではなく電話で連絡するのが大事です。ポイントは「連絡は早めに」「到着時間を伝える」「慌てず丁寧に対応する」ことです。また、遅れた証明書などを取っておくことも大事です。ポイントを抑えた連絡をすることでかえって印象アップすることもあるので、遅刻をしたからとあきらめずにきちんと対処しましょう。

挨拶は元気よく

挨拶は人としての基本なので、相手の目を見てしっかり行うのが大切です。「すみません」「あの」といったような曖昧な挨拶は「自信なさそう」などと見られ、マイナスな印象を与えてしまいますのでNGです。

受付の時点から面接は始まっていますので、「こんにちは。〇時より面接予約をしております〇〇と申します」などとしっかり相手の目を見てハキハキと挨拶をしましょう。また、入室時の挨拶はしっかりできている人が多いのですが、帰り際の挨拶を忘れてしまう人が意外と多いようです。

面接が終わった後もあなたの言動は見られていますので、会場を出るまで気を引き締めていきましょう。

面接で気をつけること③話し方

面接に合格するためには、その話し方が重要となってきます。緊張のあまり、ぎこちない話し方や、要点を抑えずにダラダラ話すのではなく、自然な感じで話すことが大切です。そのためには、普段から話し方の練習をすることが大切です。練習の際は、「姿勢を整える」「抑揚を意識する」「口角を上げる」などを意識しながら行っていきましょう。

また、面接官と目を合わせて話すことも重要です。視線を合わせた方が好印象を与えることができ、同じ話をしても内容のクオリティが上がり、説得力が増していきます。緊張すると視線が泳ぎがちになる人が多いので、しっかりと視線を合わせることを普段から心掛けていきましょう。

面接官に聞こえなくては意味がない

小さな声やごもごもとしたこもりがちな喋り方はNGです。「この人やる気がないのかな」「暗い人なのかな」という印象を与えてしまい、その後の面接全体に影響を与えてしまいかねません。これではあなたの良さが伝わりませんし、例え素晴らしいを言っていても面接官に聞こえないので台無しです。

面接官に聞こえる適度な声量で、はっきりと滑舌よく話すことで、「元気」「明るい」印象を与えますし、感じの良さをアピールすることができます。

間違った敬語を使う

社会人にとって敬語の使い分けは当たり前のスキルでありビジネスの世界では敬語が基本です。就活生が間違った敬語を使うとすぐに気づき、「この学生、きちんとした敬語も使えないのか…」と思われてしまう恐れがあります。

「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3パターンを知り、普段から使い分けできるように繰り返し練習することが大事です。敬語の正しい使い分けができれば、「礼儀正しい」「真面目」といった好印象を与えることができますし、社会人としてやっていく準備ができていることを表します。

面接で気をつけること④回答の内容

せっかくつかんだ面接のチャンスですので、当日は実力が100%発揮できるようにしっかりと準備しておくことが大事です。「志望動機」「長所・短所」など、どこの会社でも必ず聞かれることに関しては、あらかじめ答えを準備しておきましょう。また、質問にただ答えるだけではなく、相手が何を言おうとしているのか、その意図を理解することが大切です。

例えば「志望動機」を答える際は、あなたの一方的なアピールだけでは面接官の心を動かすことはできません。ポイントは、「なぜこの会社でなければいけないのか」「どうしてもここに入りたい」というような熱意を伝えることが大事です。自分の思いだけではなく、企業側がどのような人材を求めているのかという視点に立ってみることで、よりブラッシュアップした回答ができます。特に「志望動機」「自己PR」などは必ず聞かれることなので、ありきたりな回答ではなく、企業が求めている以上の答えを準備しておくことが大切です。

誤解しがちな面接の常識

面接で気をつけるべきポイントや常識については就活生の間でも広く知れ渡っていますが、それらのポイントや常識を誤解して覚えている学生も少なくありません。また就活生の主観から生まれた都市伝説のような噂も広まっている場合があるので注意が必要です。

面接では相手が何を求めているのかを基準にして考えなければなりません。自分の主観だけで行動してしまうと思わぬミスをしてしまう場合がありますし、ミスをしたことに気がつかない場合もあります。就活中は特に広い視野を持って、相手の立場に立って常識を考えてみるということをしてみましょう。

回答を綺麗に丸暗記

面接ではどんな回答をするのか、その内容は非常に重要になります。面接は緊張する場なので、自分の回答を丸暗記してしまう学生もいますがこれは間違いです。回答の丸暗記は、緊張で忘れてしまったら意味がないのでNGです。せっかく素晴らしい回答であっても、忘れて話せないでは意味がありませんので注意しましょう。回答は丸暗記するのではなく、自分の言葉で話せるように要点だけを押さえておくことが大切です。線ではなく点で覚えておくことで、もし緊張で内容を忘れてしまっても要点から内容を再構築することができます。

また要点だけ抑えておくことで回答が型どおりにならず、その場に合わせた自然な言葉が出てきます。なぜ自分の言葉で話すことが大事なのかと言うと、面接はスピーチをする場所ではないので、面接官と会話のキャッチボールをする場だからです。面接の準備は全てリハーサル通りに進めるというものではなく、即興でやっても失敗しないように様々な引き出しを作っておくことだと理解しておきましょう。

全ての質問に回答できたら成功

面接で質問に対して上手く答えられるかどうかを心配する就活生は多いです。ですが、全ての質問に回答ができたら成功というわけではないことを、覚えておきましょう。確かにすらすらと淀みなく答えることができれば、成功した気持ちになりますが詰まらずに答えられたことと、自分が伝えたいことが伝わったかは全く別の話です。

すらすらと答えられても、その回答に何の意味も魅力もないのでは、評価の対象ではなく、単にスピーチをしに来ているだけです。言葉が例え下手でも自分の伝えたい事が相手に伝わっているかどうかが重要ですので、面接では伝えるということに意識をおくようにしましょう。

例文のような回答

就活の対策本や就活応援サイトも増え、面接の回答例が公開されているものもたくさんありますが、それをそのまま使用しても面接では有利になりません。教科書のような回答は無難ではあるが、他の就活生と差別化できないので必ず独自の主観を入れて話す事が重要です。

面接官は何十人、何百人もの学生を見て、評価を決めていきます。その中には当たり障りのないことを言う学生も多いでしょう。個性的で奇抜な回答で目立てばいいというわけではありませんが、あまりにも無難すぎると他の就活生と差別化できないどころか、その人を正しく評価することもできません。面接の回答ではその人の人柄が表れていることが大切なので無個性にならないように、必ずどこかに自分らしさを含めて回答するようにしましょう。

新卒ならではのフレッシュさを活かす

就活では業界・企業研究が非常に重要になりますが、それは何も業界や企業のことを全て詳しく把握していなければならないというものではありません。面接官は、社会人経験のない0ベースの学生が100%業務理解できない事は分かっているので、大切なのは知ろうとする努力、そしてそれに向かって一生懸命に突き進んでいくという姿勢が大事になります。

日本の就活はスキル重視の即戦力採用ではなく、将来的な成長を見込んだ人柄重視の採用です。新卒ならではのフレッシュさや、素直さなどを存分に活かすことは面接ではマイナスにはなりませんし、むしろプラスに働く場合が多いです。わからないことはわからないで構いません。素直に認めてこれからしっかりと勉強し、覚えていくという謙虚な姿勢で面接にも取り組みましょう。

集団面接で誤解しがちな常識

面接は個人面接だけではなく、複数人で行う集団面接もあります。集団面接では他の学生がどんな回答をしているのかが分かるため、余計に緊張し、力が入って空回りしてしまいがちなので注意が必要です。

また集団面接についても誤解されているポイントがあるので注意が必要です。集団面接評価基準などを誤解したまま臨んでしまうと、上手く自分の評価が上げられなくなるので、正しい知識を覚えて取り組むようにしましょう。

グループにいる就活生はライバル

集団面接では他の就活生と一緒に面接を受けるため、他の人よりもいい評価をもらおうと力が入り過ぎてしまいます。いわばライバルのように感じ、自分を高め相手を落とそうとしてしまいがちですが、ここでも注意が必要です。

企業はグループの中から何人採用するかは決めていないケースが多いので、グループ内で競争する必要はほとんどありません。全体の評価が高ければグループ全員が合格するということもありますし、逆に評価が悪ければ全員が不合格ということもあり得ます。

グループ面接では個人の能力だけではなく、グループとしての能力も評価の対象になるので、同じグループの人たちはライバルではなく、むしろ仲間であると言えます。グループ内で競うのではなく、協力して評価を高めた方がより合格に近づくと言えるでしょう。

発言する回数が多いほど評価される

グループ面接は大人数で行うため、どうしても一人ひとりを見る時間が減ってしまいます。個人面接よりもさらに短い時間で自分をアピールしなければならないと思い、発言を増やし、発言回数が多いことで積極的であるなど、高評価に繋がると考える人いますがこれも間違いです。確かに積極的に発言していれば目立つことはできますが、自分だけ目立てば良い、という協調性のない人間だという評価をされてしまう可能性もあります。

悪い方に目立っては意味がないので気をつけましょう。またグループで面接をする意味をしっかりと考えなければなりません。グループにおいて重要視されるのは個々の能力ではなく全体としての力です。自分の意見を述べつつ、どれだけ他のメンバーの意見も引き出していけるかが重要になりますので、自分のアピールと全体のバランスを上手くとることが大事です。

リーダーをやると評価が高い

グループ面接ではグループワークをすることもあり、その場合それぞれに役割を決めていきます。ここで人気なのがグループを取り仕切るリーダーでになるでしょう。しかし、リーダーをやると評価が高いと考える就活生もいますが、これは間違いです。もちろんリーダーをやることで評価が上がる場合もありますが、それはきちんと役割を果たし、チームをいい方向に導けた場合です。ただ単にリーダーをやれば評価が上がる、という訳ではないということを覚えておきましょう。

リーダー以外の他の役割も、企業においては重要です。また役割によって評価が変わる事はありませんので、どの担当であっても等しく評価はされます。自分に与えられた役割は責任を持って果たすようにしましょう。

面接選考を突破するには最低限のマナーが必要

面接は非常に緊張する場なので、しっかりと準備をしていたつもりでも本番になれば上手く出来なくなってしまうということもあります。しかし緊張は誰にでもあるものですし、面接官も就活生が失敗することは折り込み済みで考えている場合も多いので、それほど気にする必要はありません。ただ失敗を大目に見てくれるからと慢心して面接に臨むのはよくありません。
面接官は失敗したとしても面接に一生懸命挑む姿を評価してくれるので、真面目に誠実な気持ちを持って取り組むようにしましょう。マナーは守れていることも大事ですが、覚えようとする姿勢も大事です。就活生のうちから全てを覚え、実践することは難しいですが常に学びの気持ちを持ち、そして最低限のマナーはしっかりと守れるようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ