企業研究

サイバーエージェントの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

サイバーエージェントにおける最近の平均年収推移

インターネット広告代理店業で国内トップクラスのサイバーエージェント。ブログサービスの「Ameba」などで幅広い認知度を誇っています。近年では、テレビ朝日と出資をしてインターネットテレビの運営会社「Abema TV」を設立。ITサービス業界で躍進を続けているサイバーエージェントの年収は、いったいどれくらいなのでしょうか。公開情報を基に調べてみました。

サイバーエージェントとは

正式名称:株式会社サイバーエージェント
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ ウエスト17階
従業員数:1,572名(単体)
平均年齢:31.7歳
平均勤続年数:4.9年
※https://www.cyberagent.co.jp/
※有価証券報告書を参照(注:9月決算のため、平成28年9月期の情報です。)

サイバーエージェントはいくつもの事業を展開し、それぞれの事業に関連子会社を数多く設立しています。インターネットやスマートフォンをよく使われる方は、サイバーエージェントグループのコンテンツを使用しているかもしれません。

近年の平均年収推移

サイバーエージェントの近年の平均年収の推移を調べてみました。

※9月決算のため、平成28年度はまだ公開されていません。

年度 平均年収
平成28年 -万円
平成27年 780.0万円
平成26年 772.0万円
平成25年 720.0万円
平成24年 666.0万円

※有価証券報告書を参照しています。
9月決算のため、平成28年度はまだ公開されていません。(2017年9月現在)

業績も毎年順調に伸び続けており、平均年収も増加傾向にあるようです。1,500名を超える従業員の平均年齢が31.7歳となっていますので、やはり年収の水準は高いと言えるのではないでしょうか。

サイバーエージェントにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 465.4万円 31.1万円 91.8万円
25~29歳 656.1万円 43.9万円 129.5万円
30~34歳 753.2万円 50.4万円 148.6万円
35~39歳 838.5万円 56.1万円 165.5万円
40~44歳 888.5万円 59.4万円 175.3万円
45~49歳 928.0万円 62.1万円 183.1万円
50~54歳 944.2万円 63.2万円 186.3万円
55~59歳 903.5万円 60.4万円 178.3万円
60~64歳 638.1万円 42.7万円 125.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 31.1万円 91.8万円 465.4万円
23歳 33.7万円 99.4万円 503.5万円
24歳 36.2万円 106.9万円 541.7万円
25歳 38.8万円 114.4万円 579.8万円
26歳 41.3万円 121.9万円 618.0万円
27歳 43.9万円 129.5万円 656.1万円
28歳 45.2万円 133.3万円 675.5万円
29歳 46.5万円 137.1万円 694.9万円
30歳 47.8万円 141.0万円 714.4万円
31歳 49.1万円 144.8万円 733.8万円
32歳 50.4万円 148.6万円 753.2万円
33歳 51.5万円 152.0万円 770.3万円
34歳 52.7万円 155.4万円 787.3万円
35歳 53.8万円 158.7万円 804.4万円
36歳 54.9万円 162.1万円 821.5万円
37歳 56.1万円 165.5万円 838.5万円
38歳 56.8万円 167.4万円 848.5万円
39歳 57.4万円 169.4万円 858.5万円
40歳 58.1万円 171.4万円 868.5万円
41歳 58.8万円 173.4万円 878.5万円
42歳 59.4万円 175.3万円 888.5万円
43歳 60.0万円 176.9万円 896.4万円
44歳 60.5万円 178.4万円 904.3万円
45歳 61.0万円 180.0万円 912.2万円
46歳 61.5万円 181.6万円 920.1万円
47歳 62.1万円 183.1万円 928.0万円
48歳 62.3万円 183.8万円 931.2万円
49歳 62.5万円 184.4万円 934.5万円
50歳 62.7万円 185.0万円 937.7万円
51歳 62.9万円 185.7万円 941.0万円
52歳 63.2万円 186.3万円 944.2万円
53歳 62.6万円 184.7万円 936.1万円
54歳 62.1万円 183.1万円 927.9万円
55歳 61.5万円 181.5万円 919.8万円
56歳 61.0万円 179.9万円 911.7万円
57歳 60.4万円 178.3万円 903.5万円
58歳 56.9万円 167.8万円 850.4万円
59歳 53.3万円 157.3万円 797.4万円
60歳 49.8万円 146.9万円 744.3万円
61歳 46.2万円 136.4万円 691.2万円
62歳 42.7万円 125.9万円 638.1万円
63歳 34.1万円 100.7万円 510.5万円
64歳 25.6万円 75.6万円 382.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

サイバーエージェントの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,385.4万円
課長 1,083.6万円
係長 825.1万円
20~24歳の一般社員 465.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

サイバーエージェントの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 34万円
大学院卒 34万円

※(株)サイバーエージェント Recruit Infoより参照しています。

公開情報では大学卒・大学院卒だけでなく、学部や文系・理系での違いはありませんでした。総合職・技術職でも公開されている初任給に変わりは無いようです。

ITサービス・ソフトウェア業界における年収の傾向と生涯賃金

ITサービス・ソフトウェア業界とは

ITサービス業界は幅広い分野があり、分野によって業務内容も大きく変わってきます。サイバーエージェントの手掛けるネット広告業は、従来の紙媒体の広告が衰退していく中、近年のインターネット・スマートフォンの普及により、大きく伸びています。費用も比較的安価で、ある程度のターゲットを絞った広告の配信・効果測定が出来ることで注目をされています。時代のニーズに合わせて急成長を遂げているITサービス業界、その年収とはいったいどのくらいなのでしょうか。

ITサービス・ソフトウェア業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 サイバーエージェント
ITサービス・ソフトウェア業界
20~24歳 465.4万円 407.2万円
25~29歳 656.1万円 548.2万円
30~34歳 753.2万円 622.3万円
35~39歳 838.5万円 693.1万円
40~44歳 888.5万円 728.1万円
45~49歳 928.0万円 724.9万円
50~54歳 944.2万円 724.2万円
55~59歳 903.5万円 694.3万円
60~64歳 638.1万円 536.7万円
生涯賃金 3.51億円 2.84億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

各年齢層でサイバーエージェントは業界平均を上回っています。特に年齢を重ねるごとに開きは大きくなる傾向にあるようです。生涯賃金でも6,000万円以上という大きな差が出ていることから、業界内でのサイバーエージェントの年収水準は高いと言えるでしょう。

まとめ

ITサービス・ソフトウェア業界は多岐にわたる業種があり、業種により多少の差が出てきてしまうと思います。その中でも日本トップクラスのインターネット広告代理業である、サイバーエージェントの年収はいかがでしたでしょうか。業界と比較しても高い給与水準にあるサイバーエージェントには、これからも注目が集まりそうです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ